通信制高校の評判を調べる

FSG高等部の通信制ってどう?学費・偏差値・口コミ評判

FSG高等部の年間学費

691,200円~/年間

資料請求する(無料)

※サポート費用+提携通信制高校の合計学費
※上記から住所入力すると、通学圏内にある学校資料をまとめて請求できます

FSG高等部は、福島県知事により認可された高等専修学校で、その道のプロになれる職業訓練や学習の場が提供されるほか、単位制・通信制の教育機関となっている開志学園高等学校と連携することで、高校卒業資格も得られます。

・将来の職業について学ぶ選択肢が多い

・専門知識を身につけ、技術を高められる場が提供される

すでにやりたいこと、打ち込めるものがあり、卒業後の職業に役立つ内容を早くから学びたい方は、充実した学生生活を送れるでしょう。

FSG高等部の基本情報

住所 福島県郡山市方八町2-13-8
スクーリング 週5日(全日制)
通学コース イラスト・デザインコース、ファッション・ビューティーコース、声優・アクターコース、ゲーム・情報コース、キャリア・ライセンスコース、ダンスコース、アスリートコース(バスケットボール・チームマネジメント)
キャンパス所在地 本校のみ
学校URL https://fsg-hi.jp/

FSG高等部は、福島県知事許可を得た高等専修学校で、仕事に就くための知識を得たり訓練が受けられるほか、卒業後に大学入学資格が付与されるので、専門学校や大学・短大などに進学できます。

提携している開志学園高等学校のスクーリング授業に出席し、レポートを提出したうえで、単位認定試験を受ければ、高校の普通科卒業資格も得られます。

FSG高等部の通学コース解説

FSG高等部は全日制なので、すべてのコースで通学が必要です。

授業は、1時限目から3時限目が高校の普通科にあたる授業、4時限目から6時限目が各コース特有の授業になります。なお、金曜日は全日、開志学園高等学校のスクーリングが組まれ、主要5科目や体育などの授業が行われます。

下記で、各コースごとにどんな授業が展開されるのか見ていきます。

イラスト・デザインコース

イラスト・デザイン論や色彩学を学び、デッサンや制作実習に加え、Photoshopなどのデジタルソフトの習得もできます。さらに、検定取得やイベント参加に加え、コンテストにチャレンジして経験を積むことで、仕事に結び付けていきます。

ファッション・ビューティーコース

被服やファッションデザインなどについて座学で学びながら衣装などを作ったり、メイクやネイルの実習も行われます。卒業制作では、地域の子供たちをモデルにしたファッションショーを行い、準備や設営を含めて学び、ファッション業界への就職を目指します。

声優・アクターコース

声優としての発声や表現の仕方を学んだり、ダンステクニックを身につけることができます。音響制作の実習では実機を使い、アフレコやナレーション、ラジオ番組を収録する授業も行われます。国内で唯一の声優を目指せる高校で、業界のプロによる指導も期待でき、さまざまなコンテストに挑戦することで実力をつけていきます。

ゲーム・情報コース

3DCGの演習や、ゲーム制作ソフト「Unity」の使い方講習、オフィス系ソフトの資格取得を目指す授業も設けられています。ゲーム制作に必要とされるハイスペックなパソコンも用意され、ゲーム制作会社への企業訪問やゲームイベントの参加もできます。

キャリア・ライセンスコース

医療事務やビジネス検定などに役立つ授業が組み込まれ、たくさんの資格が取れるほか、ビジネスマナーを身につけることもできます。ビジネスライセンス・計算実務の授業では、名刺の渡し方や受け取り方、社外文書の作成や計算機の基本操作を習得でき、事務系の仕事に就くのに役立ちます。

ダンスコース

体の動かし方やリズム感、基本ステップを身につけることから始め、イベントやダンス競技会へ参加するなど、プロのダンサーを目指せるカリキュラムが設けられています。ボディメイクやエクササイズの実習もあります。

アスリートコース(バスケットボール・男子のみ)

プロのコーチ陣や専用の施設、分析ソフトやコンディション管理アプリを活用し、効果的なトレーニングやバスケットボール実習を積み重ね、栄養学を学びながら、プロバスケットボール選手を目指します。

アスリートコース(チームマネジメント)

コーチングやトレーニング、マネジメントや栄養学、ゲーム分析実習などの授業が行われます。各種スポーツの指導者を目指すのに役立つスケジュールやコンディション管理を学べるほか、対戦チームの分析や対策を練るアナリストとして活躍できる知識を身につけたり、応急処置や再発防止の知見や技術も習得します。

FSG高等部の学費情報(2023年度)

(FSG高等部 令和5年度の募集要項より抜粋)

FSG高等部の学費

入学金 100,000円
入学金(開志学園) 10,000円
授業料 600,000円
授業料(開志学園) 100,000円
就学支援金 ▲118,800円
年間合計 691,200円※就学支援金適用時 

FSG高等部の生徒は、提携通信制高校である開志学園高等学校にも在籍する必要があります。開志学園の学費は年間110,000円ほどですが、国から支給される就学支援金により、ほぼ全額無料で在籍することができます。

FSG高等部では、学費支援制度や奨学金などを活用して学ぶことも可能です。公的機関や学校独自の仕組みを含め、以下の制度が利用できます。

無利子奨学制度

経済的に就学が困難な方で、人物的に優れている方が無利子で借りられる奨学金です。年額30万円が、入学年次は6月、進級時は3月末に貸与されます。

FSG紹介入学制度

家族がすでにFSGカレッジリーグ(提携校)を卒業したり、在学している場合、入学選考料・入学金・授業料の一部が免除される制度です。こちらは専願受験者のみが活用できますが、免除額の範囲は、家族の卒業・在籍状況により異なります。

福島県奨学資金

福島県内に6か月以上住所があり、経済的な理由で就学が難しい人で、品行が正しく学力がある方が利用できる奨学金制度です。生計を支える世帯主などの所得制限があり、自宅通学かそうでないかで借りられる金額の上限が異なります。

このほかにも、FSG高等部を卒業後、専門分野を極めたい人向けのシステム「FSGカレッジリーグ進学支援制度」を利用することも可能です。こちらは、進学後の学費一部免除などの制度になります。加えて、提携教育ローンや、日本政策金融公庫を利用する国の教育ローンも活用できます。

FSG高等部の偏差値・入試情報

FSG高等部の入試制度ですが、推薦入試(専願)・一般入試(専願)・一般入試(併願)の3つに分類されます。

推薦入試の場合は、書類と面接試験で選考が行われ、一般入試はいずれも、書類選考・面接試験・作文試験により合否判定されます。

一般入試で行われる作文試験は、事前提出の形で、出願書類に同封します。試験会場に行って作文を書くわけではないので、落ち着いて取り組むことができるでしょう。辞書などを使い、誤字脱字に気を付けながら、わかりやい文章にすることも可能といえます。

FSG高等部の入試当日には、学力診断が実施されることが、選考方法の記載の欄外に書かれています。

学力診断は入試の合否には直接関係ないと説明されているので、偏差値はないと考えられます。試験により現時点での学力を把握し、入学後の指導の参考にするということですが、入試当日にはじめて試験が行われることを知って驚かないよう、心づもりをしていくとよいかもしれません。

入試としては、面接試験がメインになるので、学校に入って取り組みたいこと、卒業後の目標などを説明できるようにしておきましょう。

FSG高等部の通信制が向いている生徒/向いていない生徒

FSG高等部は、

・なりたい職業が決まっている人

・充実した高校生活を送りたい人

・卒業後も学びを深めたい人

などに向いています。

職業別のコースが豊富で、FSGカレッジリーグといわれる提携校への進学も可能だからです。高等専修学校と高等学校普通科過程をダブルで取得するハードスケジュールになりますが、得られるものは多いでしょう。FSG高等部から遠い方は寮に入ることができ、学ぶ意欲がある人への支援制度は整っています。

向いていない可能性がある生徒

一方、FSG高等部に向いていないと考えられるのは、

・将来の職業選択ができていない人や高校で学んでいく段階で決めたいと思っている人
・自分のペースで勉強したい人

かもしれません。

FSG高等部では、授業の約半分が職業訓練やそのための基礎知識を積む過程となるため、「これがやりたい」と強い思いがないと続かない可能性があります。

ダブルスクールの形をとっていて、高校普通科過程のためのレポート提出や単位試験もあるので、効率よく勉強する能力も必要です。