第一薬科大学付属高等学校の通信制ってどう?学費・偏差値・口コミ評判を確認する

第一薬科大学付属高等学校ってどんな学校?

第一薬科大学付属高等学校は、福岡に本校を持つ通信制高校です。福岡市(南区)と東京(渋谷区)にキャンパスを持ちます。

自学学習とスクーリングを組み合わせた学習システムが特徴で、目標に合わせたスケジュールが立てやすいのが特徴。年度当初から半年で単位修得が可能で、残りの期間を進路実現のために充てることができます。大学進学を目指す場合は受験科目の勉強に、専門学校や就職・その他を希望する場合は学校見学や職場見学を行い、進路実現に向けた時間を確保できます。

学校と家庭を結び、勉強の進み具合や将来のことなどを気軽に相談することができる通信制高校です。

通信制高校を検討している
すべての家庭に読んでほしいこと

「通信制入ったけど子どもが辞めた」

全日制と比較して自由に学べると評判の通信制高校ですが、中には失敗したという声もあります。

その後悔の声は「学校と合わなかった」に集約されます。

不登校支援がある学校を選べば良かった
  
「通信制高校は不登校生徒を受け入れてもらえる」という安易なイメージで選ぶんじゃなかった
  
自主学習が基本、不登校生徒へのサポートはなし、やる気がある人だけ引き上げるという感じ。不登校支援がある学校、しっかり時間かけて選べば良かったなあ

学費の安さで公立を選んで失敗

通信制高校ならどこも一緒でしょと、公立を選んだら大失敗。家から遠いし、週2日は通わないと単位取れないし、勉強もつまらない。3年間とても保ちそうにない…。

人気校だから合うわけではない

テレビの特集で見かけた人気の通信制を選んだら、思った以上にアクティブな生徒が多く、コミュ障の息子はたまの通学も嫌がるように。

通信制でも不登校になったらどうしたらいいのか…。転校も考えています。

近所にあるから、学費が安いから、そんな理由で比較をせずに選んでしまうと、学校と合わずに辞めてしまうことも多いです

後悔しないためには、通学エリアにある学校を3~5校比較するのは必須

通信制高校の一括資料請求サービスを活用すれば、住所を入力するだけで、通学エリアにある学校のパンフレットを簡単に取り寄せることができます。

学校のパンフレットを見比べるだけでも特徴はわかりますし、「この学校だけは違うな」と取捨選択もできます

住所を入力するだけで簡単に取り寄せることができるので、通信制高校の比較がまだできていない家庭は、利用してみてください。

複数校の資料を取り寄せ
学校を比較してみる

⬇⬇⬇

人気校は早めに募集を締め切る学校もあります。出願には学校説明会の参加が必須、など学校によって条件があることもあるので、募集要項は急いで取り寄せ確認しましょう

目次

第一薬科大学付属高等学校の基本情報

学費58,280円〜
*通信コース/就学支援金適用時
*通学にかかる費用はキャンパスによって異なります
スクーリング前期スクーリング実施月:5~7月
後期スクーリング実施月:10~12月
集中スクーリング実施月:7月、12月
入学時期新入学:4月 10月 / 編入転入:随時
本校所在地福岡県福岡市南区玉川町 22-1
キャンパス福岡、渋谷

第一薬科大学付属高等学校の学費情報

第一薬科大学付属高等学校の学費・授業料
入学金10,000円
授業料1単位7,200円
※25単位で180,000円(就学支援金により減額〜最大無料)
通信費1,000円
福利厚生費280円
設備費35,000円
諸経費12,000円
学費合計58,280円〜238,280円

第一薬科大学付属高等学校(通信制)に偏差値はある?

第一薬科大学付属高等学校に偏差値はある?

第一薬科大学付属高等学校(通信制)の選考方法は「パラマカードによる面接」のみとなります。

パラマカードとは自分の個性を表現する自己紹介的なカードで、面接では記入したカードをもとに質問をされます。学力試験による合否判定を行っていないため、第一薬科大学付属高等学校の偏差値は【ない】ということになります。

第一薬科大学付属高等学校(通信制)の入試内容

第一薬科大学付属高等学校の入試情報

出願書類

・入学願書

・学歴・入学の動機

・調査書(新入生用)

転入する場合は、転学紹介状・在学証明書が別途必要となります。また、入学考査料は15,000円です。

面接試験対策と注意点

第一薬科大学付属高等学校(通信制課程)の選考は「面接」のみとなります。入学定員は500名と余裕がありますが、面接の対策・練習は行っておきましょう。

面接では、「なぜこの学校を選んだのか」という質問が予想されるので、事前にオープンキャンパスなどに参加し、学校の雰囲気を見ておくようにしましょう。部活動に入部したい場合は部室等なども見ておくとよりイメージが沸きやすくなります。

面接試験対策として、学校のホームページを見ることも欠かせません。学校の教育理念などは学校のホームページで調べることができるからです。

面接試験においててかならず質問されることは、第一薬科大学付属高等学校に入学する動機です。それに併せて、入学してから取り組みたいことや、入部希望の部活動がある場合は部活動名を伝えると熱意が伝わります。

面接試験は緊張するかと思います。そのため、日頃から面接試験の訓練をし、学校で面接対策を十分にすると安心して本番に挑めます。

通信制高校を検討している
すべての家庭に読んでほしいこと

「通信制入ったけど子どもが辞めた」

全日制と比較して自由に学べると評判の通信制高校ですが、中には失敗したという声もあります。

その後悔の声は「学校と合わなかった」に集約されます。

不登校支援がある学校を選べば良かった
  
「通信制高校は不登校生徒を受け入れてもらえる」という安易なイメージで選ぶんじゃなかった
  
自主学習が基本、不登校生徒へのサポートはなし、やる気がある人だけ引き上げるという感じ。不登校支援がある学校、しっかり時間かけて選べば良かったなあ

学費の安さで公立を選んで失敗

通信制高校ならどこも一緒でしょと、公立を選んだら大失敗。家から遠いし、週2日は通わないと単位取れないし、勉強もつまらない。3年間とても保ちそうにない…。

人気校だから合うわけではない

テレビの特集で見かけた人気の通信制を選んだら、思った以上にアクティブな生徒が多く、コミュ障の息子はたまの通学も嫌がるように。

通信制でも不登校になったらどうしたらいいのか…。転校も考えています。

近所にあるから、学費が安いから、そんな理由で比較をせずに選んでしまうと、学校と合わずに辞めてしまうことも多いです

後悔しないためには、通学エリアにある学校を3~5校比較するのは必須

通信制高校の一括資料請求サービスを活用すれば、住所を入力するだけで、通学エリアにある学校のパンフレットを簡単に取り寄せることができます。

学校のパンフレットを見比べるだけでも特徴はわかりますし、「この学校だけは違うな」と取捨選択もできます

住所を入力するだけで簡単に取り寄せることができるので、通信制高校の比較がまだできていない家庭は、利用してみてください。

複数校の資料を取り寄せ
学校を比較してみる

⬇⬇⬇

人気校は早めに募集を締め切る学校もあります。出願には学校説明会の参加が必須、など学校によって条件があることもあるので、募集要項は急いで取り寄せ確認しましょう

目次