勇志国際高等学校

勇志国際高等学校の偏差値は?合格するための入試対策(面接/筆記)も解説!

管理人
管理人

この記事では、通信制高校「勇志国際高等学校」に入学するために必要な偏差値や入試情報をまとめています

通信制高校の試験は簡単なものが多く、作文や面接で合格することがほとんどですが、学校によって試験内容は違うため、学校資料や入試要項は早めに取り寄せましょう!

勇志国際高等学校に偏差値はあるの?

勇志国際高等学校は学校法人 青叡舎学院が運営している広域制の通信制高校です。

この学校の特徴としてあげられるのが、全国の複数の場所にスクーリングのための施設が設置されていることです

本校があるのは熊本県の天草で、御所浦町の牧島に校舎があります。

本校がある九州には他にも多くの拠点があり、福岡・熊本・宮崎にそれぞれ学習センターがあります。

九州地方の幅広い地域に住んでいる生徒が、スクリーングをしやすい学校です。

九州以外では千葉県にも学習センターがあり、松戸市の新松戸が施設の所在地です。

新松戸駅から歩いて5分程度の距離にあるので、通学も便利です。

勇志国際高等学校に偏差値がない、その理由

ここからは話の本題である、勇志国際高等学校の偏差値に関する情報について紹介します。

結論を先に言うと、勇志国際高等学校には偏差値というものがありません。

勇志国際高等学校に偏差値がないのは、通信制の高校だからです。

偏差値が存在するのは全日制課程の高校で、偏差値という概念が設定されているために、各校に偏差値が存在します。

ですが、通信制高校には偏差値の概念がもともとないため、偏差値をつけることができないようになっています。

勇志国際高等学校に偏差値がないもう一つの理由は、この学校の入学試験に学力試験がないことです

偏差値を調べるためには、国語や数学など各教科のテストの成績を調べる必要がありますが、この学校には学力試験がないため、生徒の偏差値を調べることができません。

偏差値がなくても多くのメリットがある勇志国際高等学校

勇志国際高等学校には偏差値はありませんが、生徒にとって多くのメリットがある学校です。

この学校は自宅でのオンライン学習が中心のネット生だけでなく、週1~5日まで通学できる通学生として勉強することもできます。

通学コースは追加費用なしで選ぶことが可能です。

学習がすぐに始めやすいこともこの学校のメリットになっていて、生徒は学習専用のiPadを使用して勉強を進めるため、時間や場所を選ばずに勉強がしやすくなっています

さまざまなITツールを使用できることもこの学校で勉強するメリットの一つです。音楽の編集ソフトや、イラストを描けるソフトなど、幅広い種類のツールを使用できます。

勇志国際高等学校では毎年、ネット生が参加できる各種のイベントも開催しています。弁論大会や餅つき大会などのイベントもあります。

勇志国際高等学校の入試情報について

勇志国際高等学校は、毎年4月10月に入学できるタイミングがあります。

ネット生の出願はWEB出願のみになっています

WEB出願をするためには、ネットに接続できる環境とパソコンが必要です。スマートフォンやタブレットからも出願することは可能です。

登録をするためには、顔写真のデータとメールアドレスが必要になるので、あらかじめ準備しておいてください。

出願には選考料の支払いが必要で、料金は1万円です。その他に、選考結果を通知するための送料として、370円の支払いも必要です。

クレジットカードによる決済の他に、コンビニ振り込みでも支払うことができます。

出願時に提出する書類

勇志国際高等学校に出願する際には、各種の書類の提出が必要です。必要な書類は出願する方法により異なります

  • 新入生として出願する場合には、中学校の調査書の提出が必要です。調査書は、出身中学校の書式で作成できます。
  • 転入生として出願する場合に必要となるのは、成績・単位修得・出席状況証明書です。転入生の場合、転学照会在学証明書も提出が必要になります。
  • 編入生として出願する場合に必要なのは、成績・単位修得・出席状況証明書です。

なお、調査書や証明書は開封すると無効になるので、注意が必要です。

勇志国際高等学校の入試内容

勇志国際高等学校のネット生の入学試験には学科試験はありません。

書類審査と、作文・面接の結果で合否が判定されます。

合否の結果は試験の開催日から10日以内に、書類で本人宛に送達されます。

勇志国際高等学校に合格するには? 面接と筆記試験対策

勇志国際高等学校に合格するためには、入試対策をしっかりとしておく必要があります。

勇志国際高等学校のネット生の入試は、作文面接のみなので、この2つの試験を中心に対策をしておいた方が良いでしょう。

作文対策としておすすめなのが、普段から文章を書く練習をしておくことです

文章を書き慣れていないと難しい漢字なども間違いやすくなるので、基本的な漢字は間違わずに書けるようにしておく必要があります。

面接対策として重要なのは、面接で聞かれそうな質問に対する回答を、あらかじめ準備しておくことです

この学校を選んだ理由として、スペシャルスクーリングに参加できることをあげることもでき、本校がある天草の島に全国から生徒が集まるスクーリングは、この学校独自の魅力的なイベントです。

勇志国際高等学校の資料を取り寄せよう

通信制高校の学費は、公式HPに全てのコースの学費が掲載されている学校もありますが、詳細な学費はパンフレットにだけ掲載している学校も少なくありません。

実際に資料を取り寄せたら「学費が思ったより高くて焦った!」という声もよく聞きますので、自分が通う地域にあるキャンパスの正確な学費は、資料を早めに取り寄せて確認しておきましょう。

学費の安い通信制高校へ資料請求!
簡単無料1分で資料請求