【2024年】愛媛で学費が安い通信制高校は?おすすめ・人気校一覧

愛媛県内の通信制高校学費
19,000円〜/年間

※公立の「松山東高等学校」通信制課程の場合
※上記のボタンから県内の通信制高校の資料を広く取り寄せることができます。

・愛媛県内にはどんな通信制高校があるの?
・学費が安い愛媛県内の通信制高校はどこ?
・学費が安いだけでなく、サポートや設備が充実している学校は?

この記事では、愛媛県内で通える通信制高校・サポート校について、主に学費が安くておすすめな学校情報をまとめています。

愛媛県の通信制高校には公立と私立がありますが、公立の通信制高校は1校しかないため、スクーリングがしにくい場合もあります。

愛媛県の私立通信制高校は学費が高いイメージがあるかもしれませんが、国から支給される「就学支援金」を差し引けば、年間数万〜10万円以内で通学できる学校も多いです。

そのため、まずは通える範囲内にある学校の中から、学費の安い通信制高校を探していくのがおすすめです!

公立・私立を問わず、まずは通学エリアにある通信制高校の情報を取り寄せてみましょう

通信制高校を検討している
すべての家庭に読んでほしいこと

「通信制入ったけど子どもが辞めた」

全日制と比較して自由に学べると評判の通信制高校ですが、中には失敗したという声もあります。

その後悔の声は「学校と合わなかった」に集約されます。

不登校支援がある学校を選べば良かった
「通信制高校は不登校生徒を受け入れてもらえる」という安易なイメージで選ぶんじゃなかった
  
自主学習が基本、不登校生徒へのサポートはなし、やる気がある人だけ引き上げるという感じ。不登校支援がある学校、しっかり時間かけて選べば良かったなあ

学費の安さで公立を選んで失敗

通信制高校ならどこも一緒でしょと、公立を選んだら大失敗。家から遠いし、週2日は通わないと単位取れないし、勉強もつまらない。3年間とても保ちそうにない…。

近所にあるから、学費が安いから、そんな理由で比較をせずに選んでしまうと、学校と合わずに辞めてしまうことも多いです

後悔しないためには、通学エリアにある学校を3~5校比較するのは必須

通信制高校の一括資料請求サービスを活用すれば、住所を入力するだけで、通学エリアにある学校のパンフレットを簡単に取り寄せることができます。

学校のパンフレットを見比べるだけでも特徴はわかりますし、「この学校だけは違うな」と取捨選択もできます

住所を入力するだけで簡単に取り寄せることができるので、通信制高校の比較がまだできていない家庭は、利用してみてください。

人気校は早めに募集を締め切る学校もあります。出願には学校説明会の参加が必須、など学校によって条件があることもあるので、募集要項は急いで取り寄せ確認しましょう

目次

愛媛県の通信制高校事情

通信制高校は学ぶペースが比較的自由に組めるので全日制より通いやすかったり、時間の融通が利くため働きながらでも勉強ができることが大きなメリットになります。

愛媛県の通信制高校は、公立高校が1校と私立が3校の計5校あります。

通信制公立高校メリットはなんと言っても学費の安さ。年間の学費がたった5万円程度で済みます

ただし、公立の通信制高校は全日制高校に比べて卒業率が低い傾向にあります。進学率にいたっては約2割と低めで就職率が7〜8割なのが実情と言えるでしょう。

私立通信制高校は資格が取れる

私立の場合、通信制高校の母数が多いこともあり全体の学生数も多く、それぞれ生徒の目指すところや目的に合わせてカリキュラム選択ができるのが最大のメリットです。

将来大学進学を目指すとすれば、その大学受験に向けたサポート体制がしっかりしている学校を選ぶこともできますし、オンラインでの環境を重視したいのであれば、ネット授業や試験に対応した学校も選択肢に入れることができます。

高校卒業後、進学よりも専門知識や資格を活かして働きたいと考えている人には、必要に応じた資格を徹底的に学べるコースを提供している学校もあります。

特に愛媛県の通信制高校には「言語」「音楽」「映像」に特化したコースの学科が多くあるのが特徴的です。

ただし、専門性を活かせたり個性を活かせる環境が大きいかわりに、学費が年間約25万円〜となり公立の通信制高校と比べると学費は高くなります。

それでも全日制の私立高校の年間の学費が平均で75万円程度と考えると、最大で70%も学費を抑えることができるのは大きなポイントでしょう。

通信制高校は個性を伸ばすチャンス!個性に合わせて選ぼう

愛媛県は同じ県内でも土地ごとの文化や風習が色濃く残ることもあり、だからこそ一人一人の個性をおおらかに受け入れる風土や文化が学校生活でも肌で感じることができます。

学校選びでは、公立高校は学費の安さ、私立高校は豊富なカリキュラム、というように両方のタイプの通信制高校にメリットがありますが、大切なのは事前に学校の雰囲気を確認することや、自分に合うか、自分が伸ばしたいことができる環境かどうかをしっかり見極めることでしょう。

愛媛県内で学費の安い通信制高校(公立)

県立松山東高等学校

学費20,000円程度
スクーリング週2回(日・火)
開講コース全日制課程・通信制課程普通科
入学時期4月
学校行事宿泊学習、理科野外学習、遠足、修学旅行、スケート教室、生活体験発表会他
本校所在地愛媛県松山市持田町2丁目2-12(最寄駅:勝山町駅から徒歩約8分)
【協力校】新居浜西高校、今治西高校、大洲高校、宇和島東高校

まず一番学費が安い通信制高校は、愛媛県唯一の公立の通信制高校の「県立松山東高校」です。ここでは年間の学費が年額2万円程度と愛媛県の通信制高校の中では一番安いです。

スクーリングは日曜日と火曜日の週2回で、体育大会や修学旅行などの学校行事にも力を入れている学校で勉強以外でも高校生活を充実できるようにプログラムが組んであります。

愛媛県内で学費の安い通信制高校(私立)

未来高等学校

キャンパス所在地:宇和島市、新居浜市、伊予市、今治市

参照:未来高等学校の公式HP画像
学費50,000円〜
*通信コース/就学支援金適用時
*通学にかかる費用はキャンパスによって異なります
スクーリング週5日
週2日(木、金)
月2日
集中スクーリング
入学時期新入学:4月 10月 / 編入転入:随時
本校所在地愛媛県松山市一番町一丁目
キャンパス【キャンパス】
松本本校、新居浜校、東海キャンパス
【学習センター】
東京、神奈川、埼玉、千葉、富山、山梨、静岡、愛知、兵庫、島根、山口、香川、徳島、福岡、熊本、大分、沖縄

次に紹介する「未来高等学校」は個性を重視した学校で、「高卒資格の取得」と「自分のやりたいこと」を両立することを掲げています。年間の学費はコースによって若干の差はありますが通信制の基本コースであれば、就学支援金こみで私立でありながら年額5万円程度なので安いです。

生徒個人のライフスタイルに合わせて集中型のスクーリングコースから平日コースまで幅広いコースが選ぶことができます。国語、英語、数学の基礎学習以外にも、アニメやIT、ビジネスなど生徒が伸ばしたい学習分野も幅広くカバーしているところも強みです。

日本ウェルネス高等学校

キャンパス所在地:愛媛県今治市大三島町口総4010

学費60,000円〜詳細
*通信コース/就学支援金適用時
*通学にかかる費用はキャンパスによって異なります
スクーリング週0、2、5日
開講コース【週5日スタイル】週5日の通学で確実に高校卒業を目指すスタイル
【週2日スタイル】少人数で学び、自分のペースで自由に学習できるスタイル
【通学0スタイル】自宅学習が中心のコース
入学時期新入学:4月 10月 / 編入転入:随時
専門授業スポーツ、ペット、保育、音楽、ダンスパフォーマンス、マンガ、製菓、トータルビューティー、大学進学、声優クリエイティブ等
本校所在地愛媛県今治市大三島町口総 4010
キャンパス神保町 / 坂戸学習支援センター / 利根 / 信州筑北 / 名古屋 / 広島 / 北九州 / 沖縄

3校目の「日本ウェルネス高等学校」は「落ちこぼれを作らない」をモットーに掲げ、復習を主体にした学習方法をとっている学校です。コースに関しては、将来の仕事につながる専門性に特化したコースも取り揃える通信制高校で、音楽やビューティー関連、アニメや声優など幅広い専攻を網羅しているのがポイントです。

特にペットコースとスポーツコースは提携専門学校の協力を得ているので、より専門性が高く本格的な授業を受けることができます。スポーツで将来活躍したい人にとっては、オリンピック選手や実業団選手などのレベルの高い選手たちとともに練習できる機会は魅力的だといえるでしょう。学費は週2日のスクーリングで24万円、在宅通信制で6万円で学ぶことができます。(※就学支援金こみ)

今治精華高等学校

キャンパス所在地:宇和島、四国中央、松山、西条

学費73,000円〜
*通信コース/就学支援金適用時
*通学にかかる費用はキャンパスによって異なります
スクーリング集中スクーリング+平日スクーリング
開講コース週2日登校コース、週4日登校コース、在宅コース、週1日登校コース、一般コース、大学受験コース、不登校生サポートコース
入学時期新入学:4月 10月 / 編入転入:随時
本校所在地愛媛県今治市中日吉町2丁目1番34号
キャンパス愛媛県今治市、西条市、四国中央市、松山市、宇和島市、高知県高知市

最後の4校目は「今治精華高等学校」です。年間の学費がおよそ43,000円で、スクーリングもキャンパスによって「夏季や冬季のみの集中型のスクーリング」や「週1、2、4コース」「社会人コース」などの5タイプあるので生徒一人一人に合わせたコースを選択できるようになっています。

修学旅行や球技大会、遠足、ボランティア活動など毎月様々な学校行事を開催していて、友達ができる機会もたくさんあるので楽しい学校生活を送ることができるでしょう。

専門性のあるコースはありませんが、進学先も国内外の有名大学や専門学校への進学実績もあり、就職希望の場合には資格取得として、英検や漢検、ビジネス能力検定や情報処理検定、ワープロ検定など就職にも直結した様々な検定や模試試験の学習支援があり、就職サポートが充実していることも魅力の一つでしょう。

NHK学園高等学校

キャンパス所在地:松山市持田町2-2-12

学費85,100円〜(詳細)
*通信コース/就学支援金適用時
*通学にかかる費用はキャンパスによって異なります
スクーリング月1-2回 or 年1回の集中スクーリング(4日間)
開講コースネット学習コース/ライフデザインコース/登校コース
入学時期新入学:4月 10月/編入学:4月 ・10月/転入学:随時
本校所在地東京都国立市富士見台品2-36-2
キャンパス東京/札幌/盛岡/仙台/名古屋/大阪/広島/福岡

NHK学園高等学校は毎年1000名以上の卒業生を輩出しているという日本最大規模の通信制高校です。

仕事がある人や、自分のやりたいことが明確に決まっている人、主婦の人などがまず最初に検討すべき通信制高校といえるでしょう。

授業は「NHK高校講座」を使って進めていくので、自宅でもどこでも受講可能。

スクーリングも年4日、提携キャンパスに通うだけでOKなので、忙しい人でも自分のペースで高校卒業を目指すことができます。学費もコースによっては安く、10万円程度で済むため経済的な負担も少ないのが大きな魅力です。

鹿島朝日高等学校

キャンパス所在地:松山市千舟町6-2-4

学費97,000円〜
*通信コース/就学支援金適用時
*通学にかかる費用はキャンパスによって異なります
スクーリング合計10日程度。月に1回程度の学校行事、年2~3回の集中スクーリングなどに参加
開講コース週2日~5日制 / 週1日制 / 自宅学習制 / 個人指導制 / 家庭教師制 / ネット指導制
入学時期新入学:4月 10月 / 編入転入:随時
本校所在地岡山県岡山市北区御津紙工2590

第一学院高等学校

キャンパス所在地:松山市南堀端町4-8

学費174,820円〜詳細
*通信コース/就学支援金適用時
*通学にかかる費用はキャンパスによって異なります
スクーリング月1~2回、年間30日程度
開講コース【通学スタイル】
各種Dコース/芸能コース/スポーツコース/eスポーツコース/ペットコース/本校通学コース
【通信スタイル】
Mobile High School
入学時期新入学:4月 / 編入転入:随時
本校所在地茨城県高萩市赤浜2086-1
キャンパス札幌・秋田・盛岡・仙台・郡山・いわき・宇都宮・高萩・水戸・高崎・埼玉・柏・千葉・四ツ谷・立川・町田・横浜・新潟・長野・富山・金沢・甲府・静岡・浜松・名古屋・豊橋・岐阜・四日市・京都・奈良・大阪・神戸・養父・岡山・広島・松山・小倉・博多・熊本

並木学院高等学校

キャンパス所在地:松山市衣山1-197-1

学費346,400円〜詳細
*通信コース
*通学にかかる費用はキャンパスによって異なります
スクーリングコース・クラスごとに異なる(週5日、週2日、月2日)
開講コース総合教養コース(制服着用)
・5日制専門クラス/5日制一般クラス/2日制クラス
フリースタイルコース(週2日)
通信コース(月2回登校)

入学時期
4月、9月、1月
※転編入は随時受け付け
本校所在地広島県広島市中区小町8-32

愛媛県内のおすすめ通信制サポート校リスト

通信制サポート校は、通信制高校のサポートをしてくれる学校です。

通信制高校では、自宅やオンラインで学習することが多いですが、サポート校は指定のキャンパスに通学し、先生から直接勉強や進路指導を受けることができます。

通信制高校の学費に加えてサポート費用(月額30,000円程度〜通学頻度やサポート内容による)がかかりますが、

・確実に高校を卒業したい
・専門授業を受けたい
・発達障害や不登校サポートを受けたい

など、目的がある生徒は検討してみましょう。

おおぞら高等学院

キャンパス所在地:松山市千舟町4-4-3

学費396,000円〜680,000円
*通学にかかる費用はキャンパスによって異なります
スクーリング年1回(約1週間)
開講コースウィークデイコース(週5日通学)/ツーデイコース(週2日通学)/サタデイコース(週1日通学※社会人対象)
専門授業子ども・福祉コース/プログラミングコース/住環境デザインコース/マンガイラストコース/進学コース/基礎コース/個別指導コース
本校所在地鹿児島県熊毛郡屋久島町平内34-2
キャンパス仙台、郡山、宇都宮、高崎、大宮、柏、千葉、新宿、立川、町田、横浜、厚木、松本、浜松、岡崎、名古屋、岐阜、京都、大阪、神戸、姫路、岡山、広島、松山、小倉、福岡、熊本他

トライ式高等学院

キャンパス所在地:松山市千舟町4-4-6

学費664,000円〜詳細
*通信コース/就学支援金適用時
*通学にかかる費用はキャンパスによって異なります
開講コース【普通科】高校卒業を目指すコース
【特進科】大学進学を目指すコース
入学時期新入学:4月 10月 / 編入転入:随時
専門授業特進科(大学進学コース)
本校所在地東京都千代田区飯田橋 1-10-3
キャンパス全国に100キャンパス

自分に合った通信制高校の資料を取り寄せよう

通信制高校には公立と私立がありますが、就学支援金によって私立校の学費も年間10-20万円程度に抑えられるところが増えました。

そのため、自分にあった通信制高校を見つけるためには、公立・私立に限らず、「通学エリアにどんな通信制高校があるかを知る」ことが大事です。まずは通える範囲にどんな学校があるかをリストアップして、資料請求をするところからはじめてみましょう。

愛媛県の通信制高校・サポート校リスト

学校名キャンパス住所
NHK学園高等学校松山東高等学校松山市持田町2-2-12
クラーク記念国際高等学校IPU環太平洋大学短期大学部(けやきキャンパス)宇和島市伊吹町421
IPU環太平洋大学短期大学部(さくらキャンパス)宇和島市丸穂甲207-3
屋久島おおぞら高等学校KTCおおぞら高等学院 松山キャンパス松山市千舟町4-4-3 松山MCビル 2F
向陽台高等学校済美高等学校松山市湊町7-9-1
今治精華高等学校宇和島学習センター宇和島市丸ノ内1-3-24
四国中央学習センター4国中央市川之江4069-1
松山学習センター松山市大街道1-1-6
西条学習センター西条市神拝甲150-1
西条学習支援センター あゆみ舎西条市古川甲324-5
鹿島山北高等学校朝日ヶ丘高等学園愛媛県松山市本町7-3-7-1F
鹿島朝日高等学校トライ式高等学院 松山キャンパス松山市千舟町4-4-6共栄興産千舟町ビル4F
愛媛コミュニケーションブライダル専門学校松山市勝山町1-5-2
学習センター 松山キャンパス 鹿島朝日高等学校連携教室松山市千舟町6-2-4大永ビル6F
専門学校松山ビジネスカレッジクリエイティブ校松山市辻町1-33
朝日ヶ丘高等学園松山市本町7-3-71F
神村学園高等部通信制課程愛媛学習センター松山市東石井7-5-29ベストケアデイサ-ビスセンタ-石井2F
星槎国際高等学校今治高等学院今治市別宮町7-2-33
新居浜高等学院新居浜市坂井町2-3-8
第一学院高等学校第一学院高等学校 松山学習センター松山市南堀端町4-8 HAMADAビル1F
第一学院高等学校 松山学習センター松山市南堀端町4-8 HAMADAビル1F
東林館高等学校フリースクール楓・松山東林館松山市南堀端町5番地10 清水ビル3F
松山東雲女子大学松山市桑原3-2番1号
日本航空高等学校西条学習支援センター西条市古川甲324-5
並木学院高等学校並木学院高等学校 松山学習支援センター松山市衣山1-197-1
未来高等学校宇和島市三間町コスモスホール宇和島市3間町迫目138
宇和島市総合体育舘宇和島市弁天町2-1番27号
宇和島市総合福祉センター宇和島市住吉町1-6-16
今治地域地場産業振興センター今治市旭町2-3-5
南予文化会館宇和島市中央町2-5番1号
未来高等学校新居浜分校新居浜市坂井町1-9-23
未来高等学校中山キャンパス伊予市中山町出渕2番耕地105番地10

愛媛県の通信制高校選びでよくあるQ&A

愛媛県内の公立通信制高校はどこ?

愛媛県内の公立通信制高校は「県立松山東高等学校」1校のみです。住所は、愛媛県松山市持田町2丁目2-12。学費が非常に安いのが特徴で、年間学費2万円程度。スクーリングは週に2回で、日曜日、火曜日に行われます。

愛媛県内の公立通信制高校の学費はいくら?

愛媛県の高等学校の学費は年間2-3万円程度。就学支援金により授業料は無料となり、教科書代や諸費用のみで通うことができます。決められた曜日にスクーリング(通学)する必要があるため、別途交通費がかかります。

愛媛県の私立通信制高校で安い学費はいくら?

私立通信制高校の通信コースは学費が安く、年間学費は5-10万円程度です(未来高等学校、日本ウェルネス高等学校、NHK学園高等学校など)。合宿形式のスクーリングに参加する場合は、別途参加費や交通費がかかります。

通信制高校は何歳まで入学できますか?

通信制高校の入学に年齢の上限はありません。15歳以上かつ中学校を卒業しているか同等の学力を持っている場合、どなたでも通信制高校に入学できます。

全日制高校は主に中学卒業後に入学する「現役生」が多いのに対し、通信制高校や定時制高校は、中学校を卒業したものの進学しなかったり中退したりした人々が多く学んでいます。割合としては現役生が多いですが、20代から80代まで幅広い年齢層の学生がいます。

愛媛県の通信制高校の授業料無償化の制度は?

愛媛県の通信制高校は「高等学校就学支援金制度」の対象となり、所得要件を満たす世帯(年収910万円未満の世帯)の生徒に対し、授業料が支給されます。公立校の授業料は無料、私立校は世帯年収590万円未満であれば授業料無料、世帯年収910万円未満の家庭は年間118,800円まで支給されます。

最近のコロナ禍の影響で家計が急変してしまった家庭は県の補助金「愛媛県私立高等学校等奨学」の対象となるため、就学支援金で適応されない学費負担を軽減することができます。

愛媛県の通信制高校の無償化の対象世帯年収は?

世帯年収590万円未満の家庭は、1単位あたり12,030円が最大で支給されるため、通信制高校の授業料は無料となります。

世帯年収591~910万円の家庭では、1単位あたり4,812円が支給されます。通信制高校の単位取得費用は、1単位あたり7,000円~12,000円ほど(学校により異なる)なので、授業料は半額程度に軽減されます。愛媛県の補助金「愛媛県私立高等学校等奨学」と組み合わせることで、授業料が無料になる家庭も多いです。

通信制高校を検討している
すべての家庭に読んでほしいこと

「通信制入ったけど子どもが辞めた」

全日制と比較して自由に学べると評判の通信制高校ですが、中には失敗したという声もあります。

その後悔の声は「学校と合わなかった」に集約されます。

不登校支援がある学校を選べば良かった
「通信制高校は不登校生徒を受け入れてもらえる」という安易なイメージで選ぶんじゃなかった
  
自主学習が基本、不登校生徒へのサポートはなし、やる気がある人だけ引き上げるという感じ。不登校支援がある学校、しっかり時間かけて選べば良かったなあ

学費の安さで公立を選んで失敗

通信制高校ならどこも一緒でしょと、公立を選んだら大失敗。家から遠いし、週2日は通わないと単位取れないし、勉強もつまらない。3年間とても保ちそうにない…。

近所にあるから、学費が安いから、そんな理由で比較をせずに選んでしまうと、学校と合わずに辞めてしまうことも多いです

後悔しないためには、通学エリアにある学校を3~5校比較するのは必須

通信制高校の一括資料請求サービスを活用すれば、住所を入力するだけで、通学エリアにある学校のパンフレットを簡単に取り寄せることができます。

学校のパンフレットを見比べるだけでも特徴はわかりますし、「この学校だけは違うな」と取捨選択もできます

住所を入力するだけで簡単に取り寄せることができるので、通信制高校の比較がまだできていない家庭は、利用してみてください。

人気校は早めに募集を締め切る学校もあります。出願には学校説明会の参加が必須、など学校によって条件があることもあるので、募集要項は急いで取り寄せ確認しましょう

目次