通信制高校の評判を調べる

中山学園高等学校ってどう?学費・偏差値・口コミ評判

中山学園高等学校の年間学費

85,000円~/年間

資料請求する(無料)
※通信コース/就学支援金適用時
※住所を入力すると通学県内にある学校高校の資料をまとめて請求できます。

中山学園高等学校は、千葉県船橋市にある通信制高校で、船橋駅から徒歩7分とアクセスの良い学校です。特徴としては次の点が挙げられます。

・25名ほどの少人数クラス
・基本に戻って学習できる
・アクセスが良い

少人数で学ぶため、先生と生徒との距離が近く、見守られているという安心感があります。授業中はもちろん休み時間や放課後にも細やかなコミュニケーションが取られているので、勉強で分からないところを質問しやすく、悩みなども相談しやすい環境です。

中山学園高等学校の基本情報

住所 千葉県船橋市本町3-34-10
スクーリング 月2日~
通学コース 平日スクーリングコース、土曜スクーリングコース
キャンパス所在地 船橋
学校URL ここに説明文を入力してください。

中山学園高等学校は、少人数制のクラスできめ細かい指導を受けられるのが特徴です。他の高校を退学している場合や、他の高校に在学しているけれど自分には合わないという場合、転入や編入を受け入れています。

中山学園高等学校の通学コース

中山学園高等学校では、次の2コースが用意されています。

・平日スクーリングコース

・土曜スクーリングコース

平日スクーリングコース

月曜日から金曜日までの週5日、学校へ通って学習する、全日制スタイルのコースです。1クラス25名ほどの少人数クラスなので、質問しやすく、落ち着いた環境で学習できます。授業は9時に開始するのでゆとりをもって登校できます。

授業内容として、1年次には普通教科に加えてビジネス、ファッションの専門授業を受けることができるのも特徴です。簿記やビジネス実務、ファッション造形などの授業で将来の可能性を広げることができます。2、3年次には自身の進路や興味関心に合わせて、普通教科のみ、普通教科とビジネス、普通教科とファッションと授業を選択していきます。

取得目標検定として、全経簿記能力検定、全国高等学校家庭科被服製作技術検定、TOEICなどがあり、勉学の励みとすることもできますし、就職活動時のアピール材料とすることもできるでしょう。

学校行事として、1年生ではフレッシュマンキャンプ、2年生ではサマースクール、3年生では修学旅行が用意されている他、全学年行事もあります。人間関係を育みコミュニケーション力をつけることもできるでしょう。

土曜スクーリングコース

月に2回ほど土曜日に登校し、その他の日は自宅などで自分のペースで学習するスタイルです。平日は自分で時間の使い方を決めることができますので、仕事をしながら、やりたいことを続けながら、学習を並行して進めることができます。

登校日数は年間で25日ほどになり、高校卒業資格の取得が可能です。登校日は土曜日なので通勤通学ラッシュに巻き込まれる心配がありませんし、少人数クラスなので、静かで落ち着いた雰囲気の中で勉強することができます。

普段の学習は、基本的に教科書を読んでレポートを提出します。自主学習がメインとなりますが、レポート作成や進路指導など、先生が生徒各自に合わせて丁寧に指導していきます。

授業内容としては普通教科の授業となり、国語、数学、地理・歴史、公民、理科、英語、保健体育、音楽、情報を学びます。年に数回、行事があるので、クラスメイトと仲を深めることもできるでしょう。

中山学園高等学校の学費(2023年度)

平日スクーリングコース学費

入学金 60,000円
授業料 336,000円
(25単位取得時/就学支援金対象)
施設費 70,000円
制服・体操服等 約120,000円
補修費 156,000円
研修積立金 132,000円
就学支援金・千葉県授業料減免制度 ▲336,000円
※世帯年収590万円未満
初年度学費  538,000円 ※就学支援金適用時

土曜スクーリングコース学費

入学金 40,000円
授業料 175,000円
(25単位取得時/就学支援金対象)
施設費 10,000円
教科書代 約20,000円
行事積立金 15,000円
就学支援金 ▲175,000円
※世帯年収590万円未満
初年度学費 85,000円 ※就学支援金適用時

学費の減免・サポート制度について

中山学園高等学校では、高等学校等就学支援金千葉県授業料減免制度を利用することができます。

高等学校等就学支援金とは国からの支援金で、保護者の世帯収入によって支援金額が異なります。

千葉県授業料減免制度は千葉県が設けている制度で、千葉県内の私立高校に通う生徒を対象にして、経済的理由などで授業料の納付が難しい場合に、授業料を免除あるいは軽減する制度です。これらの制度を利用することで学費の負担を軽減することができます。

中山学園高等学校には特待生制度もあります。入学試験の面接試験及び学力試験の結果を踏まえて特待生選抜会議で選抜されます。特待生となると1年次の授業料が免除される他、平日スクーリングコースの場合は補習費も免除されます。

中山学園高等学校の偏差値・入試情報

中山学園高等学校は出願資格として、入学時に千葉県または東京都に在住である必要があります。

推薦入試の場合は、平日スクーリングコース、土曜スクーリングコースともに、作文試験(200字~800字程度)及び面接試験が行われます。

一般入試の場合は、平日スクーリングコース、土曜スクーリングコースともに、学⼒試験として国語・英語・数学の試験、及び面接試験が行われます。

なお、面接は受験者のみで、保護者の参加はありません。

試験対策について

試験対策として、推薦入試を考えている場合には作文試験への対策が必要です。与えられたテーマに対して作文を書く練習をしておくと良いでしょう。その際には、冒頭でまず自分の考えを述べ、そう考える理由を何点か挙げて、最後に自分の言いたいことをまとめると書きやすいかもしれません。

一般入試の場合は、国語、英語、数学の対策が必要です。この中で苦手とする教科があれば、重点的に復習しておきましょう。

推薦入試、一般入試ともに面接試験が行われます。面接でよく質問されることに対し、ある程度答えを作っておくのも良いでしょう。また、身近な大人の人に練習相手になってもらうのも良いかもいしれません。

中山学園高等学校の通信制が向いている生徒/向いていない生徒

中山学園高等学校が向いている生徒

・大勢の人の中で過ごすのが苦手

・基礎から学びたい

・少人数で、仲間と勉強したい(平日スクーリングコース)

・行事も楽しみたい(平日スクーリングコース)

・自分のペースで勉強したい(土曜スクーリングコース)

少人数クラスなので、アットホームな雰囲気で先生と生徒の距離も近く、落ち着いた環境が魅力です。

その中で、ともに勉強する仲間がほしい場合には平日スクーリングコースがより良いかもしれませんし、平日は勉強以外に時間を使いたい場合や、通学をできるだけ少なくしたい場合には土曜スクーリングコースが良いかもしれません。

中山学園高等学校が向いていない可能性がある生徒

・通学する日は極力少ないほうがいい

・難関大学への進学を希望している

中山学園高等学校では、平日スクーリングコースで週5日、土曜スクーリングコースでも月に2回程度の通学が必要です。通信制高校の中には年に数日の通学で良いところもあることを考えると、通学を極力少なくしたい場合には他の高校も視野に入れても良いかもしれません。

また、中山学園高等学校の進路として、両コースともに専門学校への進学の割合が最も高く、次いで就職となっています。したがって、難関大学へ進みたいと考えている場合にはあまり向いていないかもしれません。