MENU
つくば開成高等学校

つくば開成高等学校ってどう?学費は高い?口コミ評判を調べました(茨城牛久・守谷・鹿嶋)

つくば開成高等学校の年間学費

86,000円~/年間

資料請求する(無料)
※通信コース/就学支援金適用時
※住所を入力すると通学県内にある学校高校の資料をまとめて請求できます。

つくば開成高等学校は、生徒の通学や進路を心強くサポートしている通信制高校です。

学校法人つくば開成学園によって運営されており、茨城県にある本校を中心に、関東から九州まで幅広い地域に展開しています。

通信制高校でありながら全日制高校のように基礎教科の学習に専念することができ、大学進学も十分に目指せるのが魅力です。

シンプルかつ明瞭なコースの種類によって、生徒は自分の進路に合わせて最適なコースを選べるようになっています。自分の進路に合わせた学校生活を送りたい」という方はもちろん、通信制高校から大学への進学を検討している方にもおすすめの学校です

年間学費 504,000円〜
スクーリング 年間約60時間
通学コース 一般コース/基礎基本徹底コース/進学コース
専門授業 基礎科目、一般教養
所在地 茨城県牛久市柏田町3315-10(本校)

つくば開成高等学校ってどんな学校? 徹底評価!

つくば開成高等学校は、簡潔に言えば「生徒を大切にする学校」と表現できます。

生徒が思い描く”未来の自分”をもとに、日々些細な成長を積み重ねていくことを目的としたカリキュラムや指導体制を整えています。

つくば開成高等学校の大きな特徴は、通学スタイルを自由に選択できるところです。各科目を修了するためには一定のスクーリングを必要としますが、具体的な登校日数などは定められていません。

最低必須単位数の24単位を取るとしても、必要なスクーリングは年間約60時間程度になります。つまり、つくば開成高等学校は、年間約60時間以上のスクーリングさえ済ませておけば、その他の時間に登校するかどうかは生徒が自由に選択できるのです

例えば週1回だけ登校することもできますし、希望であれば週5日登校することもできます。

つくば開成高等学校の学習スタイル

また、通学スタイルのみではなく学習スタイルの多様性も特徴の一つです。

通学が苦手な学生のためにオンライン学習の環境も整えており、「スマスク」というオリジナル学習アプリを通じて約4,800件の授業動画を無料で視聴できます。

さらにWeb会議ツールを利用したリモート指導にも対応しているため、自宅からでも学習指導を受けることが可能です。

タブレット型PCが生徒全員に配布されるので、端末を買う余裕がない、持っていないという方でも全く問題ありません。

つくば開成高等学校の通学コースを解説!

つくば開成高等学校では、さまざまな進路に対応する3つのコースが用意されています。

コースによって学習する内容は多少異なるものの、基本的には国語や数学といった基礎科目と一般教養を組み合わせたカリキュラムで学習を進めていくことになります。

では、ここからは3つのコースの具体的な特徴・内容について詳しく解説していきます。

1.一般コース

一般コースは、自分のペースで自由に登校しながら卒業を目指せるコースです。通学の自由度が高く、週1回~週5日まで好きなように通学スタイルを選べます。

もちろん決まった間隔で登校する必要はなく、都合に合わせて自由に登校可能です。また、生徒の学習レベルに合わせて個別指導を受けることもでき、学習の不明点などをすぐに解決することができます。

自分のペースで通いたい、あるいは勉強に自信がないという人におすすめです。

2.基礎基本徹底コース

基礎基本徹底コースは、週に一定数のスクーリングをこなしつつ、中学レベルの基礎を学習できるコースです。

一般コースに比べると自由は劣るものの、ある程度は自分のペースに合わせて登校することができるため、中学校の内容を学びなおしたい人はもちろん、自分のペースで通いたい人にもおすすめだと言えます。

3.進学コース

進学コースは、大学進学を目指して受験科目を中心に学習するコースです。

少人数習熟度別で授業が行われ、生徒の目標に合わせたカリキュラムで学べるようになっています。

国公立大学や難関大学への進学にも対応しており、手厚い個別サポートを受けられるのも魅力的なコースです。

大学受験に向けて学力をつけたい人におすすめできます。

つくば開成高等学校の学費は高い?

入学金 0円
授業料 1単位12,000円
施設設備費 36,000円(年額)
教育運営費 50,000円(年額)

つくば開成高等学校の学費は、結論から言うと通信制高校としては多少高くなっていると考えられます。

キャンパスによって異なるものの、例えば茨城県本校のコース別の年間学費は以下の通りです。

一般コース:664,000円

基礎基本徹底コース:624,000円

進学コース:684,000円

受講状態などによって多少変更はしますが、どちらにしても基本的に全コース年間600,000円以上は必要になります。

通信制高校の平均学費は約250,000~850,000円程度なので、比較的高額な部類にあると言えるのです

つくば開成高等学校の学費が平均よりも高い理由は?

ただ、学費が高いことにはもちろん理由があります。

前述したように、つくば開成高等学校は自由な通学スタイルが特徴であり、生徒が自宅で学習できる環境も整っています。

生徒全員に入学時にタブレット型PCを配布している上、オリジナル学習アプリである「スマスク」の運営費も考慮すれば、この価格帯になるのも妥当だと言えるでしょう。

就学支援金で学費は安くなる!

また、経済的問題がある生徒のために就学支援金による授業料減額にも対応しています。

つくば開成高等学校は1単位につき授業料12,000円を払う必要がある中、世帯年収590万円未満であれば1単位につき12,000円支給されるため、うまく制度を活用すれば授業料が全額免除されます

年間学費は平均的に高い部類に入るものの、充実した学習環境やサポート体制などを踏まえると、入学すれば学費以上の成果を得られる学校とも言えるでしょう。

つくば開成高等学校のサポート体制は?

つくば開成高等学校では、生徒に向けて生活・学習・進路といった3面へのサポート体制を確立しています。

1.生活サポート

まず生活サポートでは、生徒が自信を得られるよう、自由な通学スタイルの提案や個別指導の対応を行っています。

不登校の生徒や登校・学習に自信を持てないという人でも、安心して卒業できる環境づくりがなされているのです。

2.学習サポート

学習サポートでは、生徒が授業に置いてけぼりにならないよう、学習分野を広くとっています。

高校レベルの学習はもちろん、中学レベルなど基礎的な内容もしっかり教えてもらえるため、中学校の勉強がうまくいっていなかったという生徒でも問題ありません。

3.進路サポート

進路サポートでは、教員が生徒一人ひとりと向き合い、進路相談やそれに向けて必要な学習を徹底サポートします。

これらのサポートがあることから、つくば開成高等学校はサポート体制が充実している学校だと言えるでしょう。

つくば開成高等学校のメリット/おすすめできる生徒は?

つくば開成高等学校のメリットは、やはり通学・学習スタイルが豊富なところでしょう。

年間約60時間のスクーリングを除けば、その他の時間は自由に勉強することができます。対面授業のみではなく、タブレットから利用できるアプリを通じて自宅学習できるのも魅力的です。

  • 自分のペースでゆっくり学習したい
  • 学習に自信がない

といった人に向いていると言えます。

つくば開成高等学校のデメリット/おすすめできない生徒は?

つくば開成高等学校は、専門的な分野のコースが用意されていないという弱点があります。

仮にプログラマになりたいと思っても、情報技術を専攻できるようなコース・カリキュラムがないため、学習分野がある程度限られているのが惜しいところです。

  • 通学する中で多様な知識を身につけたい
  • 専門的な技能を習得したい

という人には向かないでしょう。