厚木中央高等学校ってどう?学費・偏差値・口コミ評判

厚木中央高等学校ってどんな学校?

厚木中央高等学校の学費
60,000円〜/年間

※上記は通信コース/就学支援金適用時の金額
※住所を入力すると通学県内にある学校高校の資料をまとめて請求できます。

厚木中央高等学校は、校名からも分かるように、神奈川県の厚木市にある私立の通信制高校です。

大学との技能統合によって専門的な科目を学ぶことができるほか、様々な資格を取得できるカリキュラムが用意されているというのがこちらの高校の特徴です。

そのため、単に高校の卒業資格を得たいというだけでなく、将来を見据えて専門的な知識やスキルを習得したいと考えている方は、こちらの学校を検討してみるのが良いかもしれません。

この記事はAIによる自動生成ではなく、卒業生と通信制高校選びの専門家によって執筆・編集されています。


通信制高校を検討している
すべての家庭に読んでほしいこと

「通信制入ったけど子どもが辞めた」

全日制と比較して自由に学べると評判の通信制高校ですが、中には失敗したという声もあります。

その後悔の声は「学校と合わなかった」に集約されます。

不登校支援がある学校を選べば良かった
「通信制高校は不登校生徒を受け入れてもらえる」という安易なイメージで選ぶんじゃなかった
  
自主学習が基本、不登校生徒へのサポートはなし、やる気がある人だけ引き上げるという感じ。不登校支援がある学校、しっかり時間かけて選べば良かったなあ

学費の安さで公立を選んで失敗

通信制高校ならどこも一緒でしょと、公立を選んだら大失敗。家から遠いし、週2日は通わないと単位取れないし、勉強もつまらない。3年間とても保ちそうにない…。

近所にあるから、学費が安いから、そんな理由で比較をせずに選んでしまうと、学校と合わずに辞めてしまうことも多いです

後悔しないためには、通学エリアにある学校を3~5校比較するのは必須

通信制高校の一括資料請求サービスを活用すれば、住所を入力するだけで、通学エリアにある学校のパンフレットを簡単に取り寄せることができます。

学校のパンフレットを見比べるだけでも特徴はわかりますし、「この学校だけは違うな」と取捨選択もできます

住所を入力するだけで簡単に取り寄せることができるので、通信制高校の比較がまだできていない家庭は、利用してみてください。

人気校は早めに募集を締め切る学校もあります。出願には学校説明会の参加が必須、など学校によって条件があることもあるので、募集要項は急いで取り寄せ確認しましょう

目次

木中央高等学校ってどんな学校?

学費132,000円〜
*通信コース/就学支援金適用時
*通学にかかる費用はキャンパスによって異なります
スクーリング週5日
開講コース普通科 / 工業科
入学時期新入学:4月 10月 / 編入転入:随時
本校所在地厚木市恩名1₋17-18

厚木中央高等学校ってどう?通学コースを解説

厚木中央高等学校の通学コース・カリキュラム解説

学校の特徴

厚木中央高等学校では、神奈川総合大学校との技能連携によって、工業技術や生活造形といった専門的な分野を学べます。

そのほかにも、姉妹校である厚木調理師学校と同時入学できるようになっているので、それによって高校に通いながら調理師免許を取得するといったことも可能です。

また、簿記検定や第二種電気工事士、危険物取扱者、洋裁技術検定などの資格の取得もできるようになっています。

それ以外では、様々な専門知識が学べる姉妹校があり、学校推薦によってそれらに進学できるというのも、こちらの高校の特徴であると言えるでしょう。

先ほどの神奈川総合大学校や厚木調理師学校のほかに、関東歯科衛生士専門学校や厚木文化専門学校へも推薦で行けるようになっているのです。

通学コースの種類とその内容

通学コースは、普通科と工業科の2つに分かれており、国語や数学、外国語、地理歴史、公民、理科、保健体育、芸術、家庭、情報といった多くの高校で学ぶような基礎科目は、どちらのコースでも履修が必要となっています。

それらに加えて、工業科では、製図や工業情報数理、自動車工学、電気回路、電気機器、電力技術、電子技術といった工業系の科目も履修できます。

一方、普通科においても、生活産業情報やフードデザイン、食品衛生、調理、公衆衛生、栄養、食品、ファッションデザインといった専門的な科目について学ぶことが可能です。

「普通科」という名称になっているからといって、専門分野が学べないわけではないという点に注意するようにしてください。

また、厚木中央高等学校は通信制高校ではあるものの、全日制のスタイルを採用しています。

週5日は登校しなければならないので、こちらも併せて頭に入れておくとよいでしょう。

卒業後の進路

厚木中央高等学校の卒業生の進路は、大学や短期大学、専門学校、企業への就職など実に様々です。

専門分野が学べるというだけあって、進学先の大学も東京工科大学や神奈川工科大学、横浜商科大学、日本経済大学といったところが多くなっています。

また、学校推薦で行ける神奈川総合大学校をはじめとする姉妹校へと進学する卒業生も少なくありません。

このほかにも、在学中に資格を取得したり、ある程度専門的なスキルを身に付けるということもあって、進学せずに就職している卒業生もそれなりにいます。

例えば、専門性を活かして調理師やエンジニア、デザイナーなどとして活躍しているのです。

厚木中央高等学校の学費情報(2023年度)

厚木中央高等学校の学費・授業料
入学金10,000円
授業料72,000円
施設費0円
教育充実費60,000円
年間合計目安132,000円

※通信型(A)の学費を想定

厚木中央高等学校に学費免除制度はある?学費サポートや奨学金情報

厚木中央高等学校の学費サポート制度

学費免除制度

厚木中央高等学校では、学校として用意している学費の免除制度は特にありません。

その代わりに、一定の要件を満たせば、国の就学支援金制度や県の学費補助金制度を利用することが可能です。

例えば、国の奨学支援金制度については、世帯年収が910万円以下であれば、支援金の支給を受けて授業料の全部または一部の負担を軽減できます。

要件が設けられているため、誰でも利用できるわけではありませんが、もし要件を満たしているのであれば、将来的に返還しなければならないようなものではないので積極的に支給を受けるようにするとよいでしょう。

奨学金情報

学校が用意している奨学金制度はありませんが、高校生等奨学給付金などの国や他団体の奨学制度は利用できます。

ただし、奨学制度ごとに受給条件が異なっているほか、事前に様々な書類などを用意しなければならないため、もし奨学金の受給を考えているのであれば、早めに学校に相談するようにしてください。

厚木中央高等学校に偏差値はある?入試対策について

厚木中央高等学校に偏差値はある?

偏差値と入試情報

厚木中央高等学校の入試には、推薦入試と一般入試の2つの種類があります。

このうち、推薦入試は、書類審査と個別面接だけであり、学力試験はないので、特に偏差値も存在していません。

一方、一般入試では、個別面接のほかに、普通科の場合は国語と基礎学力のテスト、工業科の場合は国語と数学のテストを受ける必要があります。

テストで問われるのはいずれも基礎的な内容が中心です。なお、個別面接はいずれも保護者同伴で実施されます。

必要な対策

推薦入試と一般入試で必要な対策が異なります。

前者については、面接などで質問されたときに適切に答えられるように、志望動機や希望する高校生活のイメージに加え、学びたい専門分野を明確にしておくとよいでしょう。

後者については、合格するために一定水準の学力を身に着けておく必要があります。

といっても、難しい問題はほとんど出題されないので、まずは中学で習った高校や数学の基礎をしっかり復習しておくのがおすすめです。

厚木中央高等学校が向いている人・向いていない人

厚木中央高等学校に向いてる人

厚木中央高等学校が向いている生徒

こちらの高校に向いている生徒は、次の通りです。

  • 専門分野を徹底的に学びたい生徒
  • 将来に備えて資格を取得したい生徒
  • 仲間と一緒に学びたい生徒

厚木中央高等学校は、普通科、工業科のいずれにおいても専門的な科目が履修できるようになっているため、そういった分野を学びたいと考えている方にはぴったりの高校であると言えます。

また、様々な資格を取得できるので、将来に備えていくつか取っておきたいという方にも向いているでしょう。

全日制のスタイルを採用していてキャンパスで仲間と一緒に学ぶことも多いので、そういった機会を求めている方にも適しています。

厚木中央高等学校が向いていない生徒

厚木中央高等学校に向いていない人

次のような生徒は、こちらの高校には向いていないかもしれません。

  • なるべく在宅で勉強したい生徒
  • 遠方に住んでいる生徒

厚木中央高等学校は通信制高校ではあるものの、週5日登校する必要があるため、自宅などで自分のペースで勉強したいと考えている方には向きません。

また、登校する機会が多いため、厚木にあるキャンパスまで通うのが難しいような遠方に住んでいる方が通うのにもあまり適していないでしょう。

通信制高校を検討している
すべての家庭に読んでほしいこと

「通信制入ったけど子どもが辞めた」

全日制と比較して自由に学べると評判の通信制高校ですが、中には失敗したという声もあります。

その後悔の声は「学校と合わなかった」に集約されます。

不登校支援がある学校を選べば良かった
「通信制高校は不登校生徒を受け入れてもらえる」という安易なイメージで選ぶんじゃなかった
  
自主学習が基本、不登校生徒へのサポートはなし、やる気がある人だけ引き上げるという感じ。不登校支援がある学校、しっかり時間かけて選べば良かったなあ

学費の安さで公立を選んで失敗

通信制高校ならどこも一緒でしょと、公立を選んだら大失敗。家から遠いし、週2日は通わないと単位取れないし、勉強もつまらない。3年間とても保ちそうにない…。

近所にあるから、学費が安いから、そんな理由で比較をせずに選んでしまうと、学校と合わずに辞めてしまうことも多いです

後悔しないためには、通学エリアにある学校を3~5校比較するのは必須

通信制高校の一括資料請求サービスを活用すれば、住所を入力するだけで、通学エリアにある学校のパンフレットを簡単に取り寄せることができます。

学校のパンフレットを見比べるだけでも特徴はわかりますし、「この学校だけは違うな」と取捨選択もできます

住所を入力するだけで簡単に取り寄せることができるので、通信制高校の比較がまだできていない家庭は、利用してみてください。

人気校は早めに募集を締め切る学校もあります。出願には学校説明会の参加が必須、など学校によって条件があることもあるので、募集要項は急いで取り寄せ確認しましょう

厚木中央高等学校の口コミ評判


0.0
5つ星中0.0つ星です!(0人の卒業生データ)

この学校のレビューはまだありません。最初のレビューを書きませんか?

この学校をレビューする

目次