MENU
鹿島学園高等学校

鹿島朝日高等学校の偏差値は?合格するための入試対策(面接/筆記)も解説!

鹿島朝日高等学校の偏差値

なし

資料請求する(無料)

この記事では、通信制高校「鹿島朝日高等学校」に入学するために必要な偏差値や入試情報をまとめています。

通信制高校の試験は簡単なものが多く、作文や面接で合格することがほとんどですが、学校によって試験内容は違うため、学校資料や入試要項は早めに取り寄せましょう!

鹿島朝日高等学校に偏差値はあるの?

鹿島朝日高等学校は、学校法人 みつ朝日学園が運営している通信制の高校です。学校が開校したのは2014年4月で、2016年の4月から現在の校名になりました。

個性を伸ばす教育を教育方針としている学校です。学校の校舎があるのは、岡山県岡山市の北区です。

鹿島朝日高等学校はスクーリングのための学習センターを自由に選べることが大きな特徴になっていて、首都圏をはじめとして、北海道から沖縄まで、幅広い地域に鹿島通信教育グループの学習センターがあります。

日本全国のセンターを合わせると、300か所以上の数になります。幅広い地域に住んでいる生徒が、勉強をしやすい通信制の高校です。

鹿島朝日高等学校に偏差値がない、その理由

ここからは、本題である鹿島朝日高等学校の偏差値のことについて紹介します。

一番初めに結論を言うと、鹿島朝日高等学校には偏差値というものがありません

鹿島朝日高等学校に偏差値がないのは、この学校が通信制の高校だからです。全日制課程の高校では偏差値という概念を設定する必要がありますが、通信制高校では偏差値という概念を設定する必要がないため、偏差値は決められていません。

鹿島朝日高等学校に偏差値がないもう一つの理由は、この学校の入学試験に学力試験がないことです。偏差値を調べるためには、学力試験の結果を計算しなければいけませんが、受験生は学力試験を受けなくても入学できるため、生徒の偏差値を測定することができないようになっています。

偏差値がなくても、学びやすい環境が整っている鹿島朝日高等学校

鹿島朝日高等学校には偏差値はありませんが、生徒にとって学びやすい環境がしっかりと整っている学校です。

さまざまな学習スタイルの中から、生徒が自分に合ったスタイルで勉強ができることも学習がしやすいポイント。週1日通学する学習スタイルの他、週2~5日制のスタイルを選ぶこともできます。

自宅学習制や家庭教師制などのスタイルも用意されていて、生徒の能力に応じてスタイルを選ぶこともできます。家庭教師制やネット指導制などのスタイルも選ぶことができ、非常に自由度の高い学校と言えます。

オプションコースを選べることも、鹿島朝日高等学校の魅力になっていて、大学進学や海外留学などのオプションコースがあります。

アニメ・マンガ・声優やファッション・デザインなどのオプションコースもあり、生徒が興味のあることを学ぶこともできます。

鹿島朝日高等学校の入試情報について

鹿島朝日高等学校は毎年4月と10月の年2回、入学できるタイミングがあります。

入学を希望する人のための相談も、随時受け付けています。4月入学の出願期間は、1月の初旬から4月初旬ごろまでの期間です。10月入学の出願期間は、9月初旬から後半ごろまでの期間です。

年によって違いがある場合もあるので、ホームページなどで、あらかじめ出願期間を確認しておいた方が良いでしょう。

鹿島朝日高等学校は新入学の他に、転入学や編入学で入学することもできます。転入学は希望する時期に転入することが可能で、転入学による入学相談も随時受け付けています。

転入学の出願も随時受け付けているので、受験生がタイミングの良い時に、転校することができます。

一度高校に入学したけれど、途中で退学した人でも、編入学という形で鹿島朝日高等学校できます。高校を中退しけれど、高卒の資格が欲しいという人なども、無理なく高卒資格の取得に再チャレンジできる学校です。

編入学の場合も、生徒が希望する時期に編入することが可能です。編入学の出願も随時受け付けているので、好きな時期から高校生活を再スタートすることができます。

鹿島朝日高等学校の入試内容

鹿島朝日高等学校の入試は新入学・転入学・編入学、いずれの方法でも入試の内容は共通しています。

どの方法でも、書類選考と面接で合否が判断されます。

選考結果は、願書が受付の日から2週間以内に、受験者に通知されます。

鹿島朝日高等学校に合格するには? 面接と筆記試験対策

鹿島朝日高等学校に合格するためには、事前に十分な試験対策をしてしておいた方がおすすめです。

鹿島朝日高等学校は書類選考と面接のみによって合否が判断されるため、面接対策をしっかりとしておくことが、特に重要になります。

面接対策としてしておいた方が良いことは、面接で聞かれそうなことを、スムーズに答えらるように、あらかじめ回答を用意しておくことです。

鹿島朝日高等学校はさまざまな学習スタイルを生徒が選ぶことができますが、どのような学習スタイルで勉強したいのか、面接で聞かれる可能性もあります。

自宅学習制で勉強したい受験生の場合には、自分のペースで勉強を進めたいという理由などを、用意しておいたほうが良いでしょう。

週1日制で勉強をしたい場合には、週1日の通学から、時間をかけて学校に慣れたいと答えることもできます。