通信制高校の評判を調べる

国際製菓専門学校 高等課程ってどう?学費は高い?評判をまとめました!

国際製菓専門学校 高等課程の学費

1,034,900円~/年間

資料請求する(無料)
※通信コース/就学支援金適用時
※住所を入力すると通学県内にある学校高校の資料をまとめて請求できます。

国際製菓専門学校 高等課程は、第一線で活躍する料理人を目指す方に向けた学校です。世界的な有名パティシエになりたい方には、適している学校と言えるでしょう。

卒業までに行われる実技研修には、海外で行われるものも多数見られます。国際的に通用する料理スキルと、高校の卒業資格を同時に得られるのが同校の魅力です。

学費 1,331,900円~
スクーリング
通学コース パティシエ調理師科/東海大学付属望星高等学校との併用
専門授業 パティシエ調理師科
所在地 東京都立川市曙町1-32-1

国際製菓専門学校 高等課程はどんな学校? 特徴を解説

国際製菓専門学校 高等課程は、調理師とパティシエを目指せる学校です。キャンパスは東京都立川市に位置します。

洋菓子やイタリアン、パン作りを志す方に向けて、基礎的な部分から着実に教えていくのが、同校の特徴です。

国際製菓専門学校 高等課程の特徴に、少人数で学習できるスタイルがあります。国内でもトップクラスの講師陣が、側に寄り添いながら丁寧な指導を行うのです。

同校の大きな特徴には、実践的なスキルを学べる点があります。質の高い実習を通じて学んだスキルは、校内に備わるショップにて販売することが可能です。自分が作り上げた作品が、どのように受け入れられるのかを、肌で感じることが出来るのです。

国際製菓専門学校 高等課程の学習スタイル

国際製菓専門学校 高等課程は、校内での学習だけではなく豊富な海外研修も取り入れています。

タイやアメリカなど、異国の食文化に触れることで、自身の見聞を広めることと、進むべき道を明確にすることを目指します。

実技面のスキルを高めるだけではなく、料理に関する各種の資格取得を目指すことも可能です。調理師免許や製菓衛生師受験資格を、高校卒業資格と一緒に取得することが可能です。

国際製菓専門学校 高等課程のコース/カリキュラムについて


国際製菓専門学校 高等課程には、パティシエ調理師科が開講されています。

同課程では、高等学校の卒業資格を得るための学習を続けながら、各種専門料理の調理スキルを向上することが可能となっています

3年間の学習を通じながら、日本料理や中華、西洋料理は勿論のこと、スイーツやパン作りに至るまでと、料理全般についてを幅広く学んでいきます。

卒業後の進路

卒業後の進路には、様々なものが見られます。

大学を始めとする、高度な教育を学べる機関への進学はもちろんのこと、ホテルやレストランへの就職など、国際製菓専門学校 高等課程を修了した学生には、幅広く将来への門戸が開かれています。

学習を進めるにあたって生じた疑問は、オンラインを通じて復習することも可能です。

製菓総合専門士科では、2年次に至るまで動画によるオンライン学習を受けることが可能となっています。

実技スキルが向上していっても、知識が曖昧になることは珍しく無いものです。都合の良いタイミングに、オンライン講義を通じて、足りないと感じる部分の知識を補うことが可能です。

国際製菓専門学校 高等課程の学費は高い?


国際製菓専門学校 高等課程の学費は、通信制高校の平均学費と比べると高めであると言えるでしょう。

パティシエ調理師科に通う場合と、望星高校を併用する場合で異なりますが、年間を通じて支払う学費が高めであることには変わりません。

  • パティシエ調理師科:1,331,900円
  • 2校納入金合計:1,499,500円

調理のみを学ぶか、進学を考えて高校卒業資格の取得を目指すかでも変わりますが、どちらにしても基本的に130万円以上の学費が必要になることは間違いありません

高めの授業料ではありますが、留学が行なえたり、本場のプロの講師陣から学べたりといった、他の調理師学校では学べない部分があるのも事実です。

将来への投資として割り切るのであれば、高いとは言い切れないことでしょう。

国際製菓専門学校 高等課程が平均より高い理由は?

国際製菓専門学校 高等課程の学費が高いことには理由があります。

校内に、実店舗と同じ販売環境を備えたり、オンラインを活用した反復学習システムを提供したりと、学習環境に多くの費用を投じている部分があるからです。

充実した学習設備のなかで、実践的な調理スキルを学べると考えれば、決して高い学費とは言えないでしょう。

高等学校等就学支援金を活用できる

国際製菓専門学校 高等課程では、経済的事情により、就学が難しい方に向けた各種の助成金にも対応しています。

国や都が提供する助成金と、育英会が提供する貸付金、同校独自の奨学金を活用することが可能です。

他にも、国や提供金融機関による各種ローンを活用することが可能です。

助成金や貸付金、奨学金を上手に活用することにより、少ない負担での就学を実現することは可能です。

国際製菓専門学校 高等課程のサポート体制ってどう?

学生寮の紹介をはじめとする生活サポート

国際製菓専門学校 高等課程では、自宅を離れて1人暮らしを始める方に向け、寮の紹介を含めた、生活全般のサポートを行ないます。安全な環境下での学習が営めるだけではなく、金銭面の負担を軽減することも可能です。

学校での授業や生活面で生じた悩みについては、Webや電話を通じた個別相談も行っています。些細な疑問や悩みであっても、早期に解決できる環境を整えているのです。

オンラインを活用した個別サポート・反復学習

同校には、調理実習で学び取れなかった部分を補完するサポート体制が備わっています。オンラインを活用した反復学習により、自分で気になる部分を、納得いくまで学習することができます。

同校には、学習の成果を試すためのコンクールも開催されています。フランスで賢威のあるパン作りのコンテストで入賞すれば、自信を持って社会に出られることでしょう。

進路サポート

国際製菓専門学校 高等課程では、週に一度の個別指導を実施しています。生徒、一人ひとりの個性を尊重しながら、将来に向けた着実な進路を歩むことをサポートします。

卒業後の進路については、進学は勿論のこと、希望する業種への就業に至るまで、本人の希望に沿った形で進めることが可能です。

同校のカリキュラムの中には、本格的な店舗ブースでの販売実習も含まれます。卒業後に、即戦力となれるように、在学中からサポートを行っていくことを心掛けます。

国際製菓専門学校 高等課程のメリット(向いている人)

国際製菓専門学校 高等課程に通うメリットは、将来に繋がるスキルと資格を取得できる点です。

現場で活躍する第一線の講師陣に教わりながら、幅広く調理スキルを学べるからです。

自分が進むべき分野が明確になっている方には、同校は最適な学習環境です。国際的な感覚を身につけたいと考える方にとっても、同校が提供する学習コースは魅力的なカリキュラムとなるでしょう。

タイ研修やアメリカへのホームステイを通じ、異国の食文化を直接学び取れるからです。

国際製菓専門学校 高等課程のデメリット(向いていない人)

国際製菓専門学校 高等課程が向いていない人は、調理の道に進むと明確になっていない人でしょう。

料理のプロとして社会に出るのではなく、調理に関する知識と資格を得たいと考える方には、同校の専門性が高いカリキュラムは不向きな部分もあります。一流の講師陣に学んだり、海外研修を通じて実践的なスキルを身に着けたりすることが、反って負担になってしまうことも有り得るからです。