通信制高校の評判を調べる

ホリプロデジタル高等学院ってどう?学費は高い?評判をまとめました

ホリプロデジタル高等学院の学費

707,000円~/年間

資料請求する(無料)

※サポート費用+提携通信制高校の合計学費
※上記から住所入力すると、通学圏内にある学校資料をまとめて請求できます

ホリプロデジタル高等学院は、スマホ動画からYoutube動画、企業向け動画など、動画撮影に関するスキルを学ぶことができる通信制サポート校です。通信制高校「日本航空高等学校」と提携しており、専門スキルを学びながら高校卒業資格を取得することができます。

授業は原則オンラインのみとなり、通学キャンパスはありません。オンラインを通じて、動画編集、撮影、グラフィックデザイン、マーケティング等、「動画で食べていく」スキルを身につけていきます。通信制高校と併用した、ダブルスクール的な学校といえるでしょう。

学費 年間70万円程度
提携通信制高校 日本航空高等学校
スクーリング 年2回各3日から5日(集中スクーリングの場合)
通学コース なし(ただし、部活動や校外学習あり)
専門授業 動画制作の専門授業あり
所在地 東京都目黒区下目黒一丁目2番5号

ホリプロデジタル高等学院はどんな学校? 特徴を解説

ホリプロデジタル高等学院の特徴を、3つのポイントから見ていくことにします。

1.専門スキルが取得可能

ホリプロデジタル高等学院を卒業すると、高校の卒業資格が取得できますが、それに加えて、同校で学ぶことによってインターネットや動画制作についての専門的なスキルが身に着けられます。

それらのスキルは、オンライン関係の仕事をする上では必要不可欠なものですので、将来的にそういった仕事を希望している学生にとっては、同校で学ぶのは魅力的な選択肢であると言えるでしょう。

2.出席ノルマがない

ホリプロデジタル高等学院では、オンライン学習に重点を置いており、他の通信制の学校によくあるような出席ノルマは一切設けられていません。

通学しなくても、専用チャットを使って、自習室や職員室、交流グループ、学年毎のグループといった単位で、教師や生徒と交流できるようになっているので通信制の学校にありがちな孤独感にさいなまれるといった心配はあまりありません。

作品発表会やオンライン勉強会、著名人の講演会といった各種行事も充実しているため、充実した学校生活を送ることができるでしょう。

3.丁寧な指導

ホリプロデジタル高等学院では、生徒一人ひとりに、講師とチューターがダブルで付いてくれ、基本的なパソコンの仕組みや使い方から高度な動画制作のスキルまで一から丁寧に指導してもらうことが可能です。

そのため、初めてパソコンに触れる学生でも無理なく学習を進められ、卒業時にはプロのクリエイターとして活躍していけるだけの実力が得られるのです。

ホリプロデジタル高等学院のコース/カリキュラムについて


ホリプロデジタル高等学院では、

  1. 動画編集
  2. 撮影
  3. グラフィックデザイン
  4. 企画考察・マーケティング

の4つのカリキュラムが用意されています。各カリキュラムで学べる内容は次のとおりです。

1.動画編集

  • イントロ
  • フレームレートについて
  • ファイルの読み込み方
  • カット説明
  • タイムラインの並べ方
  • BGM効果音の追加方法
  • エフェクトトランジション
  • テロップについて

2.撮影

  • フレームレートについて
  • 補助機材への知識動画
  • ISO感度の理解
  • レンズの理解動画
  • f値の理解
  • スマホで綺麗に撮れてしまう
  • 撮影形式・保存形式の理解
  • シャッタースピードの理解

3.グラフィックデザイン

  • PhotoShopの説明
  • 簡単に触ってみよう
  • レイヤーの概念
  • 切り取り編集 -初級編-
  • 文字ツールについて
  • サムネイルを作ろう
  • レイヤースタイル
  • ブラシで遊ぶ

4.企画考察・マーケティング

  • プロローグ
  • コンセプトメイク
  • ターゲットとコンテンツ
  • チャンネル戦術
  • TikTokやYoutubeにおける企画
  • 企画の考案方法
  • 企画構成
  • アナリティクスとアルゴリズム

こちらは、ホリプロデジタル高等学院の「カリキュラム」に掲載されていた講義例です。すでに映像や撮影知識を持っている生徒は、希望の内容が学べるかどうか、学校に直接問い合わせて確認されてください。

ホリプロデジタル高等学院の学費は高い?


ホリプロデジタル高等学院の学費は次の通りです。

入学金 100,000円
授業料 500,000円
提携通信制高校学費 107,000円程度
日本航空高等学校の学費詳細
初年度合計 707,000円 ※就学支援金適用時

ホリプロデジタル高等学院の学費に加えて、提携通信制高校である「日本航空高等学校」の学費(107,000円〜程度)も必要になります。

合計すると70万円程度となりますが、通信制高校の平均学費と比較すると、通学のない、完全オンラインのサポート校の学費としては【高額】になります。

ただ、一般的な「映像制作を学ぶスクール」であれば、年間50万円程度の学費は十分にありえます。ホリプロデジタル高等学院は「高校」として選ぶというより、映像制作の「ダブルスクール」として選択する、という選び方をするほうが学費は納得しやすいでしょう。

ホリプロデジタル高等学院の口コミ評判

※現在調査中です。

ホリプロデジタル高等学院のサポート体制


ホリプロデジタル高等学院では、生徒が自分のペースで一歩一歩着実に学びを深められるように、現役のプロ講師とチューターによるダブル専属体制を採用しています

授業で分からないことが出てきた場合や、自分の進路に悩んでしまったような場合には、オンライン上で生徒が彼らに気軽に質問できる環境が整っています。

また、チューターはメンタルサポートも担当しているため、不登校やアスペルガー症候群、ADHDといった症状で悩んでいる生徒も受け入れ可能です。学校内にはメンタルサポートの専門家もいるので、何かあった場合でも安心して相談することができるでしょう。

ホリプロデジタル高等学院のメリット(向いている人)


ホリプロデジタル高等学院で学ぶ最大のメリットは、卒業後に即戦力として業界で活躍できるだけの高度な動画制作などのスキルが身に着けられるという点にあります。

プロの講師にマンツーマンに近い形で指導してもらえるため、これまでに動画を作った経験がないという生徒でも、着実にスキルアップをしてクリエイターになるという夢を実現できるというのが同校の持つ最大の魅力なのです。

また、通信制でありながら部活動や課外学習といったイベントが用意されているため、学習のモチベーションを保ちやすいというのも同校に通うメリットです。

ホリプロデジタル高等学院のデメリット・注意点


ホリプロデジタル高等学院は、まだ学校としての日が浅いため、卒業生の実績がなかったり、学校としての実態が不明瞭という面があります。

また授業は「完全オンライン」になるため、一般的な高校生活を送りたい、友人を作りたいという生徒にとっては物足りない可能性があります。

オンラインのサポート校としては学費も高く、年間70万円程度の授業料であれば、通学タイプの通信制サポート校を選択することも可能です。また、動画クリエイターを目指すコースは最近増加しており、たとえばN高等学校でも同様の授業を受けることはできます。

・完全オンラインでも良いか

・学べる専門授業の質はどうか

・映像授業が学べる他通信制高校と比較してどうか

という点で比較検討されると、学校とのミスマッチを防ぐことができるでしょう。