全国の通信制高校・サポート校リスト

【秋田】発達障害の生徒が”通信制高校”を選ぶべき理由とは?受け入れ可能な高校もまとめました

管理人
管理人

この記事は、「秋田で発達障害/グレーゾーンの生徒を受け入れてくれる高校を探している人」向けに書いています。

発達障害を抱えていると、高校へ進学するのは難しいと考えている人もいるのではないでしょうか。

そんなときには、通信制高校へ入学するという選択肢を考えてみてください。

秋田には、発達障害へのサポート体制が万全の通信制高校があります。こちらの記事では、発達障害に理解がある秋田の通信制高校の紹介、学校を選ぶコツについてお話します

秋田県で学費が安い通信制高校は?公立・私立・サポート校の一覧秋田県内で通える通信制高校で学費が安い学校はどこ?公立校/私立校/サポート校の学費をまとめたページです。...

発達障害の生徒が通信制高校を選ぶべき理由

まずは発達障害とは何か、その特性などとともに、発達障害の生徒に通信制高校が適する理由などを見ていきましょう。

発達障害の特性

発達障害とは、脳の一部の機能障害により起こるさまざまな特性のことです。

主に自閉症(自閉症スペクトラム)、高機能自閉症、学習障害(LD)、注意欠陥・多動性障害(ADHD)に分類され、それぞれ特性が異なります。

例えば自閉症は周囲の人とほど良い関係を築くことが苦手、興味や関心が特定の分野に傾きやすいなどの特性があります。

学習障害は知能の発達は正常ながら、聞く・読む・書くなど特定の事柄について行うことが難しいことが特徴です。

また、発達障害の特性が見られるものの、診断基準を満たさないため発達障害と確定できないケースをグレーゾーンと言います。

このような発達障害やグレーゾーンの人は、教室でほかの生徒と同じペースで授業を受けたり、多くの人と一緒に学校生活を送ることに苦労する場合があるのです。

通信制高校が発達障害の生徒と適している点

そこでおすすめなのが通信制高校です。

通信制高校は自宅など学校以外の場所で学習を行うことができる高校です。

実際に学校へ登校するのは年に数回程度。教室で授業を受けるというスタイルではないので、自分のペースで学習を進めることができます。

また、周囲にほかの生徒や先生がいないため、ほかの人と関わることが苦手な発達障害の人でも安心して学校を続けられるというメリットもあります。

秋田の通信制高校事情

秋田は高校の数自体それほど多くはないエリアです。

発達障害を持っている状態で全日制高校に通うこと自体は不可能ではなく、実際に通学している人もいます。

しかし、ての全日制高校が発達障害に対し理解があり、その人に適した学習環境を整備してくれるかというとそうとは言い切れないところもあります。

まして、高校数が多くはない秋田県内では、発達障害を持った人が自分にとってベストな全日制高校を選ぶのは難しいでしょう。

その点、通信制高校は学校の特徴自体が発達障害の特性にマッチしやすいので、発達障害の人も自分に合った学校を選びやすいと考えられます。

秋田県内にも複数の通信制高校があるので、こちらを選ぶのが良いでしょう。

秋田で発達障害に理解のある通信制高校の選び方

秋田県で発達障害を受け入れてくれる通信制高校を選ぶ際にまず意識したいのが、個々の事情に対応してくれるかどうかです。

発達障害を持つ人はそれぞれに特性があり、皆一律の対応では適応できない可能性があります。

個々の事情を組みながらできる限り親身になって対応してくれる学校を選ぶことがポイントです。

また、カウンセラーなど発達障害の生徒を専門的にケアしてくれるスタッフが揃っている学校を選ぶのもおすすめです。

そのほか、生徒同士の交流がどの程度あるのかも確認してみてください。

発達障害やグレーゾーンの人はほかの人との関わりが苦手な傾向にありますが、だからと言って外部との関わりを完全にシャットアウトしてしまうのは得策ではありません。

生徒同士の関わり合いの中で、人と接することに少し慣れたり、友達ができたりすることもあるでしょう。

このような経験はきっとプラスになるはずです。自分の特性と向き合いながら充実した高校生活を送るため、このような点を意識しながら学校選びをしてみてください。

秋田で発達障害を受け入れ可能な通信制高校は?

秋田県内の通信制高校の数は限られていますが、発達障害やグレーゾーンの特性にマッチした学校が多数あります。

それぞれの通信制高校の特徴をしっかり確認した上で、無理なく自分のペースで通える高校、そして本人が通いたいと希望する高校を選ぶことが大切です。

秋田でおすすめのサポート校「高等専修学校 秋田クラーク高等学院」

年間学費 コースに金額によって異なります
通学コース 全日型コース(総合学習コース・ITグラフィックコース・ITクリエイティブコース・進学プログレスコース・保育コース)/単位制コース(ワンデイコース・在宅Webコース)
住所 秋田県秋田市大町1丁目2-7サンパティオ内

秋田クラーク高等学院は全国にキャンパスを持つクラーク記念国際高等学校との連携サポート校です。

週5日通学するコースや週1日通学のコース、月2回程度通学のコースなどさまざまなコースが用意されており、自分のペースで学習することが可能です。

また、カウンセラーが在籍していることも強みです。

先生全員がカウンセリングマインドを身に付けており、生徒1人1人の事情や学習の進捗状況などに合わせた親身な対応がなされています。

秋田でおすすめの通信制高校「秋田修英高等学校」

年間学費 250,000円~
通学コース 通信制課程
住所 秋田県大仙市大曲須和町1-1-30

秋田県南部の大仙市にある通信制高校です。全日制と併設されていることが特徴の1つ。

自宅学習が中心なので、個々の特性に合わせマイペースに学べます。

ホームルームや学校行事、クラブ活動などの時間も年10時間ほど設けられており、ほかの生徒との関わり合う機会も持てます。

なお、生徒と保護者がカウンセラーの教育相談などを受けられることもポイントです。

秋田県で唯一私立で通信制課程を設置する高校として、さまざまな事情のある大勢の生徒に対応してきた確かな実績のある学校です。

秋田でおすすめの通信制高校「秋田県立秋田明徳館高等学校」

年間学費 38,000円
通学コース 通信制課程
住所 秋田県秋田市中通二丁目1番51号

定時制課程と通信制課程を設置している県立高校です。県立なので学費が安いのがメリットです。

学力検査がなく、入学願書と一緒に提出する作文や個人面接で入学の判断がなされることが特徴です。

月2回スクーリングのための通学があり、少人数で行う曜日を設けるなど、多人数と関わるのが苦手な人も通いやすい工夫がなされています。

また、スポーツなどの部活に入部することも可能です。

年1回の大会に向けた活動を行っているので、勉強以外で学校生活をより楽しみたい人や部活を通して友達づくりがしたい人などにマッチするでしょう

さまざまな世代の人が通学しているため、個々の事情に合わせ柔軟に対応してくれることも強みと言えます。

発達障害に適した通信制高校を選ぼう!

発達障害があると高校に通うのは難しいと諦めている生徒や保護者もいるでしょう。ですが、通信制高校という選択肢があります。

発達障害に体するサポートが充実していたり、就労に対しての相談に乗ってくれるところもあるので、まずはそれぞれの高校の特徴を調べて、無理せずに通えるところを探すようにしましょう。

学費の安い通信制高校へ資料請求!
簡単無料1分で資料請求