定時制高校

卒業生が解説!福島県立郡山萌世高等学校(定時制)の学費・偏差値・口コミ評判

福島県立郡山萌世高等学校の学費

75,000円~/年間

資料請求する(無料)

  • 福島県立郡山萌世高等学校ってどう?
  • 学校の雰囲気や設備は?
  • 福島県立郡山萌世高等学校の学費はいくら?
Oka(卒業生)
Oka(卒業生)

福島県立郡山萌世高等学校を2010年度に卒業したOkaと申します。母子家庭に育ち、家庭への負担を減らす為、学費の少ない郡山萌世高等学校を選びました。

この記事では、福島県立郡山萌世高等学校の雰囲気や学校の設備、学費について【卒業生の本音ベース】で解説しています。

この学校に入学するかの判断基準にしていただければと思います。

福島県立郡山萌世高等学校の基本情報

住所 〒963-8002 福島県郡山市駅前二丁目11-1(郡山駅西口ビル ビッグアイ8F~14F)
通学コースの種類 定時制課程【昼間主コース・夜間主コース】
通信制課程
スクーリング 日曜日または月曜日に月1~2回程度
年間約20日(特別な事情がある限り土曜日も可)
学校URL https://housei-h.fcs.ed.jp/

福島県立郡山萌世高等学校は郡山駅西口にある再開発ビル”ビッグアイ”の8F~14Fに学校があります。

普通科定時制課程は昼間主コース、夜間主コースの2部制です。単位制の高等学校です。

昼間主コースは3年間で卒業を目指すことができます。

夜間主コースは4年間で卒業を目指すことができますが、昼夜共通授業の5、6時間目を履修することで3年間での卒業を目指すこともできます。

同じく通信制も4年間での卒業ですが成績やレポート提出状況などの基準を満たし、履修の希望をすれば3年間での卒業を目指すことができます。

福島県立郡山萌世高等学校の学費について

入学料 2,100円
授業料 30,000円(年間)
教科書代など 30,000円(年間)
諸会費 42,900円(年間)
初年度学費 75,000円 ※就学支援金適用時

福島県立郡山萌世高等学校は、公立の定時制ということもあり、学費はかなり安く抑えることができます。

就学支援金を活用することで、授業料は実質無料。

教科書代などの諸費用のみで通学することができます。

福島県立郡山萌世高等学校に偏差値はある?入試内容を解説

Oka(卒業生)
Oka(卒業生)

福島県立郡山萌世高等学校は定時制の高校なので「偏差値」と呼ばれる基準はありません

入試前に中学生対象体験入学が7月頃にあります。

興味のある方は体験入学へ参加していただくと本校の雰囲気など確認し、入試に向けて前向きに考えることができます。

こちらは保護者向けですが入学者選抜に係る学校説明会も11月頃開催されます。

入学願書は直接本校へ取りに行くか公式HPからコピーすることが可能です。

前期出願は2月上旬、後期出願は3月中旬です。

通信制の出願は2月上旬~3月下旬です。

前期選抜は特色選抜と一般選抜があります。

特色選抜(志願者)

  • 5教科の学力検査
  • 特色面接

特色面接では出願にときに提出した特色選抜志願理由書の内容を元に面接をします。

  • 志望動機
  • 高校生活で特に学びたいこと、活動したいこと など

特色選抜志願理由書に記載したことを具体的に伝えられるかどうかもポイントになります。

一般選抜

  • 5教科の学力検査
  • 面接

面接内容は志願理由、高校生活の目的意識 など

後期選抜

  • 面接

面接内容は、志願理由、高校生活の目的意識、中学校の学習活動で頑張ったこと など

  • 小論文

指定されたテーマについて、400字程度で自分の感想や思いを作文にする。

定時制ですが合格基準は全日制とあまり変わりません。

福島県立郡山萌世高等学校の特徴や時間割

Oka(卒業生)
Oka(卒業生)
私は普通科定時制課程の昼間主コースに通っていました。

福島県立郡山萌世高等学校は郡山市内唯一の定時制高校であり、通信制は福島県内唯一です。

定時制には多い服装や頭髪の自由はなく、制服はありませんが高校生らしい服装、頭髪での登校です。

頭髪のカラー、パーマ、エクステなども禁止です。

スクールソーシャルワーカーが在籍している

郡山萌世高等学校ではスクールカウンセラーさん、スクールソーシャルワーカーさんが週1回程度来校します。

予約制ですが学校の先生に相談しにくいときにも利用できるので心強いです。保護者の方も利用できます。

また月1回の水曜日に放課後カフェがあります。相談はもちろんのことゲームをしたり雑談をしたり様々のことをして過ごすことができます。

必修科目以外は選択授業が多め。授業で資格を取れる

郡山萌世高等学校の時間割は必修科目以外は選択授業が多いです。

選択授業は自分の興味がある科目やレベルの合っている科目を選ぶことができ、授業が楽しみになります。

同じ時間に教室が分かれるので生徒数も減り、先生との距離も近くなります。放課後などの時間を使って課外授業や個別に丁寧に指導していただけます。

資格取得を目指すこともできます。指定した資格を取得すると学期ごとの単位にも反映されるので積極的に取得すると単位に余裕が持てます。

福島県立郡山萌世高等学校の設備や授業の質

Oka(卒業生)
Oka(卒業生)
ビルの高層階に学校があります!ちょっと珍しいと思います

郡山萌世高等学校の入り口はビッグアイ1Fと駅から繋がっている2Fのペデストリアンデッキにあり、入り口を入ると中に専用のエレベーターがあります。

校舎のある8F~14Fの移動は主にエレベーターです。

ビッグアイに併設されている高等学校なのでクーラーなど設備には問題はなく快適に過ごせましたし、教室も綺麗です。

高所にあるため窓の開閉はできませんが常に快適な室温で過ごせていました。

8Fに食堂があり、夜間主コースの生徒は食券制で給食もあります。

昼間主コースは1年生~3年生で各3クラス(40名)、4年生は1クラスです。1年生のみ1クラスを20名ずつ2つに分け、各1名担任がついています。

夜間主コースは昼間主コースの1年生と同じです。

様々な事情がある生徒が多いので先生も個々として接してくれます。とても相談しやすいと感じながら高校生活を送っていました。

福島県立郡山萌世高等学校の学校行事やイベント・部活動

Oka(卒業生)
Oka(卒業生)
ビル内なので体育祭の規模は小さめです。でも文化祭はとても楽しかったです

郡山萌世高等学校には体育大会や文化祭などの行事ごとがあります。校庭がないの学校なので体育大会は体育館限定になりますが毎年楽しく取り組んでいました。

私の高校時代はバスケットボールかバトミントンの好きな方に出れました。

文化祭ではコスプレもオッケー!

文化祭は各クラスや部活動で出し物をしました。準備期間から当日までとても楽しかったです。

1年生~4年生までコスプレをしている人も多く、それぞれの教室が普段とは違う様子で普段過ごしている場所なのにとても新鮮でした。

修学旅行の行き先は毎年おなじ行き先ではない

郡山萌世高等学校では職場体験や修学旅行もあります。修学旅行は沖縄でしたがそのときによって行き先は変わるので楽しみにして欲しいです。

部活動ができる

部活動は運動部をはじめ、文化部、愛好会があります。

私は当時美術部に所属していましたが縛りもなく自由に絵を描いて過ごせたのでとても居心地が良かったです。

福島県立郡山萌世高等学校の雰囲気やいじめについて

Oka(卒業生)
Oka(卒業生)
定時制、通信制高校は様々な事情を持って通学する生徒が多いです。私が通ってた時にはいじめはありませんでした

定時制、通信制高校は様々な事情を持って通学する生徒が多いです。私もそうでしたが周りもそうでした。そういう意味でも理解がある生徒が多かったです。

同学年に年齢差のある方がいても気にしませんでしたし皆同じように接していました。

いじめに発展するような事案もありませんでした。

先生方も何か抱えている生徒が多いことをわかって接していたので気にかけてくれます。どうしても気持ちの整理がつかないときや不安が多いときは保健室の先生に頼っていました。

スクールカウンセラーさん、ソーシャルワーカーさん、放課後カフェと相談する機会も増えているので気軽に活用して欲しいです。

昼間、夜間あまり接する時間は多くないですが共通授業などを通して友達もできました。

郡山萌世高等学校は駅にあるので立地も良く、通学もしやすいので市外から通学している生徒も多かったです。

福島県立郡山萌世高等学校 卒業後の進路について

Oka(卒業生)
Oka(卒業生)
私は卒業後、専門学校に進学し、販売職へ就職しました。

郡山萌世高等学校を卒業後の進路は様々で短大、大学、専門学校へ進学する生徒もいれば自衛隊や県外、県内へ就職している生徒も多いです。

進路関係の行事が増えてくる頃、先生との面談も増えてきますが生徒の意思を尊重してくれます。学校説明会や職業説明会なども増えていきますので積極的に参加をした方が視野が広がります。

進学希望であれば自分の資料を集めることはもちろん、先生も一緒に考えてくれます。就職希望の場合もそうです。就職するにしてもどこがいいか悩んでいると一緒に探してくれます。

早めに自分の進路について考えられるようであれば進路にあった選択授業や資格取得を目指して高校生活を過ごすのも手ですよ。

福島県立郡山萌世高等学校に進学を考えている生徒へ

Oka(卒業生)
Oka(卒業生)
郡山萌世高等学校は県内でも数少ない定時制高校です。

中学からの進学はもちろん、何か事情があって現在の高校から編入を考えている方、現在社会人として働いている方にも学びやすい高校です。

現在不登校や保健室登校の方でも自己申告書を受験の際に提出すれば入学することもできます。

ぜひ前向きに考えてください。

単位制なので卒業する為には計画性と強い気持ちが大事ですが駅ビルの中にある少し変わった学校にこんな学校もあるんだ!と視野が広がると思いますよ。