卒業生が語る!つくば開成高等学校(聖友館サポート校)ってどんな学校? 学費や通学コース、生徒の雰囲気を解説します。

<2018年12月:最新情報>

通信制高校は、年明け1月には出願が始まる学校も多く、12月は学校説明会が活発化する時期になります。願書や募集要項は学校説明会に参加しないと手に入らない学校もありますし、人気校は人数制限をしているところもあるので、まずは通学圏内の学校を調べて資料を取り寄せるところからはじめましょう!

通信制高校のパンフレットをまとめて取り寄せる→


つくば開成高等学校(聖友館サポート校)を卒業したモンです。

学校の雰囲気や設備はどんな感じ?と気になる方に向けて、「卒業生の本音」をお話していきます。

学校選びの参考にしていただけると嬉しいです。

つくば開成高等学校(聖友館サポート校)の基本情報

住所 岡山県岡山市岩田町5-3 シティハイツ岩田103号、岡山駅より徒歩10分
通学コース 普通科のみ
スクーリング 2回/月

通信制で単位が取得できる高校です。

本校は茨城にありますが、全国に学習センターやサポート校があるため、全国に学生がいます。

岡山の聖友館をサポート校として提携しています。

聖友館で面接授業やテストを受けながら、高等学校普通科の単位を取得することが出来ます。

つくば開成高等学校(聖友館サポート校)の通学コース


サポート校の聖友館では、通学の回数は自由でした。

テストや面接授業のために月に2回は通学が必要なので、月2回通学をしていました。

中には毎週通学している学生もいましたが、私は遠方に住んでいたので、出来るだけ通う回数を減らしたかったのです。

通学の際に、自宅で勉強したレポートを提出してチェックを受けていました。時間割はありませんでした。

通学時は、自宅の課題レポートの分からないところを教えてもらったり、面接でしか出来ない美術などの指導を受けました。

体育の実技は、近くのボウリング場に行って楽しかったのを覚えています。

あまり授業はなく、プリントを自由にやるという感じでした。

帰るときには新しい課題レポートを受け取り、それをまた2週間かけて自宅で作成していました。

早めにレポートが完成した時は郵送して送っていました。登校時間も好きな時間に登校し、4~5時間過ごしていました。

テストもテスト期間中なら、個別に好きな時間に受けることが出来ます。

つくば開成高等学校(聖友館サポート校)の設備の充実度、専門授業の質


ビルの一室にあり、とても狭いです。大部屋が1つに個室が1つあります。イメージとしては、予備校や学習塾の教室のような感じです。

10人も生徒が入ればいっぱいですが、通信制でみんなバラバラな時間に登校しているので、そんなに教室に生徒はいません。

この岡山にある聖友館(つくば開成高等学校サポート校)の特徴は、小学生・中学生のフリースクールも兼ねているところです。

不登校の小学生や中学生も受け入れていたので、かなり広い年齢層の方がいました。

常勤の先生は2人、非常勤の先生が1人、あとはボランティアの大学生が2人くらい来ていました。

生徒より先生の方が多い日もありました。なので、個別指導を丁寧に受けることができます。

書籍はあまりありませんが、インターネットに接続されたパソコンもあり、自由に使用できます。

また、小さなキッチンがあり、お昼ごはんを作ることもできます。

大学受験の際も、個別指導がしっかり受けられたので良かったなと思います。

つくば開成高等学校(聖友館サポート校)のイベントや学校行事


イベントは、バス遠足がありました。

自由参加だったので私は参加しませんでしたが、香川県に行ってうどんの手打ち体験をしていたようです。

また、フリースクールを支援するために活動しているシンガーソングライターの方が来てくださり、音楽会を開いてくれたこともありました。

授業も集団ではやらなかったので、あまり他の学生との交流はありませんでした。

唯一体育の授業では、希望者だけで近くの球戯場へ行きました。

みんなでボウリングや卓球をして楽しかったです。

一般的な学校と比べても、行事やイベントなどはかなり少ないです。ほとんどありません。

自由参加なので、来ない学生もいます。運動会や文化祭は勿論ありません。

入学式はありませんでしたが、卒業式は他の会場を借りて行われました。

スーツを着ている学生は少なくて、ほとんどみんな私服で参加していました。

来賓もいませんでした。

ちょっと寂しい卒業式でした。

卒業式ではじめて顔を合わせた人も沢山いました。

つくば開成高等学校(聖友館サポート校)の雰囲気やいじめ


登校時間がバラバラで、集団での授業も時間割もないので、登校しても他の生徒は少ないです。

小学校・中学校のフリースクールも兼ねているので、不登校の小学生や中学生もいます。

高校生より小学生・中学生が教室にいることが多かったですね。

みんな個人個人で自由に勉強したり、お喋りしたり、自由に過ごしていました。

生徒よりも先生と話すことの方が多かったです。

学校全体は、アットホームで落ち着いている雰囲気です。

教室は狭くて、先生が常にいるので、イジメとか嫌がらせはありません。

ただ、友達は作りにくい環境だと思います。

人と関わるのが得意でなくて、落ち着いて過ごしたい人にはお勧めです。

個室でゆっくり勉強することもできます。

つくば開成高等学校(聖友館サポート校)の卒業後の進路


卒業後は大学に進学しました。

学校選びの際もアドバイスを頂いて、オープンキャンパスの情報も集めてくれました。

AO入試を目指していたのですが、小論文と自己推薦書を出さなければなりませんでした。

これは書いたのを先生に何度も見てもらって、何度も書き直しました。

作成にあたっては、本当に先生のアドバイスが参考になりました。
また、面接の練習も先生と一対一で何度もしました。

そのおかげで本番では緊張せずに、リラックスして取り組むことができました。
そして第一希望の大学に合格しました。

もしAOで落ちた時のために、一般入試で受かるための勉強もしました。

受験科目を数学IA、国語、英語に絞り、その科目を重点的に勉強できるように課題を出していただきました。


集団生活に馴染めない人や、通学がつらい人にとってはお勧めです。

また、仕事をしながら高校を卒業したいという人にもぴったりです。

自分のペースで勉強ができて、授業も集団ではなく個別指導が受けられます。

登校時間もテストを受ける時間も、かなり融通が利きます。

困っていることはすぐに先生に相談できる環境です。

ただ、他の生徒との交流は少ないので、友達は作りにくいかもしれません。



通信制高校には一般の高校のような受験はありませんが、受け入れ生徒数が決まっているところもあり、募集要項や入試の内容はいち早く取りよせておかないと、後々焦ることも。12月は学校説明会も活発化するので、入学するしないに関わらず、パンフレットだけは早めに取り寄せましょう!


 

次のページ「通信制高校を選ぶための3つの手順」に進む