並木学院福山高等学校の通信制ってどう?学費・偏差値・口コミ評判

並木学院福山高等学校ってどんな学校?

並木学院福山高等学校の学費
312,000円〜/年間

※上記は通信コース/就学支援金適用時の金額
※住所を入力すると通学県内にある学校高校の資料をまとめて請求できます。

並木学院福山高等学校とは、広島県福山市に所在する通信制の高等学校です。

・中国・四国地方最大の学校法人グループが運営しているため、進路選択の幅が広い
・全国大会で活躍するなど豊富な部活動の数々
・毎月開催される充実した学校行事

通信制の高等学校でありながら、全日制と変わらない学生生活を送れます。

また週1日の通学でも可能なため、多くの不登校経験者・高校中退者・社会人が通っています。自分に合った学生生活を築き上げたい人におすすめする高等学校です。

この記事はAIによる自動生成ではなく、卒業生と通信制高校選びの専門家によって執筆・編集されています。

通信制高校を検討している
すべての家庭に読んでほしいこと

「通信制入ったけど子どもが辞めた」

全日制と比較して自由に学べると評判の通信制高校ですが、中には失敗したという声もあります。

その後悔の声は「学校と合わなかった」に集約されます。

不登校支援がある学校を選べば良かった
  
「通信制高校は不登校生徒を受け入れてもらえる」という安易なイメージで選ぶんじゃなかった
  
自主学習が基本、不登校生徒へのサポートはなし、やる気がある人だけ引き上げるという感じ。不登校支援がある学校、しっかり時間かけて選べば良かったなあ

学費の安さで公立を選んで失敗

通信制高校ならどこも一緒でしょと、公立を選んだら大失敗。家から遠いし、週2日は通わないと単位取れないし、勉強もつまらない。3年間とても保ちそうにない…。

人気校だから合うわけではない

テレビの特集で見かけた人気の通信制を選んだら、思った以上にアクティブな生徒が多く、コミュ障の息子はたまの通学も嫌がるように。

通信制でも不登校になったらどうしたらいいのか…。転校も考えています。

近所にあるから、学費が安いから、そんな理由で比較をせずに選んでしまうと、学校と合わずに辞めてしまうことも多いです

後悔しないためには、通学エリアにある学校を3~5校比較するのは必須

通信制高校の一括資料請求サービスを活用すれば、住所を入力するだけで、通学エリアにある学校のパンフレットを簡単に取り寄せることができます。

学校のパンフレットを見比べるだけでも特徴はわかりますし、「この学校だけは違うな」と取捨選択もできます

住所を入力するだけで簡単に取り寄せることができるので、通信制高校の比較がまだできていない家庭は、利用してみてください。

複数校の資料を取り寄せ
学校を比較してみる

⬇⬇⬇

人気校は早めに募集を締め切る学校もあります。出願には学校説明会の参加が必須、など学校によって条件があることもあるので、募集要項は急いで取り寄せ確認しましょう

学費312,000円〜
*通信コース/就学支援金適用時
*通学にかかる費用はキャンパスによって異なります
スクーリング基本コース:週1日 or 半期につき1回7日間の集中スクーリング
2日制コース:週2日
4日制コース:週4日
開講コース【基本コース】
通信制クラス / 集中クラス
【2日制コース】
2日制クラス / 個別クラス / フレキシブルクラス
【4日制コース】
特進クラス / 総合クラス / 進学クラス / 学年別クラス
入学時期新入学:4月 10月 / 編入転入:随時
本校所在地広島県福山市吉津町12-27
キャンパス三原市・倉敷市(学習教室)

通信制の高等学校と言うと、生徒関係が希薄で、学習指導を受けてすぐに帰宅するというイメージを持つかもしれません。

しかしながら並木学院福山高等学校は違います。並木学院福山高等学校では新入生歓迎会にはじまり、球技大会や修学旅行など毎月学内行事を開催。そのため生徒同士が協力して行動する機会が多く、今後の社会進出において非常に役に立ちます。さらに部活動も充実しています。柔道部や話題のEスポーツ部などもあり、全国区での活躍も目覚ましいです。

また並木学院福山高等学校の運営は、中国・四国地方で多数の学校を経営してい加計学園グループです。

多くの研究団体に加盟していて、教員の指導力も折り紙付きです。授業内容は難関大学への進学や、各種資格取得を目指す人を意識したものとなっています。一方で通信制の高等学校らしく、個別指導も充実しており、授業から取り残されないようなサポートもきめ細かく行われています。

目次

並木学院福山高等学校の通学コース解説

並木学院福山高等学校の通学コース・カリキュラム解説

週4日制コース

週4日制コースは、通信制の高等学校でありながら全日制と変わらない高校生活を送れるのが特徴です。高校1年生相当の「総合クラス」で大学進学を目標として、国語・数学・英語を中心に学んでいきます。

制服の着用が義務付けられ、修学旅行の参加も必須です。高校2年生相当の「進学クラス」、高校3年生相当の「特進クラス」と進み、学年が上がるにつれ学習の内容もより濃いものになっていきます。

集団生活が苦手という人には「1年生クラス」が用意されています。1クラス20名で構成されている少人数のクラスです。制服の着用は義務付けられていますが、自分のペースで学習をすることができます。

週2日制コース

週2日制コースは、月曜・火曜・木曜・金曜の中から週2日登校し、1日2~6時間程度の授業を受けます。

授業内容はレポート指導を中心として、生徒一人ひとりに合わせたプランを組んでいきます。授業をさらに受けたい場合は通学回数を増やすことも可能です。逆に集団授業が苦手な場合には、個別指導クラスにて指導します。

また福山の本校に通うことが困難な生徒には、三原・倉敷に設けてある学習教室でスクーリングをうけることもできます。

基本(週1日制)コース

基本(週1日制)コースは週1日、水曜日のみの登校です。テレビやその他メディアを利用して授業を視聴する環境が整っていれば、さらに通学回数を減らすことも可能です。そのため通学が苦手な人から、子育て中の人、社会人、塾を掛け持ちしている人まで様々な事情の人が通っています。

並木学院福山高等学校の学費情報(2023年度)

並木学院福山高等学校の学費・授業料

並木学院福山高等学校の学費は以下の通りです。

入学金30,000円(初年度のみ)
授業料週4日制:552,000円
週2日制:456,000円
週1日制:264,000円
施設費18,000円
初年度学費週4日制:600,000円
週2日制:504,000円
週1日制:312,000円
※就学支援金適用前の金額

就学支援金制度を活用して学費は安くなる

並木学院福山高等学校は高等学校等就学支援金の対象校です。世帯年収によって以下の支援が受けられます。

世帯年収が約590万円未満:1単位あたり最大で12,030円支給

世帯年収が約590〜910万円未満:1単位あたり最大で4,812円支給

広島県の授業料等軽減補助金制度

また広島県在住世帯には、授業料等軽減補助金制度が用意されています。世帯年収が約350万円未満で授業料が全額助成されます。

したがって、各制度を利用した場合の世帯年収ごとの毎月の学費(授業料+施設費)は以下の通りです。

世帯年収が約350万円未満
週4日制コース/0円、週2日制コース/0円、基本(週1日制)コース/0円

世帯年収が約350万円~約590万円未満
週4日制コース/22,750円、週2日制コース/14,750円、基本(週1日制)コース/0円

世帯年収が約590〜910万円未満
週4日制コース/37,600円、週2日制コース/29,600円、基本(週1日制)コース/13,100円

世帯年収が約910万円以上
週4日制コース/47,500円、週2日制コース/39,500円、基本(週1日制)コース/23,500円

並木学院福山高等学校の偏差値・入試情報

並木学院福山高等学校に偏差値はある?

通信制高校のため偏差値なし

並木学院福山高等学校は通信制の高等学校のため、偏差値という基準はありません。入試試験を行っておりません。したがって偏差値という基準はありません。

新入学の入試試験は前期と後期の2回行われています。入試を申し込むためには、事前に学校説明会(加えて週4日制コースは授業見学)の参加が必要です。

編入学・転入学は随時受け付けています。入試は基本的に作文と面接です。それに各コースによって筆記試験が加わります。

入試内容

週4日制コースの「総合クラス」・「進学クラス」・「特進クラス」基本(週1日制)コースでは30分の筆記試験(国語・数学・英語)が行われます。ただし成人した社会人は筆記試験の免除が可能です。

筆記試験では中学生レベルの基礎的な知識が問われるので、よく復習しておいてください。

作文対策

作文は時間内に誤字・脱字なく正確に書き上げることが重要です。日頃から時間を計って、自分の伝えたいこと・考えていることを書き出す練習をしておきましょう。

面接は保護者同伴になる可能性があります。保護者の考えと志願者の考えが不一致しないように、あらかじめ面接で話す内容をすり合わせておきましょう。声は大きく、はっきりと、そして丁寧な口調で面接に挑んでください。

並木学院福山高等学校の通信制が向いている生徒/向いていない生徒

向いている生徒

並木学院福山高等学校に向いてる人

並木学院福山高等学校は様々なコースが用意されています。

修学旅行や部活を思う存分味わいたい人は週4日制コース、高校以外にやりたいこがとがある人は週2日制コース・基本(週1日制)コースが最適です。したがって、

・全日制のような高校生活を送りたい
・少人数クラスや個別指導でアットホームな授業を受けたい
・働いているので、通学回数をなるべく少なくして学習したい

といった様々な人が向いています。また通信制高校らしく、多くの高校中退者や不登校経験者も受け入れているため、そういった人たちも安心して通えます。

向いていない生徒

並木学院福山高等学校に向いていない人

一方で並木学院福山高等学校は狭域制の通信制高校のため、全国にサポート校がありません。そのため、

・広島県福山市にある本校に通うのが難しく、倉敷・三原にある学習教室にも通えない人

は向いていると言えません。検討し直して、自分に合った通信制高校を探してください。

通信制高校を検討している
すべての家庭に読んでほしいこと

「通信制入ったけど子どもが辞めた」

全日制と比較して自由に学べると評判の通信制高校ですが、中には失敗したという声もあります。

その後悔の声は「学校と合わなかった」に集約されます。

不登校支援がある学校を選べば良かった
  
「通信制高校は不登校生徒を受け入れてもらえる」という安易なイメージで選ぶんじゃなかった
  
自主学習が基本、不登校生徒へのサポートはなし、やる気がある人だけ引き上げるという感じ。不登校支援がある学校、しっかり時間かけて選べば良かったなあ

学費の安さで公立を選んで失敗

通信制高校ならどこも一緒でしょと、公立を選んだら大失敗。家から遠いし、週2日は通わないと単位取れないし、勉強もつまらない。3年間とても保ちそうにない…。

人気校だから合うわけではない

テレビの特集で見かけた人気の通信制を選んだら、思った以上にアクティブな生徒が多く、コミュ障の息子はたまの通学も嫌がるように。

通信制でも不登校になったらどうしたらいいのか…。転校も考えています。

近所にあるから、学費が安いから、そんな理由で比較をせずに選んでしまうと、学校と合わずに辞めてしまうことも多いです

後悔しないためには、通学エリアにある学校を3~5校比較するのは必須

通信制高校の一括資料請求サービスを活用すれば、住所を入力するだけで、通学エリアにある学校のパンフレットを簡単に取り寄せることができます。

学校のパンフレットを見比べるだけでも特徴はわかりますし、「この学校だけは違うな」と取捨選択もできます

住所を入力するだけで簡単に取り寄せることができるので、通信制高校の比較がまだできていない家庭は、利用してみてください。

複数校の資料を取り寄せ
学校を比較してみる

⬇⬇⬇

人気校は早めに募集を締め切る学校もあります。出願には学校説明会の参加が必須、など学校によって条件があることもあるので、募集要項は急いで取り寄せ確認しましょう

並木学院福山高等学校 卒業生の口コミ評判


0.0
5つ星中0.0つ星です!(0人の卒業生データ)

この学校のレビューはまだありません。最初のレビューを書きませんか?

この学校をレビューする

目次