N高等学校の卒業生に有名人はいる?芸能人・スポーツ選手・分野別に調査

N高等学校は、インターネット上での学習を中心とした通信制高校です。2023年末には「カンブリア宮殿」にも特集され、新しい教育の形が話題になりました。

通信制高校であるN高等学校の卒業生は、どのような進路を選んでいるのでしょうか。

N高等学校は、スポーツ界や芸能界で活躍する人材を多数輩出している高校のひとつです。ここでは、卒業生のなかで有名人として知られている人にはどんな人がいるかを具体的に紹介し、有名人以外の卒業生の進路についてもご説明します。

N高等学校・S高等学校の資料請求を請求してみる(無料)
住所入力すると、自動で最寄りのキャンパスを検索。N高等学校と、類似の通信制高校のキャンパス資料をまとめて取り寄せることができます。

通信制高校を検討している
すべての家庭に読んでほしいこと

「通信制入ったけど子どもが辞めた」

全日制と比較して自由に学べると評判の通信制高校ですが、中には失敗したという声もあります。

その後悔の声は「学校と合わなかった」に集約されます。

不登校支援がある学校を選べば良かった
「通信制高校は不登校生徒を受け入れてもらえる」という安易なイメージで選ぶんじゃなかった
  
自主学習が基本、不登校生徒へのサポートはなし、やる気がある人だけ引き上げるという感じ。不登校支援がある学校、しっかり時間かけて選べば良かったなあ

学費の安さで公立を選んで失敗

通信制高校ならどこも一緒でしょと、公立を選んだら大失敗。家から遠いし、週2日は通わないと単位取れないし、勉強もつまらない。3年間とても保ちそうにない…。

近所にあるから、学費が安いから、そんな理由で比較をせずに選んでしまうと、学校と合わずに辞めてしまうことも多いです

後悔しないためには、通学エリアにある学校を3~5校比較するのは必須

通信制高校の一括資料請求サービスを活用すれば、住所を入力するだけで、通学エリアにある学校のパンフレットを簡単に取り寄せることができます。

学校のパンフレットを見比べるだけでも特徴はわかりますし、「この学校だけは違うな」と取捨選択もできます

住所を入力するだけで簡単に取り寄せることができるので、通信制高校の比較がまだできていない家庭は、利用してみてください。

資料請求は無料です。学年と住所入力(60秒ほどで完了)をすると、通学エリアにある学校資料が2-3日で届きます。

目次

N高等学校の卒業生で芸能人・タレントとして活躍している人

N高等学校の卒業生で芸能人・タレントとして活躍している人

N高等学校は、個性的なカリキュラムだけでなく、有名人が在籍、卒業していることでも話題を呼んでいます。卒業生のなかには、厳しい芸能界で華々しく活動をしている人が多数見受けられます。

池田美優さん(みちょぱ)

タレントでは、「みちょぱ」の愛称で知られる池田美優さんが挙げられます。みちょぱさんは、N高等学校の在籍時に自身のTwitterのアカウントで他校からN高等学校に転校したことを公表し、「しっかりと学業が学べる環境だからこれから楽しみ〜っ!!サボりがちな学業もがんばろ。。笑」とツイートしていました。10代の頃からメディア出演に忙しい彼女にとっては、通信制で学べるというN高等学校の環境が適していたのでしょう。

奥村野乃花さん(アイドルプロデューサー)

https://twitter.com/nonotap/status/1108281988220243968

また、女性アイドルグループ「虹のコンキスタドール」の元メンバーとして人気を博した奥村野乃花さんも、N高等学校の卒業生です。

2018年に「虹のコンキスタドール」を卒業してからは、女性アイドルグループのマネジメントやプロデュースを担当し、敏腕プロデューサーとして後進の育成に努めています。アイドルへの情熱から自分自身がアイドルになるという夢を実現するだけでなく、さらに将来のアイドルを育てるという才能も発揮している稀有な人材と言えるでしょう。

N高等学校・S高等学校の資料請求を請求してみる(無料)
住所入力すると、自動で最寄りのキャンパスを検索。N高等学校と、類似の通信制高校のキャンパス資料をまとめて取り寄せることができます。

N高等学校の卒業生でスポーツ選手として活躍している人

N高等学校の卒業生でスポーツ選手として活躍している人

N高等学校の卒業生には、スポーツ界の一線で活躍している有名人もいます。

紀平梨花選手(フィギュアスケート)

N高等学校への入学時から話題を呼んでいたのが、フィギュアスケート・女子シングルの紀平梨花選手です。トリプルアクセルや四回転ジャンプなど、高難度のジャンプをこなすだけでなく、豊かな芸術性も備えた紀平選手は、フィギュア界でも大変注目度の高い選手です。これまでに、四大陸選手権やグランプリファイナルでの優勝など、世界的な大会でもきわめて優秀な成績を収めてきました。

中学校の頃から既に注目されていた紀平選手が、進学先としてN高等学校を選んだのは、海外遠征も多いフィギュアスケートと学業を両立させやすい環境だったから。卒業時には、濃紺のブレザーに薄紫のリボンを付けたN高等学校の制服姿でN高卒業式にオンラインで参加し、充実した3年間を振り返る喜びのメッセージを寄せました。

なお、N高等学校を卒業後の紀平選手は、早稲田大学人間科学部 eスクール(健康福祉科学科通信教育課程)へ進学し、引き続き学業とフィギュアスケートの両立ができる環境に身をおいています。(参考:N高・紀平梨花さん特別インタビュー

望月慎太郎選手(テニス)

また、2019年のウィンブルドン選手権ジュニア男子シングルスで見事優勝を果たし、一躍脚光を浴びたテニスの望月慎太郎選手も、N高等学校の卒業生です。2023年2月のテネリフェ・チャレンジャーIIのダブルスで初優勝をするなど、シングルスだけでなく、ダブルスでも華々しい成績を収め、次世代のテニス界を担う人材として注目されています。(参考:N高・望月慎太郎さん、「ウィンブルドン選手権・ジュニア」で優勝

N高等学校・S高等学校の資料請求を請求してみる(無料)
住所入力すると、自動で最寄りのキャンパスを検索。N高等学校と、類似の通信制高校のキャンパス資料をまとめて取り寄せることができます。

N高等学校の卒業生で棋士として活躍している人

N高等学校の卒業生で棋士として活躍している人

大島綾華さん(女流棋士)

N高等学校の卒業生が活躍しているジャンルは、芸能界やスポーツ界だけではありません。将棋や囲碁といった学業との両立がなかなか難しいと言われるジャンルで活躍する有名人もいます。

日本将棋連盟に所属する女流棋士の大島綾華さんは、N高等学校の卒業生です。2021年5月に女流2級として関西所属の女流棋士になり、翌2021年6月には女流1級、2022年4月には女流初段に昇級し、着実に実力を上げている人気の女流棋士です。

上野愛咲美さん(女流囲碁棋士)

囲碁界で活躍する卒業生としては、女流囲碁棋士の上野愛咲美さんも挙げられます。素晴らしい成績を収めるだけでなく、NHK囲碁フォーカスの講師も務め、囲碁の普及にも大きく貢献しています。

中学時代から既に囲碁漬けの生活を送っていた上野愛咲美さんは、高校進学をするかどうかを迷った時期もあったということですが、恩師である藤澤一就八段がN高等学校の囲碁部の名誉顧問に就任したこともあり、N高等学校への進学を決めました。

N高等学校に進学後は、高校1年生の冬に、初タイトルにあたる女流棋聖を獲得すると、高校3年間の間に5つのタイトルを獲得しました。そして、卒業後の2023年には遂にグランドスラムと呼ばれる女流5タイトルの獲得を見事に達成しています。

N高等学校は、他にも、将棋の加藤結李愛さん、囲碁の広瀬優一さんなど、将棋界、囲碁界で活躍する有名人を多数輩出しています。

N高等学校・S高等学校の資料請求を請求してみる(無料)
住所入力すると、自動で最寄りのキャンパスを検索。N高等学校と、類似の通信制高校のキャンパス資料をまとめて取り寄せることができます。

まとめ:N高等学校の卒業生は、実に多様な進路選択をしている!

N高等学校の卒業生の進路は、実に幅広いものです。スポーツや芸能といった一芸に秀でた活躍を見せる人もいれば、大学や専門学校へ進学して、さらに学びを深める人もいます。

近年は、N高等学校の学内でオンラインでの大学説明会やバーチャルオープンキャンパスが実施されていることもあり、大学への進学を希望する生徒が増加傾向にあります。卒業生の進学先には、難関校と呼ばれる大学も多いです。なかには、東京大学や京都大学といった超難関の国公立大学へ進学を決めた卒業生もいます。

進学先は、国内の大学だけではありません。より専門的な知識を身につけ、視野を広げるために、海外への進学を選択する卒業生もいます。N高等学校3年に在学時に、「第30回国際情報オリンピック」日本代表として出場した清水郁実さんは、見事銅メダルを獲得しました。清水さんは、N高等学校を卒業後、カリフォルニア大学に進学しています。

卒業生の進路の内訳については、大学進学をする人の割合がもっとも多く、つづいて専門学校への進学をする人が多いです。また、就職を選択する卒業生には、在学時にインターンシップの制度を活用して働きながらエンジニアとしての就職を決めた卒業生など、N高等学校での学びも生かして、企業の即戦力として活躍している人材がいます。

N高等学校の資料を取り寄せよう

  • 英語・プログラミング教育が充実
  • 資料請求で最寄りのキャンパス情報GET
  • フォーム入力(1分)で最短翌日届く
N高等学校の通学コースは人気で定員オーバーになるキャンパスも多いです。詳細と募集要項は早く取り寄せ準備をはじめましょう。

通信制高校を検討している
すべての家庭に読んでほしいこと

「通信制入ったけど子どもが辞めた」

全日制と比較して自由に学べると評判の通信制高校ですが、中には失敗したという声もあります。

その後悔の声は「学校と合わなかった」に集約されます。

不登校支援がある学校を選べば良かった
「通信制高校は不登校生徒を受け入れてもらえる」という安易なイメージで選ぶんじゃなかった
  
自主学習が基本、不登校生徒へのサポートはなし、やる気がある人だけ引き上げるという感じ。不登校支援がある学校、しっかり時間かけて選べば良かったなあ

学費の安さで公立を選んで失敗

通信制高校ならどこも一緒でしょと、公立を選んだら大失敗。家から遠いし、週2日は通わないと単位取れないし、勉強もつまらない。3年間とても保ちそうにない…。

近所にあるから、学費が安いから、そんな理由で比較をせずに選んでしまうと、学校と合わずに辞めてしまうことも多いです

後悔しないためには、通学エリアにある学校を3~5校比較するのは必須

通信制高校の一括資料請求サービスを活用すれば、住所を入力するだけで、通学エリアにある学校のパンフレットを簡単に取り寄せることができます。

学校のパンフレットを見比べるだけでも特徴はわかりますし、「この学校だけは違うな」と取捨選択もできます

住所を入力するだけで簡単に取り寄せることができるので、通信制高校の比較がまだできていない家庭は、利用してみてください。

人気校は早めに募集を締め切る学校もあります。出願には学校説明会の参加が必須、など学校によって条件があることもあるので、募集要項は急いで取り寄せ確認しましょう

目次