卒業生が語る!私立明聖高校ってどんな学校? 学費や通学コース、生徒の雰囲気を解説します。

通信制高校は4月を過ぎても、途中入学(編入)が可能な学校がたくさんあります。最近は通わなくても、インターネットで学べる学校も増えてきています。どんな学校があるのか、まずはパンフレットを取り寄せて見てみましょう!

通信制高校のパンフレットをまとめて取り寄せる→


私立明聖高校の通信コースを卒業した市川です。

学校の雰囲気や設備はどんな感じ?と気になる方に向けて、「卒業生の本音」をお話していきます。

学校選びの参考にしていただけると嬉しいです。

明聖高校の基本情報

住所 本校:〒260-0014 千葉県千葉市中央区本千葉町10-23 JR本千葉駅
中野キャンパス:〒164-0001 東京都中野区中野3-34-29 7F
通学コース 本校:全日コース、通信コース
中野キャンパス:全日コース、全日ITコース、3日制コース WEBコース
スクーリング 年間4日程度

千葉県初の私立通信制高校として2000年に開校。

不登校生徒へのサポートや基礎学力向上のサポートに全力で取り組み続け、例年高い卒業率と進路決定率を維持しています。

教員が「カウンセリング」「メンタルヘルス」などの専門研修を受講、資格を所持。

「登校が不安」「人間関係が心配」「勉強が苦手」といった様々な生徒たちの悩みに日々応えています。

明聖高校の通学コース


本校の通信コースに通っていました。

問題に答える形のレポートの提出と私は月二回の通学という授業形態で、授業のない日でも質問や自習のために通学することが可能でした。

私は日中アルバイトをしながらの通学でしたが、レポートも教科書を見ながら答えられる難易度のものですし、通学も月2回半日だけと少なく済むので苦痛はありませんでした。

レポートの提出締め切りに郵送だと間に合わないときは学校に直接提出しに行ったり、先生とのコミュニケーションも取りやすくなっており、勉強以外の相談に乗ってもらうことありました。

部活に通うのも可能で全日コースの友達もできます。

私の入ったテニス部は学校から離れた場所にコートがあり、テニス部だけの空間で周りの目を気にせずに楽しめました。

大会で上位を目指すようなきつい練習ではなく、初心者でも楽しめるようなものでいいリフレッシュに。

サーフィン部がいろいろな大会で賞を取っていたり、今は文化部も充実しているようで通信コースでも憧れの学生生活が楽しめます。

明聖高校の設備の充実度、専門授業の質


本校キャンパスはロビーからカラフルで入りやすい雰囲気。

駅からも近く、授業の合間に映画を観に行ったりしていました。

校庭のあるような校舎ではなくビルですが、すぐ近くに川が流れていたりオフィスビルの多い地域なので静かで通いやすいです。

体育の授業や入学式、卒業式は公共の施設を借りてになりますがどれも千葉駅付近で本校に通っていれば問題なく参加できる近さです。

軽音楽部やパソコン部があるため、スタジオやパソコンルームがあるのも特徴。私が通っていた時にはなかったのですが、中野校はおしゃれで洗練された雰囲気のようです。

教室は少し狭めですがすぐ隣に人が座って詰まっているような雰囲気にはならない25人程度の少人数制のクラスでした。

集団が苦手な場合は個別での授業を対応してくれるので安心です。

個別指導の他にも電話やメールでの相談も可能ですし、学校にカウンセラーの方がいるので登校時に具合が悪くなっても安心できます。

夜間には保護者の相談にものっているようで、どんな事情があっても安心して通わせられる設備が整っていると思います。

明聖高校のイベントや学校行事


入学式、卒業式はもちろん、希望者は修学旅行に参加することも可能でした。

卒業式だけ参加したのですが、通信コースのみで公共のホールを借りての豪華なもので、代表として60歳を越えたおばあちゃんが卒業証書を受け取っていたのが印象的でした。

体育の授業は公共の体育館を借りての授業で、体力測定程度の難易度のものでした。

試験は年一回の単位認定試験のみで教科書の持ち込みが可能な教科もありましたが、内容は普段のレポートをこなしていれば問題ない程度の難易度。

進学する人のための進路相談はもちろん、資格試験にも対応していてサポートしてくれるのがありがたかったです。

ボランティアや部活動の大会など、全日コースの生徒に混じって参加できるものもありました。

文化祭では部活動の仲間と一緒に出展することもでき、憧れていた学校生活を少し体験することが出来ました。

普通に通学するような学校に比べてイベントは少なくなりますが、参加を強制されることもなく私生活や仕事と両立できるのがありがたかったです。

明聖高校の雰囲気やいじめ


学校の雰囲気は校舎の雰囲気や先生の対応で明るく通いやすい雰囲気。先生が通学コースの生徒も覚えてくれるのがとても嬉しかったです。

生徒の顔触れは、派手な人と地味な人が極端な感じで最初は戸惑う人も出てくるかもしれません。

しかし無理に交流を強制されることもなく、みんなが高校を卒業するために通っているので真面目に授業を受けています。

授業中に騒いだり、授業の合間に騒ぐような人もいませんでした。

通信コースの特徴だと思うのですが、年齢も高めの方がいたり、妊娠中の女の子も。仕事の合間に来ているのかスーツや作業服の人もいたりと様々。

いじめなどはもちろん無く、通学が少なくても仲良くなっている人がいたり暗い雰囲気はないです。

スクーリングの時はたくさんの先生もいらっしゃるので困ったことがあってもすぐに相談できます。

明聖高校の卒業後の進路


私は卒業後フリーターとして生活しました。

大学進学も進められましたが、当時交際していた方と結婚する予定だったので進学はせずにそのまま卒業しました。

通学時に働いていたアルバイトも長く続けることができ、他のバイトさんを教育する立場にまでなりました。

学校の授業だけでは高校の勉強をしっかり覚えられたとは言えないですが、レポート提出をしていたことから自宅学習への抵抗がなくなり、今でも資格の勉強をするときに身になっていると思います。

同じ部活の生徒には専門学校や大学進学を目指す方もいて、先生のサポートが助かると話していました。

通信コースからの大学進学は難易度が高そうな気がしますが、充実したサポートや自由な時間が多いことから以外と難しくないようです。進学実績も多い学校です。


私は高校1年の時に全日制の学校でいじめを受け、2年次に転校する形でこの学校に通いました。

いじめを受けた学校は進学校で入学した当時から目標の大学を決め勉強に励んでいたのですが、無視や陰口などで通うことができなくなり勉強に対するやる気が無くなってしまっていました。

通学当初は適当に卒業すればいいや、と思っていましたが、先生が優しく他の生徒も親しみやすく部活に参加するほどに。

そんな経験から、一度やる気を失ったり学校への抵抗がある人にオススメします。

きっと学校に対するイメージが変わると思います。

通信制高校には一般の高校のような受験はありませんが、受け入れ生徒数が決まっているところもあり、募集要項や入試の内容はいち早く取りよせておかないと、後々焦ることも。入学するしないに関わらず、パンフレットだけは早めに取り寄せましょう!


 

次のページ「通信制高校を選ぶための3つの手順」に進む