滋慶学園高等学校ってどう?学費・偏差値・口コミ評判を確認する

滋慶学園高等学校の学費
103,000円〜/年間

※上記は通信コース/就学支援金適用時の金額
※住所を入力すると通学県内にある学校高校の資料をまとめて請求できます。

本校のある岡山県と周辺の中国地方を中心に、大阪や東京などの主要都市にもキャンパスがあり、全国どこでも通いやすい点が特徴です。キャンパスごとに特色あるコースが用意されており、生徒の得意ややりたいことを伸ばす教育にも力を入れています。

特に本校である美作キャンパスは、医学・薬学系、ロボット工学・プログラミング系、国際系、スポーツ系など、幅広い分野のコースから選択できます。

将来に役立つ資格の取得も可能なため、大学進学はもちろん、卒業後就職を考えている方にもおすすめの通信制高校です。

この記事はAIによる自動生成ではなく、卒業生と通信制高校選びの専門家によって執筆・編集されています。

通信制高校を検討している
すべての家庭に読んでほしいこと

「通信制入ったけど子どもが辞めた」

全日制と比較して自由に学べると評判の通信制高校ですが、中には失敗したという声もあります。

その後悔の声は「学校と合わなかった」に集約されます。

不登校支援がある学校を選べば良かった
  
「通信制高校は不登校生徒を受け入れてもらえる」という安易なイメージで選ぶんじゃなかった
  
自主学習が基本、不登校生徒へのサポートはなし、やる気がある人だけ引き上げるという感じ。不登校支援がある学校、しっかり時間かけて選べば良かったなあ

学費の安さで公立を選んで失敗

通信制高校ならどこも一緒でしょと、公立を選んだら大失敗。家から遠いし、週2日は通わないと単位取れないし、勉強もつまらない。3年間とても保ちそうにない…。

人気校だから合うわけではない

テレビの特集で見かけた人気の通信制を選んだら、思った以上にアクティブな生徒が多く、コミュ障の息子はたまの通学も嫌がるように。

通信制でも不登校になったらどうしたらいいのか…。転校も考えています。

近所にあるから、学費が安いから、そんな理由で比較をせずに選んでしまうと、学校と合わずに辞めてしまうことも多いです

後悔しないためには、通学エリアにある学校を3~5校比較するのは必須

通信制高校の一括資料請求サービスを活用すれば、住所を入力するだけで、通学エリアにある学校のパンフレットを簡単に取り寄せることができます。

学校のパンフレットを見比べるだけでも特徴はわかりますし、「この学校だけは違うな」と取捨選択もできます

住所を入力するだけで簡単に取り寄せることができるので、通信制高校の比較がまだできていない家庭は、利用してみてください。

複数校の資料を取り寄せ
学校を比較してみる

⬇⬇⬇

人気校は早めに募集を締め切る学校もあります。出願には学校説明会の参加が必須、など学校によって条件があることもあるので、募集要項は急いで取り寄せ確認しましょう

目次

滋慶学園高等学校はどんな学校? 特徴を解説

学費103,000円〜詳細
*通信コース/就学支援金適用時
*通学にかかる費用はキャンパスによって異なります
スクーリング通学コース:週1,3,5日
通信コース:年1回の集中スクーリング or 年10日程度の登校
開講コース通信コース/特別進学コース/総合進学コース/総合スポーツコース/ベーシックコース(本校の場合)
入学時期新入学:4月 10月 / 編入転入:随時
専門授業基礎科目、一般教養、プログラミング、医療・福祉、スポーツ科学、他
本校所在地岡山県美作市古町1665番地
キャンパス岡山、大阪

滋慶学園高等学校は「生徒自身が夢を見つけ出し、未来を自らつかみ取れるよう全力で応援する」ため、「実践教育、人間教育、国際教育」を理念として掲げています。本校は岡山県にありますが、広域通信制高校になるため、中四国を中心に、大阪東京からも入学することができます。

通信コースはもちろん、通学コースも通学日数に複数の選択肢があり、

  • しっかりと週5日通学して難関大学への進学を目指したい方
  • 週1日だけ通学して自分のペースで学習したい方
  • 年8日程度の集中スクーリング以外は自宅で勉強したい

など、生徒一人一人の幅広いニーズに応えています。

滋慶学園高等学校自体は平成30年開校ですが、学校法人大阪滋慶学園のグループ校は長い歴史のある学校も多く、専門学校や大学院大学、江東専修学校など、幅広い教育機関を有しています。

グループ校との連携やつながりを活かし、幅広い進路を目指せることが大きな特徴です。

目指せる職種は80種以上とキャリア教育が充実しています。資格取得を目指した集中講座なども開講されています。

また美作本校以外の一部キャンパスでは、学習サポート校との教育連携をしており、エンターテインメントやスポーツや看護技術を学びながら高校卒業資格を取得する道もあります。

特に新大阪学習サポートセンターでは、複数の併学先から自分の興味のある分野を選択できます。

滋慶学園高等学校のコース/カリキュラムについて

滋慶学園高等学校の通学コース・カリキュラム解説

滋慶学園高等学校は主に「通信コース」「通学コース」の2つのコースがあります。

どちらのコースでも基礎科目と一般教養が学べますが、通学コースや一部学習センターに用意されている併学コースでは、各専門分野に特化した内容も学ぶことが可能です。

通信コース

自宅学習を中心としたコースです。通学は宿泊を伴う集中スクーリングと、各キャンパスで実施される試験のみです。学校に通学するのが難しい場合や、自分のペースで学習を進めたい方におすすめのコースです。

通学コース(特別進学コース)

1ランク上の難関大学や医学・薬学系大学を目指すコースです。1年次から受験対策に特化したカリキュラムとなっているため、少人数授業や個別指導も交えながら生徒自身の基礎学力の向上を目指せます。

通学コース(総合進学コース)

ロボット・プログラミング専攻や、医療・福祉専攻、国際専攻といった特色ある専攻が特徴です。2年次から専攻別のゼミが用意されており、興味のある分野への進学を力強くバックアップしてもらえます。

通学コース(総合スポーツコース)

グループ校である美作市スポーツ医療看護専門学校の教員から、生涯現役で活躍できる身体づくりやスポーツ科学的視点を実践的に学ぶことができます。トレーニングルームを始めとした充実した設備も魅力です。

通学コース(ベーシックコース)

週5日の通学スタイルながら通信制高校ならではの柔軟な学習体制が魅力です。授業は午前のみのため、高校生らしいキャンパスライフも経験しつつ、午後は学外での活動にも力を注げます。

滋慶学園高等学校の学費は高い?

滋慶学園高等学校の学費は高い?平均と比較
通信コース400,000円〜
通学1日コース480,000円〜
通学3日コース590,000円〜
通学5日コース650,000円〜
特別進学コース950,000円〜
総合進学コース800,000円〜
総合スポーツコース830,000円〜

※2年目以降は施設設備費100,000円が追加となります。通学日数によって異なるものの、通信制高校の平均学費は週1日通学で250,000円程度、週5日通学で850,000円程度です。


結論から言うと、滋慶学園高等学校は通信コースや通学1日コースは平均より少し高めですが、通学5日コースを選ぶと平均よりもやや安めです。

比較すると、通信コースや通学1日コースなどは平均と比べやや高めですが、通学5日コースになると平均よりも安くなっていることがわかります。

また、「特別進学コース」「総合進学コース」「総合スポーツコース」などはさらに学費が上がりますが、それでも週5日通学の通信制高校の平均程度です。学費も抑えたいが、サポートをしっかり受けつつ将来を見据えた学習をしたいと考えている方には、コストパフォーマンス面では魅力的と言えるでしょう。

滋慶学園高等学校の学費サポート制度

滋慶学園高等学校は学費サポート制度の利用も可能です。世帯の所得条件に応じて国から就学支援金として補助してもらえる「高等学校等就学支援金」を利用することで、学費の負担額をさらに減らすことができます。条件に当てはまる場合にはぜひ上手く活用しましょう。

また、奨学金や教育ローンの利用も可能なため、一時的に学費が工面できないという場合でも安心です。

滋慶学園高等学校に偏差値はある?

滋慶学園高等学校に偏差値はある?

滋慶学園高等学校には偏差値がありません。これは、滋慶学園高等学校が入試に学力試験を行わない通信制高校だからです。

一般的に、通信制高校の入試は学力試験がなく、面接や作文、書類審査などで合否を判定します。偏差値は学力試験の点数を元に算定するため、通信制高校では偏差値を出すことができないのです。

通学コースには国公立大学や医学部などを目指す特別進学コースがあり、入試に面接とともに学力試験が必要となります。学力試験はありますが、通学コースも通信制高校の中の1つのコースとして捉えられており、授業は午前中のみで午後は自分達が好きなことをして高校卒業と進学を目指します。

偏差値は算定せず、通信コースと同様に自由な学習環境となっています。

滋慶学園高等学校の入試内容

通信コース作文+面接
通学コース作文+面接+基礎学力テスト

通信コースの一般入試は、「作文」と「面接」によって合否判定を行います。作文は50分の時間が設けられており、「学校の志望動機と高校生活で頑張りたいこと」について500文字以上800文字以で執筆します。面接は、15分の個人面接となっています。

通学コースには、特別進学コースと総合進学コース、総合スポーツコース、ベーシックコースがあります。入試内容は、特別進学コースのみ違い、国語・数学・英語の学力試験と15分の個人面接を行います。各教科の試験時間は、50分。その他のコースでは、基礎学力テストと作文、面接となっています。

基礎学力テストは、中学校で学習する国語・数学・英語の基礎的内容から総合的に出題され、試験時間は50分です。

作文は通信コースと同様に、「学校の志望動機と高校生活で頑張りたいこと」についての作文を50分で仕上げます。

滋慶学園高等学校の通学コースには推薦枠がある

滋慶学園高等学校の通学コースでは、全コースで学校推薦枠があります。また、総合スポーツコースではスポーツ推薦も行っています。試験内容は、通信コースと同様に、50分の作文と15分の個人面接になります。推薦を希望する場合は、事前に中学校等に相談し、準備をしておくと良いでしょう。

滋慶学園高等学校の入試対策

通信コースの入試は、作文と面接により合否判定が行われます。

作文の内容は毎年、「学校の志望動機と高校生活で頑張りたいこと」と題目が決まっており、文字数も500文字以上800文字以内という指定があります。出題内容が分かっているため、試験前に実際に作文を書く練習をしておくと良いでしょう。

仕上げた作文は自分だけではなく、学校の先生など他者に読んでもらうことが大切です。他者の添削を受ければ、自分では気付かない問題点を知ることができます。何度か作文を書き、添削を受けて修正をしておくと、安心して当日を迎えることができます。

面接は、15分の個人面接という形になっています。集団面接とは違い、自分の思いを伝えやすい環境となっています。志望動機や高校に入学したらやりたいことなど、あらかじめ自分の思いを整理し、言葉にする練習をしておくことは、有効な方法です。

滋慶学園高等学校のサポート体制ってどう?

滋慶学園高等学校のサポート体制

滋慶学園高等学校は、上記にも紹介したとおり様々なコースが用意されており、生徒一人一人が必要とするサポート量に応じて選択できるようになっています。

また、通信コースは自宅学習が中心ではあるものの、各学習センターや学習サポートセンターで、個別相談や進路相談といった悩みに応じたサポートを受けることが可能です。

学習面で行き詰まったことがあっても、すぐに解決しやすい環境が整えられています。

通学コースは、途中で週の通学日数の変更なども可能なため、その時々の状況に応じてどのように学習計画を進めていくか相談することができます。それぞれの進路希望に応じた多彩なコースと、専門に特化した教育が受けられる点も強みです。

滋慶学園高等学校のメリット(向いている人)

滋慶学園高等学校に向いてる人

滋慶学園高等学校のメリットは、何と言っても個人の進路希望に合わせた幅広い学習形態とコースが揃っていることです。通学日数だけでなく、特化型のコースも充実しているため、しっかりと学習したい方から自分のペースで学習したい方まで、幅広いニーズに応えています。

・自分の希望進路に向けて、着実にステップアップしたい
・協力なバックアップを受けながら、自分のペースで学びたい
・将来のキャリアに向けた実践的な学習がしたい

といった方に向いていると言えるでしょう。

滋慶学園高等学校のデメリット(向いていない人)

滋慶学園高等学校に向いていない人

滋慶学園高等学校のデメリットは、通信コースや週1日の通学コースとしてはやや学費が高めな点です。

また通信コースの場合は宿泊を伴うスクーリングもあるため、極力他の生徒と関わりたくないという方には難しい部分もあるかもしれません。

・サポートはあまり必要なく、とにかく学費を抑えたい
・数日に渡って他の生徒と一緒に過ごすことは避けたいが、週1回の通学も難しい

とにかく学費重視の方や、ある程度の通学や他の生徒との交流が許容できない方には、あまり向いていないと言えるでしょう。

通信制高校を検討している
すべての家庭に読んでほしいこと

「通信制入ったけど子どもが辞めた」

全日制と比較して自由に学べると評判の通信制高校ですが、中には失敗したという声もあります。

その後悔の声は「学校と合わなかった」に集約されます。

不登校支援がある学校を選べば良かった
  
「通信制高校は不登校生徒を受け入れてもらえる」という安易なイメージで選ぶんじゃなかった
  
自主学習が基本、不登校生徒へのサポートはなし、やる気がある人だけ引き上げるという感じ。不登校支援がある学校、しっかり時間かけて選べば良かったなあ

学費の安さで公立を選んで失敗

通信制高校ならどこも一緒でしょと、公立を選んだら大失敗。家から遠いし、週2日は通わないと単位取れないし、勉強もつまらない。3年間とても保ちそうにない…。

人気校だから合うわけではない

テレビの特集で見かけた人気の通信制を選んだら、思った以上にアクティブな生徒が多く、コミュ障の息子はたまの通学も嫌がるように。

通信制でも不登校になったらどうしたらいいのか…。転校も考えています。

近所にあるから、学費が安いから、そんな理由で比較をせずに選んでしまうと、学校と合わずに辞めてしまうことも多いです

後悔しないためには、通学エリアにある学校を3~5校比較するのは必須

通信制高校の一括資料請求サービスを活用すれば、住所を入力するだけで、通学エリアにある学校のパンフレットを簡単に取り寄せることができます。

学校のパンフレットを見比べるだけでも特徴はわかりますし、「この学校だけは違うな」と取捨選択もできます

住所を入力するだけで簡単に取り寄せることができるので、通信制高校の比較がまだできていない家庭は、利用してみてください。

複数校の資料を取り寄せ
学校を比較してみる

⬇⬇⬇

人気校は早めに募集を締め切る学校もあります。出願には学校説明会の参加が必須、など学校によって条件があることもあるので、募集要項は急いで取り寄せ確認しましょう

滋慶学園高等学校 卒業生の口コミ評判


0.0
5つ星中0.0つ星です!(0人の卒業生データ)

この学校のレビューはまだありません。最初のレビューを書きませんか?

この学校をレビューする

目次