クラークネクスト東京ってどう?学費・偏差値・口コミ評判のまとめ(板橋キャンパス)

クラークNEXT TOKYOの学費
800,000円〜/年間

※上記は通信コース/就学支援金適用時の金額
※住所を入力すると通学県内にある学校高校の資料をまとめて請求できます。

クラークNEXT TOKYO(クラークネクスト東京)は、通信制高校「クラーク記念国際高等学校」の東京・板橋キャンパスです。最先端のテクノロジー分野を学ぶことができる、日本でも数少ないテクノロジー特化型キャンパスになっています。

キャンパスは各分野のプロ監修のもと、専用設備を用意。全館高速Wi-Fi、eスポーツアリーナ、ロボティクスルームなど、この分野が好きな生徒にはたまらない設備が揃っている学校です。

このページではクラークNEXT TOKYOの学費や偏差値などを紹介します。

この記事はAIによる自動生成ではなく、卒業生と通信制高校選びの専門家によって執筆・編集されています。

通信制高校を検討している
すべての家庭に読んでほしいこと

「通信制入ったけど子どもが辞めた」

全日制と比較して自由に学べると評判の通信制高校ですが、中には失敗したという声もあります。

その後悔の声は「学校と合わなかった」に集約されます。

不登校支援がある学校を選べば良かった
  
「通信制高校は不登校生徒を受け入れてもらえる」という安易なイメージで選ぶんじゃなかった
  
自主学習が基本、不登校生徒へのサポートはなし、やる気がある人だけ引き上げるという感じ。不登校支援がある学校、しっかり時間かけて選べば良かったなあ

学費の安さで公立を選んで失敗

通信制高校ならどこも一緒でしょと、公立を選んだら大失敗。家から遠いし、週2日は通わないと単位取れないし、勉強もつまらない。3年間とても保ちそうにない…。

人気校だから合うわけではない

テレビの特集で見かけた人気の通信制を選んだら、思った以上にアクティブな生徒が多く、コミュ障の息子はたまの通学も嫌がるように。

通信制でも不登校になったらどうしたらいいのか…。転校も考えています。

近所にあるから、学費が安いから、そんな理由で比較をせずに選んでしまうと、学校と合わずに辞めてしまうことも多いです

後悔しないためには、通学エリアにある学校を3~5校比較するのは必須

通信制高校の一括資料請求サービスを活用すれば、住所を入力するだけで、通学エリアにある学校のパンフレットを簡単に取り寄せることができます。

学校のパンフレットを見比べるだけでも特徴はわかりますし、「この学校だけは違うな」と取捨選択もできます

住所を入力するだけで簡単に取り寄せることができるので、通信制高校の比較がまだできていない家庭は、利用してみてください。

複数校の資料を取り寄せ
学校を比較してみる

⬇⬇⬇

人気校は早めに募集を締め切る学校もあります。出願には学校説明会の参加が必須、など学校によって条件があることもあるので、募集要項は急いで取り寄せ確認しましょう

目次

クラークNEXT TOKYOってどんな学校?

住所〒173-0004東京都板橋区板橋4-11-4
問い合わせ先03-6905-6911
併設コースeスポーツコース、ゲーム/アプリコース、ロボティクスコース、スマートスタディコース
学校URLhttps://clark.ed.jp/campus/tokyo-next_tokyo/

クラークNEXT TOKYOの学費・授業料について

クラークNEXT TOKYOの学費は説明会に参加して確認することをお勧めします

説明会では具体的な説明が聞け、不明点の質問もできるので、まずは説明会へ参加し疑問点をクリアにしましょう。

クラークNEXT TOKYOの学費

クラーク記念国際高校の学費は、全日制で初年度入学金14万円、授業料44万8千円、設備費30万円、合計88万8千円です。

単位制の場合、初年度入学金1万円、授業料1単位8千円(卒業には74単位以上必要です)、設備費1万3千円、合計22万3千円です。

これとは別にスクーリング費用、教育関連費用などがプラスされます。

スクーリング費用等は年度やキャンパスにより変動します。

他の私立の通信制高校の学費相場は?

他の私立の通信制高校の学費相場はどのくらいなのでしょうか?

通信制高校の学費は週何日通学するかで費用がかわってきます。

タブレット学習をメインとし、月2回程度の登校で単位の取得と卒業だけを目指す場合、学費の相場は年間20~30万円です。

週1~3日登校での学費相場は、年間45~60万円、週3~5日登校する場合の学費は年間70~85万円が相場となります。

この費用にはスクーリング費用や制服などの費用が含まれていません。

そういったものを考慮すると100万円前後の費用がかかると考えておくと良いようです。

週5日登校で通常授業以外に専門学校と同じような専門科目を取った場合、学費のみで年間80~100万円が相場となります

クラークNEXT TOKYO徹底評価!

クラークNEXT TOKYOは10階建ての完全独立校舎、全てのフロアがプロ仕様といった造りになっており、最適な環境でテクノロジー教育が受けられるようになっています

コースは

  1. eスポーツ
  2. ゲーム/アプリ
  3. ロボティックス

の3コースにわかれています。

専門分野の学習環境が充実していることはもちろんですが、大学進学に必要な学力を身に着ける為の個別サポート体制も充実しています。

クラーク記念国際高校は卒業率98%、大学への進学も難関私立大学から海外の大学まで進学率が高いことで評価を得ています。

1.eスポーツコース(週5日通学)

eスポーツコースの特徴は、プロゲーマーから直接ゲームスキルが学べます。提携のeスポーツイベント運営会社RIZeSTの指導のもと自分たちでゲーム大会を開催したり参加したりといった経験が積めます。

ゲーム/アプリコースは株式会社ヒノタマのクリエイターを講師に迎え、ゲームを自作しGoogle PlayやApp Storeで配信、ユーザーの反応を見ながら改良、または新しいゲームを開発し配信するといったことを繰り返すことで経験値を上げていくといった授業が受けられます。

2.ゲーム/アプリコースの特徴

このコースは、ゲームやアプリの企画、デザイン、プログラミングを学ぶことができるコースです。ゲーム制作会社ヒノタマと提携し、現役ディレクター、デザイナーからゲーム開発を直接学ぶことができます。

3.ロボティックスコースの特徴(週5日通学)

ロボティックスコースは、ロボットの社会実装において第一人者であり、東京大学名誉教授の佐藤知正氏が作成したカリキュラムを学びます。ゼロからロボットを制作したり、ロボットを制御するためのプログラミングについて学べます。

作成したロボットでコンテストに参加したり、コンテスト自体を企画・運営するといった体験もできるのです。

どのコースも専門分野の第一人者から技術や知識を学べ、学んだものを体験として身に着けながらレベルアップしていくという魅力的な授業内容となっています。

クラークNEXT TOKYOの入試・偏差値情報

クラークNEXT TOKYOは、学力テストはないため、偏差値はありません

一般的に通信制高校の場合、入試方法が作文と面接のみで落とすための学力試験というよりはこれから頑張っていこうという意思の確認となります。入試はReスタートの場所を得るための試験と考えましょう。詳しくは、クラーク記念国際高等学校の偏差値・入試内容をご確認ください。

クラークNEXT TOKYOの入学試験出願条件

クラークNEXT TOKYOを受験する場合、入学試験出願条件の1つに、保護者と本人が説明会へ参加し、個別相談を受けるというものがあります

説明会という大勢の場では質問しきれなかったことも、個別で質問できる良い機会なので、個別相談は是非受けるようにしましょう。

通学がメインとなる為、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、栃木県からの入学応募を受け付けています。

クラークNEXT TOKYOが向いている生徒、向いてない生徒は?

クラークNEXT TOKYOはロボットに興味がある、ゲームが大好き、なにかを自分で作ってみたいという気持ちがある人には特にお勧めです

これから新しいことに挑戦してみたいという意欲がある生徒は、クラークNEXT TOKYOへの進学を検討してみてください。

まだ体調がよくない、やる気があまりないといった状態の生徒には向かない学校かもしれません。

全日型通信制高校とうたっているように通学が可能ということが第一前提となります。登校すること自体が厳しい場合、クラークNEXT TOKYOは向かない可能性があります。

クラークNEXT TOKYOはロボットやプログラミング、英語に興味がある生徒が個性と実力を伸ばすためのサポートがとても充実しています。

少しでも興味がある人は是非クラークNEXT TOKYOを進路の選択肢に入れてみてください。

通信制高校を検討している
すべての家庭に読んでほしいこと

「通信制入ったけど子どもが辞めた」

全日制と比較して自由に学べると評判の通信制高校ですが、中には失敗したという声もあります。

その後悔の声は「学校と合わなかった」に集約されます。

不登校支援がある学校を選べば良かった
  
「通信制高校は不登校生徒を受け入れてもらえる」という安易なイメージで選ぶんじゃなかった
  
自主学習が基本、不登校生徒へのサポートはなし、やる気がある人だけ引き上げるという感じ。不登校支援がある学校、しっかり時間かけて選べば良かったなあ

学費の安さで公立を選んで失敗

通信制高校ならどこも一緒でしょと、公立を選んだら大失敗。家から遠いし、週2日は通わないと単位取れないし、勉強もつまらない。3年間とても保ちそうにない…。

人気校だから合うわけではない

テレビの特集で見かけた人気の通信制を選んだら、思った以上にアクティブな生徒が多く、コミュ障の息子はたまの通学も嫌がるように。

通信制でも不登校になったらどうしたらいいのか…。転校も考えています。

近所にあるから、学費が安いから、そんな理由で比較をせずに選んでしまうと、学校と合わずに辞めてしまうことも多いです

後悔しないためには、通学エリアにある学校を3~5校比較するのは必須

通信制高校の一括資料請求サービスを活用すれば、住所を入力するだけで、通学エリアにある学校のパンフレットを簡単に取り寄せることができます。

学校のパンフレットを見比べるだけでも特徴はわかりますし、「この学校だけは違うな」と取捨選択もできます

住所を入力するだけで簡単に取り寄せることができるので、通信制高校の比較がまだできていない家庭は、利用してみてください。

複数校の資料を取り寄せ
学校を比較してみる

⬇⬇⬇

人気校は早めに募集を締め切る学校もあります。出願には学校説明会の参加が必須、など学校によって条件があることもあるので、募集要項は急いで取り寄せ確認しましょう

クラークNEXT TOKYOの口コミ評判


3.0
5つ星中3.0つ星です!(1人の卒業生データ)

途中で辛くなって不登校になってしまっても、単位に関係する授業にさえ出れれば卒業できます。万が一体調不良で単位の授業を休んでしまっても救済措置があります。授業は、中学分の勉強が理解できてない人向け、良い大学を目指すならスマートスタディコースをおすすめします。発表をさせられることが多いです。本当に無理という人は休みましょう。(自分はしんどかったです)自宅学習日は、課題結構出ます。未提出だと怒られますが卒業は問題ないです。

この校則は変えた方がいいんじゃないか、だったり、ここの設備が使いにくいので変えるか撤去して欲しいみたいなお願いは基本的に聞き入れて貰えません。学校見学に来てもらって設備に不満がないか確認してもらった方が良い。後から変えられない….

自分の選択したコースはeスポーツコースですが、コース授業は良いんじゃないかな?強いて言うならセンシの低い人には机が狭いかもしれません。ロボティクスとゲームアプリの授業は知りません。

その辺の通信制高校に比べると規則が厳しいです。髪染め×、ピアス×、タトゥー×、ゴムは茶か黒。髪型も厳しいはずなのですが校則違反でも何も言われてないです。制服着用。(スマートスタディは私服で○)冬服は、セーターもあり寒ければ着込めますし、授業の挨拶以外のタイミングでは上着を脱いでもOKだから暑くても調節できます。夏服は男女共にダサいです。女が特に。

靴箱がずっとなく、毎日持って帰らないと行けなかったのですが、新しく設置されます。(らしい)

板橋駅からはちょっと遠いですが問題ないぐらい。新板橋駅からはかなり近いです。

タイトルの通り女がとても少ないです。学年に2、3人しかいません。青春はないです。彼女は絶対に作れない。(学校外で作るしかない)

Avatar for 匿名
匿名
2021
板橋
eスポーツ

この学校をレビューする

目次