MENU
クラーク記念国際高校

クラーク記念国際高等学校の学費は高い?学費免除・奨学金制度も解説

クラーク記念国際高等学校の学費

50,000円~/年間

資料請求する(無料)
※通信コース/就学支援金適用時
※住所を入力すると通学県内にある学校高校の資料をまとめて請求できます。

※上記は単位修得コースの場合。週5回の通学コースは1,144,200円〜

クラーク記念国際高等学校の学費はいくら?
他の通信制高校と比べてクラークの学費は高い?
学費免除や特待制度はあるの?

こちらのページでは、クラーク記念国際高等学校の学費情報をまとめています。

クラーク記念国際高等学校の学費は、キャンパスや受講するコースによって異なるため、正確な学費は資料請求や学校に問い合わせる必要があります。

このページでは代表的な学費を記載し、他通信制高校と比較して学費は高いのかについても解説していきます。

※この記事の情報は、学校説明会に参加した保護者の声や、キャンパスへの電話問い合わせによって調査した最新の学費(2022年現在)を掲載しています。

クラーク記念高等学校の学費詳細

クラーク記念国際高校の学費は、通学するキャンパスや受講するコースによって異なります。

そこで、以下では代表的なものをいくつかピックアップして見ていくことにします。

1.週5日通学コースの学費

全日制高校と同様、制服を着て毎日キャンパスに通学するスタイルです。

高校卒業に向けた勉強だけでなく、様々な専門授業を学べることが特徴です。たとえば「東京キャンパス(高田馬場)」では、難関大進学を目指す「総合進学コース」やネイティブによる英語授業が毎日受けられる「インターナショナルコース」等、全8コースを受講できます。

年間学費は世帯年収によって異なり、国から支給される就学支援金を差し引いた学費は下記になります▼

総合進学コースの場合

590万円未満:1,144,200円

910万円未満:1,322,400円

910万円以上:1,441,200円

*制服代や宿泊を含む課外授業の積立金を含む

*コロナの影響で宿泊授業がなくなった場合は、ここから10-15万円程が差し引かれます

基本の学費は1,441,200円(2022年現在)となり、世帯年収に応じて就学支援金が差し引かれます。

一般的な私立通信制高校の平均学費は、80〜110万円程度ですので、金額だけを比較をするとクラーク記念高等学校の学費は【高い】といえるでしょう。

ただ、一般の学校にはない専門授業(大学受験や英語教育、美術デザインなど)代も含んだ価格になります。こうした専門授業を外部で受けようとすると、年間数十万円単位でかかってきますので、

高校卒業に向けての勉強+専門授業をセットで学ぶことができて、オトク

という捉え方もできるでしょう。

2.オンライン+通学(スマートスタディコース)の学費

オンライン学習を中心に、自分のペースに合わせて登校日数を選択することができるコースです。制服はなく、私服で登校します。

スマートスタディコースの内容

スマートⅠ 担任なし/オンライン授業中心
スマートⅡ 担任あり/EdTech教材を活用したオンライン授業+対面での課外授業
スマートⅢ 担任あり/EdTech教材を活用した専門分野の学習(特別進学/グローバル/プログラミング)+対面での課外授業

全日制コースと違うところは、「オンラインでの学習が中心になる」ということです。

  • 担任の指導を受ける
  • 課外授業やグループワークに参加する
  • 専門授業を受ける
  • 自習室を利用する

といったことはできますが、全日制のように毎日専門授業が用意されているわけではありません。

オンラインでの自宅学習を中心に進めたい、毎日通学をするのは抵抗がある、という生徒はこちらのコースを選択するといいでしょう。

スマートコースの学費は下記の通りです▼

スマートスタディコースの学費(世帯年収590万円未満)

スマートⅠ 183,000円
スマートⅡ 373,000円
スマートⅢ(特別進学) 573,000円
スマートⅢ(グローバル) 623,000円
スマートⅢ(プログラミング) 673,000円

スマートスタディコースの学費(世帯年収910万円未満)

スマートⅠ 361,200円
スマートⅡ 551,200円
スマートⅢ(特別進学) 751,200円
スマートⅢ(グローバル) 801,200円
スマートⅢ(プログラミング) 851,200円

スマートスタディコースの学費(世帯年収910万円以上)

スマートⅠ 480,000円
スマートⅡ 670,000円
スマートⅢ(特別進学) 870,000円
スマートⅢ(グローバル) 920,000円
スマートⅢ(プログラミング) 970,000円

3.単位修得コースの年間学費(通信+スクーリング登校)

単位習得コースは、オンライン学習が基本の通学なしのコースです。

登校はスクーリング’(月1-2回)やテストのある日だけ。クラーク独自のWebコンテンツ「クラークWebキャンパス」を私用して、自宅で学習を進めていきます。

メールを使って、担任の先生に質問や相談をすることもできます。

単位習得コース年間学費は下記の通りです(世帯年収によって就学支援金の支給額が異なり、下記の金額になります)。

590万円未満 50,000円
910万円未満 109,700円
910万円以上 230,000円

*1単位の学費は7,200円/卒業には年間約25単位の履修が必要になります。

*クラークは国の就学支援金の対象で、世帯年収によって支給額が代わり、年収590万円未満の過程は授業料が全額免除となります。上の表は減免後の額を表記しています。

通学コースと比べると、年間学費はかなり安く抑えることができます

こちらのコースはオンライン学習が中心となるため、学校以外の活動がある生徒(スポーツや芸能活動など)が対象といえるでしょう。

わからないことは先生に質問することができますが、通学によるサポートはありません。それでも良いという生徒のみ、こちらのコースを選択するようにしましょう。

クラーク記念国際高校には学費免除や特待制度はある?

次に、クラーク記念国際高校には学費免除や特待制度があるのかどうかを見ていきましょう。

1.クラーク記念高校の「学費免除制度」について

クラーク記念国際高校には、学費免除制度はありませんが、高等学校等就学支援金制度を利用することが可能になっています。

これは、保護者が納めている市町村民税所得割額に応じて1単位あたり一定金額が支給されるという制度で、世帯年収に応じて下記金額が支給されます。

年収590万円未満:12,030円/1単位

年収910万円未満:4812円/1単位

利用できるかどうかは、保護者の所得水準によりますが、当該制度を使うことで、授業料を大幅に削減することができます。

2.クラーク記念高校の「特待制度」

クラーク記念国際高校には、キャンパスによって、一部学費を免除してもらえる「特待制度」が用意されている場合があります。

例えば、鳥取キャンパスの場合には、もし特待生に選ばれると入学金が免除されることになっています。

応募手続きは、必要事項を記載した特待生受験申込用紙とともに、600字程度の作文を提出するだけというシンプルなものですので、少しでも学費の負担を軽減したいのであれば、積極的にチャレンジしてみると良いでしょう。

ただし、応募すれば誰でも特待生に選ばれるわけではありません。

鳥取キャンパスについても、選ばれるのはわずか2名程度でしかないので、本気で特待生になりたいのであれば、しっかりと考えて作文を書くようにしなければなりません。

学校資料と願書はいち早く取り寄せよう!

通信制高校の学費は、HPに全てのコースの学費が掲載されている学校もありますが、詳細は学費はパンフレットにだけ掲載している学校も少なくありません。

実際に資料を取り寄せたら、実際には想定より高くて焦った!という声もよく聞きますので、自分が通う地域にあるキャンパスの正確な学費は、資料を早めに取り寄せて確認しておきましょう

下記のリンク先から、家から近い通信制高校のパンフレットと入学願書をまとめて取り寄せることができます。

検索できる学校の一例

学校資料を取り寄せる>>