一ツ葉高等学校

一ッ葉高等学校の学費って高い? 学費免除や奨学金制度も調べました。

こちらのページでは一ッ葉高等学校の学費・授業料をまとめています。

情報はホームページと学校資料から抜き出していますが、キャンパスによって学費は変わりますので、だいたいの学費と思ってください。

あなたが通うキャンパスの正確な学費は、パンフレットを取り寄せて確認しましょう!

一ツ葉高等学校の学費って高い?

一ツ葉高等学校の2021年度入学現在の年間学費は以下の通りです。

大学進学コース:860,000円

一般コース:760,000円

週一日コース:550,600円

※その他の費用(教科書代、インターネット教材代、スクーリング費用、模擬試験代、行事運営費、卒業記念品代、受験用教材費)を除く。

週1通う場合、平均の学費は年間「約45万円」と言われているので、他の通信制高校と比べると、学費は高いといえるでしょう

一ツ葉高等学校の学費が高い理由は?

学費が高い理由は、キャンパス費用が少し割高になっているためです。

キャンパスを利用する大学進学コースと一般コース、週一日コースは、学費が高くなってしまいます。

ですが、一ツ葉高等学校のキャンパスは、他の通信学校よりも充実度が高いと評判です

開放的な作りのキャンパスになっているので、先生や仲間と交流がしやすく、アットホームな環境となっています。集団での学習環境が充実しているので、モチベーションの向上に繋がるでしょう。

また、キャンパスごとに開催されるイベントも一ツ葉高等学校ならではの魅力です。イベントによるキャンパス間での交流が盛んなので、楽しい学校生活が送れます。

一ツ葉高等学校が「キャンパス満足度97%」「卒業率98%」と高い実績を誇る理由は、ここにあります。このように、学校生活を充実させるキャンパスが整っているため、納得できる学費かと思います。

一ツ葉高等学校に学費免除制度はある? 奨学制度も解説

経済的な理由で学費の準備が難しい場合は、給付型の奨学金を受けることで、キャンパス費用を減額してもらうことができます。さらに、国の補助制度である「就学支援金」に申請すれば、授業料を減額できます。

こういった支援制度をうまく利用すれば、学費の負担も抑えられるので、金銭的な問題で進学するかどうかを悩むことがなくなるでしょう。

一ツ葉高等学校は、「学習環境が充実しているキャンパスで学びたい」「向上心のある仲間と一緒に成長したい」という人におすすめできる通信制高校と言えます。

一ツ葉高等学校には、学費を減額できる支援制度があります。利用できる支援制度は、「奨学金制度」と「特待生制度」です。それぞれどういった内容の支援を受けられるのか、また支援を受けるにはどのような条件があるのかを解説していきます。

※奨学生と特待生の併用はできません。

1.奨学金制度

奨学金制度は、学習意欲のある学生に対し、進学に必要な学費を支援してくれる制度です。給付型の奨学金なので、返済する必要がありません。

奨学金制度には、大きく「奨学生S」と「奨学生A」の2つがあります。奨学生Sは、国公立大学・上位私立大学を目指す生徒、またはスポーツや芸術の分野において全国レベルでの活躍が期待できる生徒を対象とした制度です。

学力試験と書類審査によって合格者が決定します。合格すると、「施設設備費・教育充実費の全額免除」「キャンパス費用の半額免除」を特典として受けられます。

奨学生Aは、上位私立大学を目指す生徒、またはスポーツや芸術の分野において高いレベルでの活躍が期待できる生徒を対象とした制度です。こちらも、学力試験と書類審査によって合格者が決定します。

合格すると、施設設備費・教育充実費の全額免除」「キャンパス費用分50,000円」を特典として受けられます

特待生制度

特待生制度は、入学試験や在学中の成績優秀者に対し、進学に必要な学費を支援してくれる制度です。こちらも奨学金制度と同じく、返済する必要がありません。

特待生制度には、「A特待生」と「B特待生」があります。

A特待生は、東大・京大などの難関大学を目指す生徒、またはスポーツや芸術の分野において全国レベルでの活躍が見込める生徒を対象とした制度です。A特待生に認定されると、授業料15~20万円が免除になります。

B特待生は、上位私立大学を目指す生徒、またはスポーツや芸術の分野において高いレベルでの活躍が見込める生徒を対象とした制度です。B特待生に認定されると、授業料5万円が免除になります。

一ツ葉高等学校の学費・授業料 (2021年度版)

こちらでは、一ツ葉高等学校の学費・授業料をまとめています。

例として、キャンパス費用などが高い渋谷代々木キャンパスの学費を掲載いたします。他の福岡キャンパスなどは代々木キャンパスの学費より安くなります。

大学進学コースの学費

高校の通常学習に加えて、大学受験指導の料金も含まれています。

項目 標準設定額
入学金 50,000円
キャンパス費用(年間) 510,000円
施設設備費(学年更新時) 50,000円
教育充実費(学年更新時) 50,000円
模擬試験代、受験用教材費など 実費
授業料(25単位) 200,000円
合計学費 860,000円

一般コースの学費 ※毎日登校型

資格取得・進路決定のサポート料金も含まれています。

項目 標準設定額
入学金 50,000円
キャンパス費用(年間) 410,000円
施設設備費(学年更新時) 50,000円
教育充実費(学年更新時) 50,000円
模擬試験代、受験用教材費など 実費
授業料(25単位) 200,000円
合計学費 760,000円

週1日コースの学費

経済的負担を少なくして仕事との両立、家事との両立で高卒資格が取得できます。

項目 標準設定額
入学金 50,000円
キャンパス費用(年間) 220,000円
施設設備費(学年更新時) 30,600円
教育充実費(学年更新時) 50,000円
模擬試験代、受験用教材費など 実費
授業料(25単位) 200,000円
合計学費 550,600円

その他に必要な費用

  • 教科書代
  • インターネット教材
  • 模擬試験代(ベネッセ等)
  • スクーリング費用
  • 行事運営費(本科生コースは除く)
  • 卒業記念品代(卒業年度生)
  • 受験用教材費(大学進学コースのみ)

一ツ葉高等学校の募集要項

一般入試

出願期間 4月入学生:1月〜4月中旬
10月入学生:8月〜10月中旬
試験日 随時
選考方法 面接、作文(出願時に提出)
選考料 10,000円

学力奨学生入試

2017年より奨学生入試という仕組みが始まりました。奨学生とは学力、スポーツ、芸術などのそれぞれの分野で優れた結果を出すことが見込める生徒のことです。

入試日程 2021年1月30日、2月13日、3月6日、3月23日
試験科目 国語・数学・英語
選考料 10,000円

奨学生は入学年度の施設設備費・教育充実費に奨学金全額支給、入学年度のキャンパス費用に奨学金半額支給など、金銭面でのメリットがあります。

一ツ葉高等学校の入学を考えている生徒へ

一ツ葉高等学校は、

  • 少人数制一斉授業
  • 個別指導

が中心の学習スタイルの通信制高校です。

全日制の高校と比べて、生徒一人ひとりに目が行き届くため、学力やペースに合わせた学習をすることができます。

週5日の通学コースは年間860,000円となりますが、学校内で受験勉強を進めることができる=予備校に別途通う必要がないことを考えれば、学費も納得できるものと思います。

受験に強い通信制高校を選びたい、通信制高校から大学に進学したいという方は、検討して良い通信制高校といえるでしょう。

学費の安い通信制高校へ資料請求!
簡単無料1分で資料請求