卒業生が語る!YMCA学院高等学校ってどんな学校? 学費や通学コース、生徒の雰囲気を解説します。

<2018年12月:最新情報>

通信制高校は、年明け1月には出願が始まる学校も多く、12月は学校説明会が活発化する時期になります。願書や募集要項は学校説明会に参加しないと手に入らない学校もありますし、人気校は人数制限をしているところもあるので、まずは通学圏内の学校を調べて資料を取り寄せるところからはじめましょう!

通信制高校のパンフレットをまとめて取り寄せる→


YMCA学院高等学校 スタンダードコースを卒業したmiyacoです。

学校の雰囲気や設備はどんな感じ?と気になる方に向けて、「卒業生の本音」をお話していきます。

学校選びの参考にしていただけると嬉しいです。

YMCA学院高等学校の基本情報

住所 大阪府大阪市天王寺区南河堀町9-52
通学コース Yチャレンジコース
マイペースコース
スタンダードコース
学費 入学金:50,000円
授業料:9,000円(1単位)
施設料:40,000円
諸経費:10,000円(年間)
その他:12,400円
スクーリング  Yチャレンジコース:5日/週
マイスペースコース:2日/週
スタンダードコース:1~5日/週

コースによって自分に合ったものを選べるので、自分らしく、自分のペースを大事にでき、自由で開かれた学校生活を送れると思います。

校内もオフィスビルのような綺麗な環境で勉強ができます。

この学校に通っている人たちの年齢層も様々で、いろんな人と友達になれる機会があります。

YMCA学院高等学校の通学コース

編入学(高校を辞めた)だったので、スタンダードコースに通っていました。

前の学校で取得した単位を取得済み単位として認定してもらえるので、卒業までに必要な残りの単位数を自分で時間割を組み、修得していきます。

学習したい科目を自分で自由に選べて、週1日〜5日で通学する形です。

残りの単位数次第ですが、うまく時間割を詰めれば1年ほどで卒業できる場合もあります。

自分のペースで進めるので、学年や留年がありません。

レポートの作成とスクーリングに出席することで単位が認定され、コースにもよりますが基本的に自宅での学習が中心となるので、毎日通学する必要はありません。

水・木・金など週1日〜学校に通って、それ以外は自宅でレポートを作成し、レポート提出、または試験にクリアしたら単位がもらえるという仕組みです。

午前中に詰めたり、午後に詰めたり、1日を通して授業を受ける日もありました。

体育の授業は、友達を作るきっかけにもなりました。

屋上にバスケットコートもあり、バスケや卓球、ドッチボールなどもできました。

学校に行かない日はレポート作成と、アルバイトに励み、自分の時間との両立が出来ました。

YMCA学院高等学校の設備の充実度、専門授業の質

YMCA学院高等学校はオフィスビルのような外観で、学校には見えない建物でした。

設備として必要なものはある程度揃っていて、規模は小さめですが、体育の授業で使うホールや、図書室、レポートを作成したり友達と談話できるフリースペースなどが設けられていました。

一般の学校とまではいきませんが、YMCAの校舎はしっかりしていて綺麗なほうだと思います。

クラスの大きさはその授業によって様々ですが、平均20人〜30人程度です。

男女比もバラバラで、席も特に決まっていなかったのでみんなそれぞれ自由に座っていました。

授業の質は基礎を学ぶ程度なのでレベルは高くありません。

よく言えば難しくないので、よほどでない限り授業についていけないという事はないと思います。

ですからもう一度、1から勉強する気持ちで挑めます。

指定されたビデオや映画をみて、その感想をレポートにまとめるなど変わった授業もあり、一般の学校では経験できない勉強の仕方ができたことは良かったと思っています。

YMCA学院高等学校のイベントや学校行事


ファミリーカーニバルという文化祭や、キャンプ、ボランティア活動、1日体験学習など、の学校行事は色々ありましたが、全て参加は自由でした。

とは言っても、卒業までに課外学習として1つは必修で参加する必要がありました。どれか1つ選ぶといいので友達同士で参加すると楽しめると思います。

自分の場合は仕事館という様々な職業やその歴史が体験できる施設へいって、体験内容と体験してみた感想をレポートで提出するといったものでした。

現地集合現地解散でしたので、スケジュールも自分たちで決める事ができましたし、遊びに行く感覚で学べたのでいい思い出になりました。

その他にはキリスト教の学校だったので、聖書についての講習会やクリスマスに近所の教会に礼拝に行ってお祈りや賛美歌を歌うなど、キリスト関係のイベントも年に数回開かれていました。

こういった行事に参加することで知り合いも増え、友達を作るきっかけにもなるかと思います。

また、1週間からの短期留学なども行っているようでしたので別途費用はかかりますが、英語に興味がある人には良いチャンスだと思います。

YMCA学院高等学校の雰囲気やいじめ


学校を辞めた人や、高校に通えなかった人たちが多いので、年齢層もバラバラですし、良くも悪くもお互いに関心がなかったので、いじめという概念自体なかったと言えます。

クラス授業等もないため、友達ができにくくはありますが、体育の授業は誰かとチームになったり、同じ授業をとっていて、同じ席に座っていると毎回自然と顔を合わせるので、全く友人ができない事はありませんでした。

自分次第ではありますが、話すきっかけはどこにでもあると思います。

通っている人達も様々で、学年がみんな同い年ではなかったので色んな人と出会えて世界が広がりました。

クラスで何かをするという事もというのもなかったので、集団行動はありませんでした。

感覚的には大学や外国のハイスクールに近いと思います。

YMCA学院高等学校の卒業後の進路


自分は元々英語に興味があったので、卒業後は英米語学科の大学へ進学しました。

あまり大学に進学する人がいなかった為、倍率も低く、推薦などで進学しやすかったのである意味ラッキーだと思います。

周りの人達は専門学校へ行ったり、そのまま就職やアルバイト、フリーターをしている子も多くいました。

年齢層も様々で子持ちの人も居てましたし、その後の進路は個人によって本当にバラバラでした。

ただ、良くも悪くも全て自分で決めていく本当に自由な学校なので、何もしないで将来が安定し、必ず就職できるということはありません。

なのでしっかりと自分で将来のやりたいことや計画などを立てておかないと自分の思うような進路にはつけないと思います。

進学は比較的しやすいと思います。


やりたい事がしっかりと決まっていてビジョンがある方や、学校生活と自分の時間を両立させたい方、しっかりと自己管理できる方にはオススメだと思います。

一般の学校生活とは違い、全て自己管理、自分の責任なので担任の先生も一応はいてますが、気になることやわからないこと、相談したいことは自ら聞きに行かないと答えてくれないので自己管理ができない方はあまりオススメしません。

制服や規則に縛られる事なく自分らしい学校生活を送れたので、単位制、通信制学校は私はとても良い制度だと思います。



通信制高校には一般の高校のような受験はありませんが、受け入れ生徒数が決まっているところもあり、募集要項や入試の内容はいち早く取りよせておかないと、後々焦ることも。12月は学校説明会も活発化するので、入学するしないに関わらず、パンフレットだけは早めに取り寄せましょう!


 

次のページ「通信制高校を選ぶための3つの手順」に進む