ECCコンピュータ専門学校 高等部ってどう?学費は高い?クチコミ評判を解説

青山ビューティ学院高等部ってどんな学校?

ECCコンピュータ専門学校 高等部の学費
503,000円〜/年間

※上記は通信コース/就学支援金適用時の金額
※住所を入力すると通学県内にある学校高校の資料をまとめて請求できます。

ECCコンピュータ専門学校 高等部はクリエイター育成の極めて専門性の高い学校です。

所在地から分かるように最寄り駅は大阪市営地下鉄谷町線・中崎町駅ですが、大阪梅田駅より徒歩十分程なので抜群のアクセスです。

校舎は一般的な学校の雰囲気とか異なり、一見ビルのような見た目の都市型学舎です。

通学コースは「ゲームクリエイターコース」と「CGクリエイターコース」に分かれており、学費は入学金が110,000円程で、その他授業料・教材費・施設利用費等で年間800,000円程必要です。

卒業までには単純に計算すると、2,500,000円程掛かると考えられます。

基本的には通学がメインになりますが、学外スクーリングが年5回程設定されており、高等学校卒業資格の為の必要要件としてカウントされます。

この記事はAIによる自動生成ではなく、卒業生と通信制高校選びの専門家によって執筆・編集されています。

通信制高校を検討している
すべての家庭に読んでほしいこと

「通信制入ったけど子どもが辞めた」

全日制と比較して自由に学べると評判の通信制高校ですが、中には失敗したという声もあります。

その後悔の声は「学校と合わなかった」に集約されます。

不登校支援がある学校を選べば良かった
  
「通信制高校は不登校生徒を受け入れてもらえる」という安易なイメージで選ぶんじゃなかった
  
自主学習が基本、不登校生徒へのサポートはなし、やる気がある人だけ引き上げるという感じ。不登校支援がある学校、しっかり時間かけて選べば良かったなあ

学費の安さで公立を選んで失敗

通信制高校ならどこも一緒でしょと、公立を選んだら大失敗。家から遠いし、週2日は通わないと単位取れないし、勉強もつまらない。3年間とても保ちそうにない…。

人気校だから合うわけではない

テレビの特集で見かけた人気の通信制を選んだら、思った以上にアクティブな生徒が多く、コミュ障の息子はたまの通学も嫌がるように。

通信制でも不登校になったらどうしたらいいのか…。転校も考えています。

近所にあるから、学費が安いから、そんな理由で比較をせずに選んでしまうと、学校と合わずに辞めてしまうことも多いです

後悔しないためには、通学エリアにある学校を3~5校比較するのは必須

通信制高校の一括資料請求サービスを活用すれば、住所を入力するだけで、通学エリアにある学校のパンフレットを簡単に取り寄せることができます。

学校のパンフレットを見比べるだけでも特徴はわかりますし、「この学校だけは違うな」と取捨選択もできます

住所を入力するだけで簡単に取り寄せることができるので、通信制高校の比較がまだできていない家庭は、利用してみてください。

複数校の資料を取り寄せ
学校を比較してみる

⬇⬇⬇

人気校は早めに募集を締め切る学校もあります。出願には学校説明会の参加が必須、など学校によって条件があることもあるので、募集要項は急いで取り寄せ確認しましょう

目次

ECCコンピュータ専門学校 高等部はどんな学校? 特徴を解説

学費503,000円〜詳細
*通信コース/就学支援金適用時
*通学にかかる費用はキャンパスによって異なります
スクーリング年5回
開講コース「ゲームクリエイターコース」「CGクリエイターコース」
入学時期新入学:4月 10月 / 編入転入:随時
専門授業ゲーム制作、CG関連、VFX
本校所在地大阪市北区中崎西2丁目3番35号
キャンパス大阪梅田

ECCコンピュータ専門学校 高等部では、中学卒業後から学びの道をスタートすることができます。

中学卒業後の3年間で、クリエイターとしての基礎を身につけることができます。将来的にクリエイターとして活躍したい方にとって、大きなメリットと言えるでしょう。

また、クリエイター育成のために、学校独自の取り組みが行われています。専任教員として業界のプロが授業を担当しており、実際の業界の現状を反映した授業を提供することができます。

教員は常駐しており、いつでも質問や相談をすることができます。また、授業クラスは少人数制(1クラス20人以下)であり、生徒一人ひとりに寄り添った学習環境を提供しています。

卒業後は、多くの生徒がECCコンピュータ専門学校(専門課程)への進学を希望しています(他の大学や専門学校への進学ももちろん可能です)。専門課程ではさらにクリエイターとしての技術を学ぶことができ、在学中に自身の作品を発表する生徒もいます。

卒業後の進路では、多くの卒業生がトップクリエイターとして活躍しています。

ECCコンピュータ専門学校 高等部のコース/カリキュラムについて

ECCコンピュータ専門学校 高等部の通学コース・カリキュラム解説


ECCコンピュータ専門学校 高等部では二つのコースが用意されています。

【ゲームクリエイターコース】

人気の高いコースの一つです。ゲームが好きで、将来ゲームに関する仕事をしたい方には是非オススメしたいです。

プログラミングやCG制作は一見、知識がないと難しいと思われがちですが全く未経験でも問題ありません。

一年次からプログラミングの基礎を学ぶと同時に、ゲームプランニング(ゲーム企画)を実践していきます。

もちろん、指導するのはプロの業界に精通した講師陣たちです。

二年次から実際にゲーム制作に取り掛かり、三年次には自身のゲームを発表することも出来ます。

優秀な作品はコンテスト等に応募された後、商品として販売されることもあります。

【CGクリエイターコース】

その名の通り、CGに特化したコースでこちらも未経験でも問題ありません。

モチーフをアナログ表現することに慣れた後に、デジタル表現としてCGでの2D・3D制作に移行していきます。CGデザイナーやキャラデザイン等、多くの職種での活躍が目指せます。

【両コース共通の特徴】

現在では、オンラインでの授業がメインの通信制高校も珍しくありませんが、ECCコンピュータ専門学校 高等部は基本的に通学メインです。

ほとんどの生徒がクリエイターを目指すという共通点もあり、そんな仲間に囲まれた学校生活は楽しいものとなるでしょう。また、作品の制作過程においては上級生や下級生と共に作業することもあり、自然とコミュニケーション能力も育まれます。

ECCコンピュータ専門学校 高等部の学費は高い?

ECCコンピュータ専門学校 高等部の学費は高い?平均と比較

ECCコンピュータ専門学校 高等部の学費は年間800,000円程です。

(※入学金別途 110,000円)これは【ゲームクリエイターコース】【CGクリエイターコース】とも共通でほとんど差はありません。

通信制高校の学費は高いほどスクーリング・サポート面も良く、安いほどオンライン学習・メディア教材中心で、スクーリング・サポート面はあまり良くないという傾向にあります。

それらを加味したうえで、通信制高校の平均学費は年間400,000円程です。

これを考えればほぼ倍近くの学費が掛かるECCコンピュータ専門学校 高等部の学費は比較すれば「高い」といえます。

しかしながら、ECCコンピュータ専門学校 高等部はクリエイター育成の為のレベルの高い授業を受けることが出来る上、サポート面もしっかりしています。

よって、高卒資格取得がメインの一般的な通信制高校と比較するのはナンセンスかもしれません。進学・就職率も非常に良いので多少学費が高くとも仕方がないと思います。また、学校の独自性や社会的なニーズを考えると個人的には「安い」とさえ思いました。

しかしながら、シンプルに高卒資格を取得したい方や、経済的な面で学費を抑えたい方、不登校で通学は心配がある方、障害がある方、週単位で自由に通学頻度・登校時間をカスタマイズしたい方等は御自身のニーズに合った通信制高校をオススメします。

ECCコンピュータ専門学校 高等部のサポート体制ってどう?

ECCコンピュータ専門学校 高等部のサポート体制

ECCコンピュータ専門学校 高等部ではよりハイレベルのクリエイター育成の為、世界的なゲーム企業やモバイルゲームのトップ企業、約250社と連携し定期的に生徒を対象とした業界セミナーや作品講評会を開催しています。

実際の企業から直接、業界の話や自身の作品について批評してもらえることは未来のクリエイターである生徒達にとってはまたとない機会になります。

実際卒業後の進路についても、提携企業と連携し生徒一人一人がクリエイターとして活躍出来るよう、サポート体制を敷いています。

また、学校にある設備は基本的に使い放題で、生徒がクリエイティブな発想で作品制作に取り組めるようにPC等の機器には常に最新のものを用意しています。

ECCコンピュータ専門学校 高等部のメリット(向いている人)

ECCコンピュータ専門学校 高等部に向いてる人

ゲームが好きな人、CG制作に興味がある人にオススメ

ECCコンピュータ専門学校 高等部はクリエイター育成を目的とした、非常に専門性の高い学校です。

「ゲームに関わる仕事をしたい」「CGデザインを学びたい」といった自身の夢や目標がハッキリとした方に非常にオススメできます。

好きなことを高校入学時から学べるというのは、先々を見据えてとても良いことだと思います。

ECCコンピュータ専門学校 高等部のデメリット(向いていない人)

ECCコンピュータ専門学校 高等部に向いていない人

ゲームに興味のない人、CG制作等に興味のない人にはオススメできない

シンプルに高卒資格取得したい人等はECCコンピュータ専門学校 高等部にわざわざ進学する必要はありません。

学費の面でも言及しましたが、もっと学費を安く済ませられる学校が他にあるはずです。

また、ゲームやCGに興味あるけど通学が多いのは不安だと思う方にもオススメ出来ません。

プログラミング等はオンライン学習で勉強出来るサービスがあるのでそちらを検討した方が良いかもしれません。

通信制高校を検討している
すべての家庭に読んでほしいこと

「通信制入ったけど子どもが辞めた」

全日制と比較して自由に学べると評判の通信制高校ですが、中には失敗したという声もあります。

その後悔の声は「学校と合わなかった」に集約されます。

不登校支援がある学校を選べば良かった
  
「通信制高校は不登校生徒を受け入れてもらえる」という安易なイメージで選ぶんじゃなかった
  
自主学習が基本、不登校生徒へのサポートはなし、やる気がある人だけ引き上げるという感じ。不登校支援がある学校、しっかり時間かけて選べば良かったなあ

学費の安さで公立を選んで失敗

通信制高校ならどこも一緒でしょと、公立を選んだら大失敗。家から遠いし、週2日は通わないと単位取れないし、勉強もつまらない。3年間とても保ちそうにない…。

人気校だから合うわけではない

テレビの特集で見かけた人気の通信制を選んだら、思った以上にアクティブな生徒が多く、コミュ障の息子はたまの通学も嫌がるように。

通信制でも不登校になったらどうしたらいいのか…。転校も考えています。

近所にあるから、学費が安いから、そんな理由で比較をせずに選んでしまうと、学校と合わずに辞めてしまうことも多いです

後悔しないためには、通学エリアにある学校を3~5校比較するのは必須

通信制高校の一括資料請求サービスを活用すれば、住所を入力するだけで、通学エリアにある学校のパンフレットを簡単に取り寄せることができます。

学校のパンフレットを見比べるだけでも特徴はわかりますし、「この学校だけは違うな」と取捨選択もできます

住所を入力するだけで簡単に取り寄せることができるので、通信制高校の比較がまだできていない家庭は、利用してみてください。

複数校の資料を取り寄せ
学校を比較してみる

⬇⬇⬇

人気校は早めに募集を締め切る学校もあります。出願には学校説明会の参加が必須、など学校によって条件があることもあるので、募集要項は急いで取り寄せ確認しましょう

ECCコンピュータ専門学校 高等部 卒業生の口コミ評判


4.0
5つ星中4.0つ星です!(1人の卒業生データ)

ECCコンピュータ専門学校「ゲームクリエイターコース」を利用して良かったなと感じています。特に「ゲーム業界へ進みたい人」にはおすすめです。ゲームクリエイターになるために、最新の設備が揃っているわ良い環境下で勉強することができ、先生らのサポートがしっかりしているので目標も立てやすいのが魅力です。

学費面に関しては、他の通信制高校と比べても「高め」ですが、個人的には「妥当な値段」と感じています。国家試験の取得に向けた体制も整っているため、普通に勉強していれば「基本情報技術者試験」くらいは合格することができます。

授業では、「プログラム言語の学習」や生徒たちで班を作り、そのメンバーで「実際のゲーム作りを経験する」ことができたりするので、ここで勉強したものが今の職業にも生かされています。あと、ゲーム好きの人たちが集まってきているので、ゲームの話題をふったらすぐに仲良くなれるのもいいところだと感じています。

Avatar for 拓海
拓海
2017年
ゲームクリエイターコース

この学校をレビューする

目次