鹿島学園高等学校 通信制課程の学費は高い?学費免除や奨学金制度を調査

鹿島学園高等学校 通信制課程の学費は高い?学費免除や奨学金制度を調査

鹿島学園高等学校の学費
97,252円〜/年間

※上記は通信コース/就学支援金適用時の金額
※住所を入力すると通学県内にある学校高校の資料をまとめて請求できます。

・鹿島学園高等学校(通信制)の学費はいくら?
・他の通信制高校と比べて学費は高いの?
・学費免除制度や奨学金など、学費サポートはある?

こちらのページでは、鹿島学園高等学校 通信制課程の学費をまとめています。

鹿島学園高等学校の学校パンフレットと募集要項
鹿島学園高等学校の学校パンフレットと募集要項

学費情報は公式HPと取り寄せた最新のパンフレットから抜き出していますが、通学キャンパスや選択コースによって学費の詳細は変わります。

あなたが通うキャンパスの正確な学費は、パンフレットを取り寄せて確認しましょう。

通信制高校を検討している
すべての家庭に読んでほしいこと

「通信制入ったけど子どもが辞めた」

全日制と比較して自由に学べると評判の通信制高校ですが、中には失敗したという声もあります。

その後悔の声は「学校と合わなかった」に集約されます。

不登校支援がある学校を選べば良かった
  
「通信制高校は不登校生徒を受け入れてもらえる」という安易なイメージで選ぶんじゃなかった
  
自主学習が基本、不登校生徒へのサポートはなし、やる気がある人だけ引き上げるという感じ。不登校支援がある学校、しっかり時間かけて選べば良かったなあ

学費の安さで公立を選んで失敗

通信制高校ならどこも一緒でしょと、公立を選んだら大失敗。家から遠いし、週2日は通わないと単位取れないし、勉強もつまらない。3年間とても保ちそうにない…。

人気校だから合うわけではない

テレビの特集で見かけた人気の通信制を選んだら、思った以上にアクティブな生徒が多く、コミュ障の息子はたまの通学も嫌がるように。

通信制でも不登校になったらどうしたらいいのか…。転校も考えています。

近所にあるから、学費が安いから、そんな理由で比較をせずに選んでしまうと、学校と合わずに辞めてしまうことも多いです

後悔しないためには、通学エリアにある学校を3~5校比較するのは必須

通信制高校の一括資料請求サービスを活用すれば、住所を入力するだけで、通学エリアにある学校のパンフレットを簡単に取り寄せることができます。

学校のパンフレットを見比べるだけでも特徴はわかりますし、「この学校だけは違うな」と取捨選択もできます

住所を入力するだけで簡単に取り寄せることができるので、通信制高校の比較がまだできていない家庭は、利用してみてください。

複数校の資料を取り寄せ
学校を比較してみる

⬇⬇⬇

人気校は早めに募集を締め切る学校もあります。出願には学校説明会の参加が必須、など学校によって条件があることもあるので、募集要項は急いで取り寄せ確認しましょう

目次

鹿島学園高等学校の基本情報

学費97,000円〜
*通信コース/就学支援金適用時
*通学にかかる費用はキャンパスによって異なります
スクーリング年間数日から週 5日まで選択可
開講コース週1〜5日制、自宅学習制、個人指導制、家庭教師制、ネット指導制
専門授業大学進学、アニメ・マンガ・声優、ダンス・芸能、音楽、スポーツ、ネイル・メイク・美容、ペット、スキルアップ、海外留学、保育・福祉、eスポーツ、ファッション・デザイン・アート(キャンパスによる)
本校所在地茨城県鹿嶋市田野辺141-9
キャンパス東京 神奈川、千葉、埼玉、茨城、群馬、栃木、岩手、宮城、福島、新潟、長野、愛知、静岡、大阪、京都、兵庫、奈良、滋賀、広島、福岡、鹿児島他 全国多数

鹿島学園高等学校の学費詳細

鹿島学園高等学校の学費一覧が書かれたページ(公式パンフレット)
鹿島学園高等学校の学費一覧が書かれたページ(公式パンフレット)

鹿島学園高等学校の2023年度の学費は以下の通りになります。

主な学費

入学金38,000円
施設費24,000円(年額)
システム管理費/タブレット費35,000円(年額)
授業料8,000円 (1単位)
共済掛金252円(年額)

※国から支給される就学支援金により、世帯年収590万円以下の家庭は、授業料が年間最大29万7,000円支給されます。
※別途、教科書代が必要です。

学習サポート費用(通学コース)※半期

以下は、通信制過程に加えて、通学する場合にかかる費用の内訳になります。

週1日制42,000円
午前・週2~5日制126,000円
全日・週2~5日制189,000円

※校外学習・通信費他として、半期15,000円がかかります。

オプションコース費用

大学進学コース23,000円 ※月謝制(個別指導)
ビジネスコース70,000円 ※半期費用
就学支援コース100,000円 ※半期費用
資格取得支援コース100,000円 ※半期費用
検定取得支援コース23,000円 ※月謝制(個別指導)

※就職支援コースは、就職活動者のみ対象になります。

鹿島学園高等学校の学費は高い?

鹿島学園高等学校の学費は高い?

コースによって学習センターや寮に支払うお金も加わります。教科書代も追加されますが、専攻する科目によって違いがあります。

格安の学費が魅力

鹿島学園高等学校の最大の魅力は、学費の安さにあると言われています

支払う学費は全国の平均的な通信制高校よりも安く、金銭的に困っている学生でも高校に通うことが出来るようになっています。入学金も38,000円と格安で、一般的な入学金の約半額となっているのは嬉しいポイントです。

就学支援金制度の対象

高校の学費を一部負担してくれる就学支援金制度の対象学校なので、経済的な心配がある学生も大幅に学費を抑えることが可能です

世帯年収が590万円以下の家庭の場合は、1単位最大で12,030円の支援を受けられるのです。世帯収入が590万円以上でも、1単位あたり4,812円が支給されるケースもあります。

学生寮の費用

鹿島学園高等学校では遠方から学校に通いたい、一人暮らしをしながら高校卒業を目指す生徒のために学生寮が設けられています。(※全日制の生徒のみ)

施設費 (年額)35,000円
寮費 (月額)15,000円
食費 (月額)45,000円
令和6年度

第1学生寮と第2があり、第1は原則2人1部屋、第2は3人1部屋となっています。お風呂やトイレは共同です。

月額およそ63,000円と他の学生寮と比較して平均より少し安い料金です。

通信制高校を選ぶ家庭が増えています

簡単60秒!住所入力だけで
類似の学校資料がまとめて届く

年末は資料の送付が遅くなることがあります。年末年始、家族で進学先を相談する時間を取るためにも、資料は早めに取寄せておきましょう。

鹿島学園高等学校に学費免除はある? 特待や奨学制度について

鹿島学園高等学校の学費免除・奨学金情報

学校と提携している教育ローン「学費サポートプラン」

鹿島学園高等学校では、学校と提携している学費サポートプランという教育ローンがあります。学費をローンで賄うことができ、自分のペースで返済が出来るのが特徴的です

入学金や授業料、教材費などの学費を保護者の代わりに支払ってくれて、借りたお金は分割で返していくという制度です。教育ローンを利用したいと思ったらすぐに申し込みをすることができ、金融機関に来店せずに手続きを完了出来るので便利です。

審査は最短で1日、入金完了まで最短で5日となっています。返済するまで金利は固定なので、経済的な負担もかなり軽くなります。

返済方法も複数あるので、自分に合った方法を選べるのも良いところです。在学中には保護者が、卒業後には生徒が支払いをするというサービスもあります。

国の教育ローン

鹿島学園高等学校では、国の教育ローンに申し込めます。受験に掛かった費用や入学金、授業料や教材費、通学費など様々な費用が対象になっているのが国の教育ローンです

高校に通って勉強したくても経済的な理由から学校に通うのは難しい、費用が高くて払えないと悩みを抱えている生徒にもぴったりの制度の一つです。

固定金利で、最長15年の長期返済が可能のローンとなっています。一人あたり350万円まで借りられるので、家計のことを心配することなく学校に通えるのです。連帯保証人も必要なく、誰でも気軽に申し込めるのもメリットです。

審査や入金に少し時間が掛かるケースもあるので、鹿島学園高等学校の出願前には手続きを済ませておきましょう。

鹿島学園高等学校の学費についてのまとめ

鹿島学園高等学校の学費ですが、一般の通信制高校と比べても格安です

学費プランもわかりやすく、基本の学費に加えて、

・通学の頻度(週1〜週5日)

・オプション費用(進学や就職などの特別指導)

など、希望する通学スタイルによって学費が上乗せされるシステムです。

こうした学内のオプションコースに申し込んでも良いでしょうし、この学費であれば、通信制高校の他に外部の予備校に通って、受験対策をすることもできそうですね。

キャンパスも全国に点在しています。学費の安く、通いやすい通信制高校を選ぶなら、まず検討したい学校のひとつです。

通信制高校を検討している
すべての家庭に読んでほしいこと

「通信制入ったけど子どもが辞めた」

全日制と比較して自由に学べると評判の通信制高校ですが、中には失敗したという声もあります。

その後悔の声は「学校と合わなかった」に集約されます。

不登校支援がある学校を選べば良かった
  
「通信制高校は不登校生徒を受け入れてもらえる」という安易なイメージで選ぶんじゃなかった
  
自主学習が基本、不登校生徒へのサポートはなし、やる気がある人だけ引き上げるという感じ。不登校支援がある学校、しっかり時間かけて選べば良かったなあ

学費の安さで公立を選んで失敗

通信制高校ならどこも一緒でしょと、公立を選んだら大失敗。家から遠いし、週2日は通わないと単位取れないし、勉強もつまらない。3年間とても保ちそうにない…。

人気校だから合うわけではない

テレビの特集で見かけた人気の通信制を選んだら、思った以上にアクティブな生徒が多く、コミュ障の息子はたまの通学も嫌がるように。

通信制でも不登校になったらどうしたらいいのか…。転校も考えています。

近所にあるから、学費が安いから、そんな理由で比較をせずに選んでしまうと、学校と合わずに辞めてしまうことも多いです

後悔しないためには、通学エリアにある学校を3~5校比較するのは必須

通信制高校の一括資料請求サービスを活用すれば、住所を入力するだけで、通学エリアにある学校のパンフレットを簡単に取り寄せることができます。

学校のパンフレットを見比べるだけでも特徴はわかりますし、「この学校だけは違うな」と取捨選択もできます

住所を入力するだけで簡単に取り寄せることができるので、通信制高校の比較がまだできていない家庭は、利用してみてください。

複数校の資料を取り寄せ
学校を比較してみる

⬇⬇⬇

人気校は早めに募集を締め切る学校もあります。出願には学校説明会の参加が必須、など学校によって条件があることもあるので、募集要項は急いで取り寄せ確認しましょう

鹿島学園高等学校の学費について(卒業生の口コミ)


4.3
5つ星中4.3つ星です!(21人の卒業生データ)

この学校をレビューする

目次