通信制高校の就職

通信制高校出身は就職できない? 就活や面接に不利か調べてみた

自宅で自由に勉強ができる通信制高校は、無理なく通えるため人気があります。

ですが、通信制高校出身者は就職できないのでははないかと心配になる人もいるでしょう。

そこで、通信制高校が就活や面接のときに不利になるのかどうか調べてみました。

失敗しない学校選びのためには、

  1. 通える範囲にある通信制高校を調べる
  2. 資料を請求して見比べる
  3. 学校説明会に行ってみる

という3つの行動が大事です!

通学圏内にある通信制高校を選んだほうが、勉強や進路でわからないことを聞きに行くことができるので、高校卒業がしやすくなります

まずは住所を入力して、学校資料をまとめて取り寄せましょう▼

通学圏内の学校資料を一括請求する(無料)

コロナ禍で、オンラインでの説明会や質問会を開催している学校も多いです夏は説明会開催シーズン、日程を確認する上でも資料は早く請求しましょう!

通信制高校が就職できないと言われる理由

通信制高校出身者が就職できない、または就職活動で不利になるのではないかと言われている理由は、認知度の低さです。

通信制高校という名前は知っていても、どういう高校なのかを知っている人は意外と少ないのです。

なかには、通信制高校に対して偏見を持っている人もいます。なにか問題があり、一般的な高校には進学できなかったから通信制高校に通っていると勘違いしているのです。

そのため、通信制高校出身だとわかると、「コミュニケーションが苦手な人」、「メンタルが弱い人」というイメージを持たれてしまうのです。

就職時の面接が不利にならないために

面接のときに通信制高校について質問されたときには、簡潔にわかりやすく、どういった学校なのかを説明して理解を求めることが大切です。

どのような方法で勉強に励んできたのか、どういったテストを受けて、合格点はどれぐらいだったのかなどを詳しく説明することが大切です。

また、通信制高校によっては、体育祭や文化祭などのイベントがある場合もあります。そのときの経験を話すことも、面接を不利にしないためには必要なことです。

あわせて読みたい
高校中退者の就職率ってどう?よくある就職先や正社員雇用の可能性を解説高校をやめたあとに、何をするか。 その中で最も多いとされる選択肢が「就職する」ということです。 しかし現状として、高校中退者...

面接対策

通信制高校出身者が就職活動や面接で不利になる理由のなかには、面接対策が不十分ということもあります。

企業の面接では、ときには高校時代の思い出を聞かれることがあります。

ですが、通信制高校ではスクーリング以外はほとんど自宅での勉強なので、思い出と聞かれると困ってしまいます。そこで言葉に詰まることで、面接官の心証を損ねてしまうのです。

対策としては、通信制高校に通っている間に、様々な経験を積んでおくことです。

アルバイトやボランティア活動などを経験して、そのときのエピソードを話すことで、面接のときに困りません。通信制高校に通っているから就職できないということはありません。通信制高校でも、一般の高校と同じように事前の対策を怠らないようにしましょう。

自己アピールの方法を工夫してみよう

また、自己アピールの方法を工夫することも大切です。

面接官に、なぜ通信制高校を選んだのかと聞かれたときに、どういった答え方をするかで結果は大きく違います。このときに意識するのは、できるだけ前向きな理由を心がけることです。

通信制高校を選ぶ理由は人それぞれです。なかには、イジメや不登校などネガティブな要素を含むものもあるでしょう。ですが、理由をそのまま伝えただけでは、マイナスのイメージが強くなり、就職できない可能性が高くなります。

大切なことは、辛かった記憶をどうやって乗り越えたかをアピールすることです。

面接官が知りたいのは、挫折した経験ではありません。挫折をどのように乗り越えたかなのです。通信制高校に入学して、考え方が変わったり、前向きになれたかを説明することで、面接官の印象は良くなります。

通信制高校出身者が就職を有利にするためのコツ

通信制高校出身者だから就職できないということはありません。

ですが、やはり面接官のなかには通信制高校に関してマイナスなイメージを持っている人もいるので、場合によっては不利になる可能性があります。

有利にするためには、事前に対策を立てておくことが必要です。

ここでは、通信制高校出身者が面接で有利になるためのコツについて解説します。コツをつかんでいるかつかんでいないかでは、就職活動の結果が大きく左右される可能性があります。

1.スキルを身につけておく

企業にとって大切なことは、どの高校を卒業したかではありません。即戦力になるかどうかです。

そのためには、就職に有利になる資格を取得しておくことも大切です。

特に、様々な企業がグローバル化が進んでいるため、TOEICなどの資格を持っていると有利に働きます。

また、IT企業への就職を考えているなら、ITの基礎知識や実戦に対しての知識が豊富な基本情報技術者の資格も好印象に繋がります。どんな企業に勤めたいか決まったときには、有利になる資格を事前に取得しておくようにするといいでしょう。

企業インターンへ参加する

通信制高校から就職するのが難しいのは、社会経験が少ないからです。

自宅で勉強しているということは、人との接触が少なく、コミュニュケーションがとれないのではないかと不安に感じています。

面接で有利になるためには、インターンシップを経験して社会的経験があることをアピールすることが大切です。

一定期間でも働いた経験があれば、面接官からの印象も良くなります。このときに、単にインターンシップに参加しただけでは意味がありません。インターン先でどのようなことをしてきたのか、どんなことを学んだのかを話すことが大切です。

自己PRを工夫する

面接で合格するためには、面接官に対して好印象を与えることも大切です。

自己PRでは、学歴よりも人柄が大いに関係します。なぜなら、いくら学歴やスキルが高くても、入社後に他の従業員とうまくいかなくては仕事の効率が下がってしまうからです。

自己PRのときには、どのような考えで通信制高校を選んだのか、勉強することでどのような成長を遂げたのかを織り混ぜながら自己PRをするといいでしょう。

通信制高校に通っていたことは、一見すると不利になる要素を感じるかもしれませんが、そんなことはありません。通信制高校でしか経験できなかったことなども、面接のときの大きな武器になる可能性があるのです。

その企業にとって必要とされる人間になろう

通信制高校だから就職活動で不利になるということはありません。合格率の観点から見ても、一般の高校とさほど大きな差があるわけではありません。

大切なことは、面接官から見て企業に必要かどうか。どれだけ学力があっても、スキルが高くても魅力的な人材でなくては意味がありません。

通信制高校出身で面接を有利にするためには、企業がどのような人材を求めているかについてリサーチしておくことが大切です。

通信制高校でも就職はできる!

通信制高校だと就職できない、面接に受からないということはありません。

ですが、なんの対策もしないで合格するというのは難しいことです。

就職したい企業の特徴を調べて、役立つスキルを学んだり、自己PRの方法を工夫するなど対策を立てておくことが大切です。

あわせて読みたい
通信制高校の卒業資格は不利になる? 就職や進学への影響を解説します。 通信制も全日制も、「同じ高校卒業資格」です 通信制高校は、少ない学校だと年に数日しか学校に通わなくてよかったり、授業内容や時間割も...
あわせて読みたい
失敗しない!自分に合った通信制高校を選ぶ3つの手順※この記事は5分で読むことができます。この記事を読まずに学校選びをはじめると、「あなたが選んではいけない通信制高校」を選びかねませんので...
あわせて読みたい
2020年度版 学費の安い通信制高校ランキング|平均学費や各学校の学費一覧も掲載 2020年度版 学費の安い通信制高校ランキング! まずは、【全国にキャンパスのある通信制高校に限定】をして、年間学費の安い順番にT...