ヒューマンキャンパス高等学校の偏差値は?入試内容や難易度を調べました。

ヒューマンキャンパス高等学校の偏差値情報

ヒューマンキャンパス高等学校の学費
102,000円〜/年間

※上記は通信コース/就学支援金適用時の金額
※住所を入力すると通学県内にある学校高校の資料をまとめて請求できます。

  • ヒューマンキャンパス高等学校に偏差値ってあるの?
  • ヒューマンキャンパス高等学校の入試内容は難しい?
  • 入試対策と準備はどんなことをすればいい?

この記事では、通信制高校「ヒューマンキャンパス高等学校」に入学するために必要な偏差値や入試情報をまとめています

試験内容は難しいのか、偏差値はあるのか、学力テストに準備は必要なのかということについて、在校生の声も交えながら詳しく説明していきます。

通信制高校の試験は簡単なものが多く、作文や面接で合格することがほとんどですが、学校によって試験内容は違うため、学校資料や入試要項は早めに取り寄せましょう。

ヒューマンキャンパス高等学校 硬式HP画像
学費102,000円〜詳細
*通信コース/就学支援金適用時
*通学にかかる費用はキャンパスによって異なります
スクーリング専門コース:週3~5日
専門チャレンジコース:週1~5日
通学コース:週1~5日
通信コース:年10日程度
開講コース専門コース:専門科目を最も多く学ぶことのできるコース
専門チャレンジコース:高校の学習に加え、好きなことを一つプラスして学ぶコース
通学コース:週1〜5日で通学日数を選べるコース
通信コース:自宅での学習をベースとするコース
入学時期新入学:4月 10月 / 編入転入:随時
本校所在地千葉県茂原市緑ケ丘 1-53
学習センター所在地室蘭/札幌駅前/札幌大通/旭川/仙台駅前/秋葉原東/新宿/高田馬場/川崎/横浜西口/宇都宮/大宮東口/高崎/十日町/魚沼/新潟/富士河口湖/静岡駅前/名古屋駅前/大阪心斎橋/京都四条通/神戸三宮/広島八丁堀/福岡天神
2024年度
目次

ヒューマンキャンパス高等学校とは

ヒューマンキャンパス高等学校は、学校教育法に定められた通信制高校です。条件を満たすことで卒業後に高校卒業資格を取得することができるのが特徴の一つです。

ヒューマンキャンパス高等学校は、総合学園ヒューマンアカデミーといった専門教育機関と連携し学習を受けることができます。

ヒューマンキャンパス高等学校の専門コース一覧
参考:ヒューマンキャンパス高等学校の専門コース一覧

高等学校の学習だけではなく、40分野100職種以上に対応した専門学習も受けることができるという点もメリットです。

整えられた教育環境により、将来の夢を見つけて実現することにつなげます。

ヒューマンキャンパスでは「+アルファ」で学べる

ヒューマンキャンパス高等学校は高校の学習と並行して、声優やメイク、ゲームなど様々な専門分野をプラスアルファで学ぶことが可能です。

自分の興味のあるジャンルを自分のペースで学ぶことができます。

将来の進路へのフォロー体制も充実しているので、生徒一人一人の「好きなこと」「やりたいこと」をバックアップしてくれるのが魅力です。

ヒューマンキャンパス高等学校の学習センターは全国に40か所以上もあり、立地も駅の近くとアクセスも良好なので通学しやすくなっています。

北海道から沖縄まである校舎の中から、自宅から一番近い校舎を選び母校にすることが可能です。

ヒューマンキャンパス高等学校の偏差値について

ヒューマンキャンパス高等学校に偏差値はない

ヒューマンキャンパス高等学校の偏差値についてですが、まず重要なのは、原則的に通信制高校に偏差値という概念はないということです

通信制の学校においては学力テストを実施しない学校が多いため、偏差値を公開しているケースもほとんどないのです。

通信制高校の入試では面接や作文などが行われるのが主流ですが、筆記テストなど学力によって合否を判定することは少ないです。ヒューマンキャンパス高等学校では偏差値はありません。

ただ大学への進学などを希望する場合、自分の偏差値を把握しておきたいという人もいます。その場合には公開模試などを受けることで偏差値を知ることが可能です。

偏差値がない学校では学力は伸びない?

通信制高校には偏差値が存在しないため、高校で学力を向上させることができるのかという点が気になる生徒や保護者も多くいます。

ヒューマンキャンパス高等学校では少人数制を導入し、生徒一人一人に合わせて授業を行うのが特徴です。

学習の内容に理解が追い付かない場合にも自分のペースで学習することができるため、そのまま置いて行かれるということがありません。

自分の弱点に取り組むと同時に得意な部分を伸ばす効率な学習ができるため十分な学力アップが望めます。

ヒューマンキャンパス高等学校の入試対策

ヒューマンキャンパス高等学校の入試対策

ヒューマンキャンパス高等学校への入学資格は、中学校卒業の見込みがある者、中学校を卒業し高等学校に入学をしたことがない者です。

転入学の資格条件は、現在高等学校に在籍している者となります。

また編入学の資格条件は、高校を中途退学された者です。

ヒューマンキャンパス高等学校への入学を検討する場合には、まず資料請求をしてみましょう。

その後、た学校見学や体験授業に参加し学校の雰囲気を確認しておくと安心です。

入試を受験する際には、必要書類を提出して出願届をします。

入試は、書類選考・面接・作文の3つによって選考を行うのが特徴です。

書類選考は指定書式による調査票でおこなわれ、調査票では中学3年生時の成績や受験生の性格や人物像、学校での出欠状況を記入します。

ぶっつけ本番はダメ!面接もキチンと練習しよう

面接は保護者同伴で行うのがポイントです。

面接の対策としては、聞かれたことに素直に答えることを心がけましょう。

面接は緊張するので事前に練習を行っておくことが重要です。

保護者同伴の面接になりますが、保護者ばかりが話すことのないように注意してください。

合格するには積極性を出そう

作文では受験生の将来の夢や、自分の挑戦してみたいことなどを文章で答えます。

ヒューマンキャンパス高等学校の入試では、難しい問題や時事問題などが出題されることはほぼありません。

入試で判断されるのは、受験生のやる気です。

そのため、対策として必要なのは自分の気持ちを言葉や文章にする練習になります。将来のビジョンを明確に、入学後どのような高校生活を送りたいのかを事前にはっきりとさせておくことが有効です。

通信制高校を検討している
すべての家庭に読んでほしいこと

「通信制入ったけど子どもが辞めた」

全日制と比較して自由に学べると評判の通信制高校ですが、中には失敗したという声もあります。

その後悔の声は「学校と合わなかった」に集約されます。

不登校支援がある学校を選べば良かった
  
「通信制高校は不登校生徒を受け入れてもらえる」という安易なイメージで選ぶんじゃなかった
  
自主学習が基本、不登校生徒へのサポートはなし、やる気がある人だけ引き上げるという感じ。不登校支援がある学校、しっかり時間かけて選べば良かったなあ

学費の安さで公立を選んで失敗

通信制高校ならどこも一緒でしょと、公立を選んだら大失敗。家から遠いし、週2日は通わないと単位取れないし、勉強もつまらない。3年間とても保ちそうにない…。

人気校だから合うわけではない

テレビの特集で見かけた人気の通信制を選んだら、思った以上にアクティブな生徒が多く、コミュ障の息子はたまの通学も嫌がるように。

通信制でも不登校になったらどうしたらいいのか…。転校も考えています。

近所にあるから、学費が安いから、そんな理由で比較をせずに選んでしまうと、学校と合わずに辞めてしまうことも多いです

後悔しないためには、通学エリアにある学校を3~5校比較するのは必須

通信制高校の一括資料請求サービスを活用すれば、住所を入力するだけで、通学エリアにある学校のパンフレットを簡単に取り寄せることができます。

学校のパンフレットを見比べるだけでも特徴はわかりますし、「この学校だけは違うな」と取捨選択もできます

住所を入力するだけで簡単に取り寄せることができるので、通信制高校の比較がまだできていない家庭は、利用してみてください。

複数校の資料を取り寄せ
学校を比較してみる

⬇⬇⬇

人気校は早めに募集を締め切る学校もあります。出願には学校説明会の参加が必須、など学校によって条件があることもあるので、募集要項は急いで取り寄せ確認しましょう

目次