日本ウェルネス高等学校

日本ウェルネス高等学校ってどう?⇒評判や学費・口コミを確認する!

学校法人タイケン学園グループの運営する「日本ウェルネス高等学校(東京キャンパス)」。

この学校の特徴は、スポーツ専攻に強いこと。硬式野球、軟式野球、陸上競技、テニス、バドミントンなど、希望する競技ごとに細かくコース分けされており、他の高校にはほとんど見ないような、格闘技、カヌーなどの珍しいコースも用意されています。

スポーツだけでなく、音楽コースやスポーツコース、パフォーマンスコースやペットコースなど、自分の将来の希望に応じて17ものコースを選択可能。通信制高校に通いながら、しっかりスポーツのことを学びたい、選手を目指したいという生徒におすすめできる通信制高校です

学費 260,000円〜
専門授業 スポーツ、ペット、保育、音楽、ダンスパフォーマンス、マンガ、製菓、トータルビューティー、大学進学、声優クリエイティブ等
スクーリング 年に10日間程度
通学コース 【基本スタイル】在宅でのレポート学習、スクーリング、テストを基本とした在宅学習スタイル
【週5日スタイル】週5日の通学で確実に高校卒業を目指すスタイル
【週5日スポーツスタイル】スポーツに特化したスタイル
【週2日スタイル】少人数で学び、自分のペースで自由に学習できるスタイル
項目名 ここに説明文を入力してください。ここに説明文を入力してください。

\願書と学校案内を取り寄せる/
↓↓↓

資料請求はこちら>>

 日本ウェルネス高等学校の徹底評価!

日本ウェルネス高等学校は、愛媛県の瀬戸内海に浮かぶ大三島(おおみしま)に本校があります。

その他にも全国8ヶ所にキャンパスを持つ、広域通信制の高校です。

学習コースは、週5日通学型、週2日通学型、自宅学習が中心の在宅通信コースの、3コースです。


大三島ってこんなとこだよ!(画像は Wikipedia より)

スポーツコースは、東京、松本、名古屋、広島、北九州のキャンパスに週5日通学するというスタイル(ゴルフは週2日通学スタイル)を取っていて、午前中授業、午後から競技に打ち込む、という時間割になっています。

しっかりスポーツに打ちこめるスケジュールなんですね!


写真は日本ウェルネス高等学校公式HPより

各キャンパスでは、甲子園やインターハイといった高校スポーツを目指すクラブと、将来の実業団スポーツを目指すクラブに分かれています。

同じ「硬式野球」をしている生徒でも、自分の希望する方向に合わせて、よりきめ細かな指導を受けることができます

初心者でもスポーツをとにかく楽しみたい!というレベルの人も、多く通っています。

将来もトレーナーや審判、指導者としてスポーツに関わっていけるよう、体験学習も豊富です。

さらに内部推薦で進学できる系列校として、日本ウェルネススポーツ専門学校、2012年には日本ウェルネススポーツ大学も新設されていて、より専門的な指導が受けられます。

スポーツに力を入れているだけあって、甲子園の愛媛大会でベスト8、フットサルの長野県大会で優勝など、運動部の実績はなかなかのもの!

系列校の日本ウェルネススポーツ大学では、最近で言うと、ロンドンオリンピックのカヌー競技で上位に食い込んだ選手もいます。

2006年開校と、歴史の浅い学校ですので、これからこの学校出身のスポーツ選手が大勢出てくるかもしれませんね。


こちらがロンドンオリンピックのカヌー競技で
200Mペア10位、シングル11位という好成績を残した
松下桃太郎選手です!
写真は日本ウェルネススポーツ大学硬式HPより。

また、音楽コースも魅力的です。

趣味で音楽を楽しみたいという人には、「初心者コース」や「趣味のコース」、プロを目指す人には「プロフェッショナルコース」というふうに分かれています。

プロフェッショナルコースでは、これまで数多くのプロミュージシャンを育てた音楽学校「music school ウッド」と提携していて、プロを目指す生徒たちと一緒に専門家に教えてもらうことができます


画像は日本ウェルネス高等学校音楽コース公式HPより

たとえば歌が好きな人は、いつでもどこでも歌うことはできますが、同時に音楽理論やDTM(パソコンを使って音楽を作ること)などを独学で身につけようとするのは、しかも高校の勉強をしながらというのは、とてもとても大変です。

日本ウェルネス高等学校音楽コースのように音楽の学校でなら、カリキュラムをこなす中でしっかり学ぶことができるんですね。

好きな音楽を思う存分楽しみながら、自分の将来の目標に向かって進んでいきたい、という人は、ぜひ説明会に参加して、体験レッスンを受けてみることをオススメします!

日本ウェルネス高等学校の口コミ・評判

野球を思いっきりやりたい! と思っていたので、ここの学校を選んで正解でした。まだはっきりとは決めていませんが、できればスポーツと関連のある仕事につきたいと思っています。(スポーツコース)
何かに打ち込みたい、と思っている人には、ぴったりの学校だと思います。夢はメジャー・デビュー!(音楽コース)
高校卒業とドッグトリマーの資格を取ることを目標にしています。トリマー実習の時間が多くて、とても楽しいです。(ドッグトリマーコース)

自分に合った通信制高校を選ぶヒント

通信制高校というと、「学校に行かなくてもいい」というイメージがあると思います。

通学のない、完全な通信制コースの学校もありますが、

通学圏内にある通信制高校を選んだ方が、勉強でわからない箇所を先生に聞くことができるため、完全な通信コースに比べて高校を卒業しやすくなります

まずは通える範囲の通信制高校を検索、日本ウェルネス高等学校だけでなく、他学校の資料も取り寄せて、比較するところからはじめてみましょう。

通信制高校の資料を取り寄せる

学校選びに失敗しないために

通信制高校には、公立校と私立校がありますが、

1.通学圏内の通信制高校をリストアップする

2.資料を取り寄せる

3.学校見学や説明会に行ってみる

という3つの手順を踏んでいくと、自分に合わない通信制高校を選ぶ確率はぐっと減ります。

通学がほとんどない通信制高校もありますが、授業でわからないことがでてきたときに相談できず、そのまま勉強が嫌になって、中退してしまうことも

いざ、というとき相談できる環境を用意しておく上でも、

通学県内にある通信制高校

を選んでおいたほうが、高校卒業はしやすいです。

また、2020年から、国から支給される就学支援金によって、私立校であっても授業料が免除となりました(世帯年収590万円未満の場合)。

私立校であっても、年間学費10万円以内で通える高校はたくさんあります。

また、公立に比べて私立高校のほうが、生徒のサポート体制や専門授業が充実していて面白い学校が多いです。

まずは、通学圏内にある通信制高校をリストアップして、学費や専門授業の質など、希望に合った学校を選択していきましょう。

近所の通信制高校をいちいち調べるのは時間もかかりますし、学校の漏れもでてきます。

効率よく情報収集をするには、一括資料請求サイトで住所を入力して、パンフレットをまとめて送ってもらうのが簡単です

人気校の場合、受入生徒数に制限があることもありますので、まずは早めに資料を取り寄せて、学校説明会や学費などの情報を確認するところからはじめましょう!

通学圏内の学校資料を一括請求する(無料)