定時制高校

卒業生が解説!神戸市立摩耶兵庫高等学校の学費・偏差値・口コミ評判

神戸市立摩耶兵庫高等学校の学費

20,100円~/年間

(※他の定時制高校の平均値から算出)

資料請求する(無料)

  • 神戸市立摩耶兵庫高等学校ってどう?
  • 学校の雰囲気や設備は?
  • 神戸市立摩耶兵庫高等学校の学費はいくら?
Rindo(卒業生)
Rindo(卒業生)

神戸市立摩耶兵庫高等学校/平成24年度卒/中学2年ころから、不登校気味になり、

全日制に行ける学力と出席日数が足りず、親の勧めでせめて高卒の肩書きをつけるために

定時制に行きました。

この記事では、神戸市立摩耶兵庫高等学校の雰囲気や学校の設備、学費について【卒業生の本音ベース】で解説しています。

この学校に入学するかの判断基準にしていただければと思います。

神戸市立摩耶兵庫高等学校の基本情報

住所 〒650-0044兵庫県神戸市中央区東川崎町1-3-8(JR神戸駅から約400m )
通学コースの種類 定時制の高校・昼間部・夜間部
スクーリング 通信制なし。対面授業のみ
学校URL https://www.kobe-c.ed.jp/myh-hs

神戸市立摩耶兵庫高等学校は兵庫県にある定時制の高校です。

昼間部:13:10~16:30(4コマ)夜間部:17:35~20:55(4コマ)45分授業です。一日4コマの授業で、じっくり4年間をかけて高校卒業を目指します。

普通科の高校であり、各授業の出席時間数と成績が一定以上であれば進級できます(履修と修得)

自分のクラス担任がおり、HR教室・個人ロッカーがあります。

働きながら学ぶ生徒を応援します。服装や頭髪(染色脱色等禁止)を指導をします。原則夜間部は就労(バイトでも可能)が必須となります。

神戸市立摩耶兵庫高等学校の学費について

授業料 年間32,400円

神戸市立摩耶兵庫高等学校は、公立の定時制ということもあり、学費はかなり安く抑えることができます。

就学支援金を活用することで、授業料は実質無料。

教科書代などの諸費用のみで通学することができます。

神戸市立摩耶兵庫高等学校に偏差値はある?入試内容を解説

Rindo(卒業生)
Rindo(卒業生)

神戸市立摩耶兵庫高等学校は定時制の高校なので「偏差値」と呼ばれる基準はありません

入学願書は2月後半に、出身中学校を経て本校校長に出願し、受検票を受領することになります。

  • 中学校での進路相談時に必ず伝えてください。
  • 入学願書について、出身中学校の証明に代えて中学校の卒業証明書を添付することができるそうです。
  • 入学考査料300円です
  • 進路変更は期間内に1回限り変更可能です(具体例:昼間部→夜間部へ変更)

募集人数は昼間部80名 夜間部80名となります。

10月から2月までの間に全9回(主に金曜日)学校見学会が開催されています。

定員となり次第受付終了となるので、検討されている方は、見学会だけでも参加をして実際の風景を見たほうが良いと思うのでお勧めします。

摩耶兵庫高等学校の入試科目

入試内容は以下の5教科になります。

  • 国語
  • 社会
  • 数学
  • 理科
  • 英語(聞き取りテストは含まない。)

神戸市立摩耶兵庫高等学校の特徴や時間割

Rindo(卒業生)
Rindo(卒業生)
私は規則正しく通っていました。ルーティンを守った方が身体はラクです

通学コースは夜間部(普通学科)での選択をしました。学校がある日のスケジュールですが、朝はゆっくりめで10時くらいに起床して、朝と昼兼用の母親が用意してくれたご飯を食べてからバイトに行ってました。

バイト勤務時間は4時間程度です(ここで定時制に通っていることを必ず伝えないと残業を頼まれる可能性があるので遅刻できない旨を了承してもらえるバイトを探すことをお勧めします)

摩耶兵庫高等学校の時間割

授業は各45分間で4時限になります。1時限目と2時限目の間には時間は短いですが食事時間があるので、ここでパンやおにぎりなど簡単な食事をしてラストまで勉強に励みます。

終了は21時ですがクラブ活動をする人は21時45分までしていますが、私自身は特にクラブ活動をしていませんでしたが好きになった男の子がバスケをしていたので、居残って 仲良しになった友達と一緒におしゃべりしながら応援をしていました。

更に学校を出てからも盛り上がりすぎて帰宅が遅くなり、母に怒られることも度々ありましたがそれぞれのバイトの情報交換など有意義な時間が過ごせたと思います。

神戸市立摩耶兵庫高等学校の設備や授業の質

Rindo(卒業生)
Rindo(卒業生)
ずっと不思議だったナゾが解決したのがこの学校に入って一番の良かったところです(笑

もともと隣接している小学校に通学していましたが、この学校には運動場が前面になく学生の出入りが外からは見えないため不思議に思っていました。

摩耶兵庫高等学校の設備

自分自身が中に入るとまず大きな玄関ホールがあり様々な絵画が展示されていて大きなEVがあり通常の学校とは少し特殊な作りにはなっています。

各階に学年ごとに分かれていたり、美術室、図書室、食堂、大きな体育館があり、今では当たり前になっているパソコンが置いてある情報学習室があります。

教室は1クラス25人程度入れる大きさで1学年目はかなり人数が多いため、狭いなと感じる気もしましたが、4年目になると仕事しながら学業がきつくて挫折する方もいるので4年目になると教室もすっきりした感じにはなっていました。

卒業には”とりあえず”でも通うことが大事

私は夜間部でしたので生徒は仕事をしてからの投稿となる為、正直に言うと居眠りする子も多々いました。それでも先生はあまり怒らず、来てくれることが大事だと思ってくれているのである程度は大目にしてました。

私自身も授業前に友達とおしゃべりに花が咲きよく遅刻をしていましたが来てくれてありがとう的な対応でした。最後の年は単位がぎりぎりになり1日も休めなくなり仕事も決まっていたのでかなり親には怒られてしまいましたので、皆さんも自己責任になるのでご注意ください。

神戸市立摩耶兵庫高等学校の学校行事やイベント・部活動

Rindo(卒業生)
Rindo(卒業生)
学校のイベントで他の学年と交流があるのはこの時だけになります

学校行事は5月には新入生歓迎会にて各学年の同クラス合同のスポーツ競技があります。合同なので先輩たちとも仲良くなれて、背が低めの私は小さくてかわいいと女子の先輩にかわいがられました。

郊外学習はハーバーが近いので近隣にていけるところが豊富なため楽しめます。

文化祭もかなり盛り上がりました、保護者も参加できて、楽しそうにしている私を見て、中学の頃学校に行くのもだるそうにしていた時とはずいぶん違うことに驚き 少しウルウルしていた事を思い出します。

修学旅行は3年の時にあります。正直4年生だとやめてしまう人もいるので、3年だとできるだけみんなでいけるので良い思い出になります。

私の時は沖縄でした、美ら海水族館に行ったり バーベキューをしたり、家族ではいけないところに来れて仲の良い友達とワイワイ楽しくできたのは、良い思い出になりました。

神戸市立摩耶兵庫高等学校の雰囲気やいじめについて

Rindo(卒業生)
Rindo(卒業生)
ちょっと家庭でトラブルがあったり過去に何かあった人が多いかなという印象はありました

定時制に来る人は色々事情を抱えている人が多いため、色々なタイプの学生が多かったです。

ですから、生活が苦しくて学費があまり出せなくて働きながら自分で学費を出している人、不登校で学校に行けなかった人、やんちゃすぎ成績が悪くて定時制に来る人、年配ですが学業を受けたい方など、意見が食い違いもありましたが全日制にはおそらくない雰囲気ではあると思います。

いじめについてはハイな人がローの人を多少はいじってはいましたが、結構注意をする人も多かったので、陰湿さはなかったと思います。

逆にオタクキャラの人がやんちゃな人に堂々と無視しているところは、頑張れと応援していました。

全員一直線の人生を歩んでいないため、自分の殻に閉じこもっていてた自分がすごく開放的になっていけたと

この学校に来て感じることができたし。今のめげずにやっていけているのはこの学校での経験値が役立っていると感謝もしています。

神戸市立摩耶兵庫高等学校 卒業後の進路について

Rindo(卒業生)
Rindo(卒業生)
私は介護の道に進みました。今のところ不満はありません

進路は就職すると考えていた為、色々学校で検索した結果、資格がなくても入ることができた介護施設を選び就職できました。

当初付き合っていた彼氏は片親だったので工場で勤めながら見事地方の大学に進学でき、自分の力で今後も学費を払いながら進学するとのことでした。

仲良かった友達も割合と介護職の人も多く、在校中に資格を取っている人も多かったです。

それぞれ先生と相談しながら目指す仕事をや進学先を選べたことは良かった点ではあります。

今、私は当初の施設は退職しましたが、その後資格を取らせていただけるところに就職し、更に国家資格もとることができました。

現在迄、介護職自体は続けています。そう考えれば、高校で選択した職が適切だったと言えることが改めて実感して、相談した先生には感謝しかありません。

神戸市立摩耶兵庫高等学校に進学を考えている生徒へ

Rindo(卒業生)
Rindo(卒業生)
全日制は門は狭いがあとは何とかなる感じですが、 定時制は門は広くても出口は狭くなるとイメージしてください。

決して勉強が難しいというわけではなく、継続して学校に自分自身の意思で通えるかということです。割合簡単そうで難しいことです。

誰も束縛しないし、先生も何も言いません。もちろん励ましや応援はしてくれます。

ただ4年間自分の意思できちんと卒業できた時はきっとこれからの人生の1ステップ上がって生きていけると思うので

今高校に行くことに疑問を考えているなら、一つの選択肢で考えてみてほしいと思います。