新潟市内で学費が安い通信制高校は?おすすめ・人気校一覧

新潟市内の通信制高校学費
20,000円〜/年間

※公立の「新潟県立高田南城高校」通信制課程の場合
※上記のボタンから県内の通信制高校の資料を広く取り寄せることができます。

・新潟市内にはどんな通信制高校があるの?
・学費が安い新潟市内内の通信制高校はどこ?
・学費が安いだけでなく、サポートや設備が充実している学校は?

この記事では、新潟市内で通うことができる通信制高校とサポート校について、主に学費が安くておすすめな学校情報をまとめています

新潟市の通信制高校には公立と私立がありますが、公立の通信制高校は2校しかないため、スクーリングがしにくい場合もあります。

新潟市の私立通信制高校は学費が高いイメージがあるかもしれませんが、国から支給される「就学支援金」を差し引けば、年間数万〜10万円以内で通学できる学校も多いです

そのため、まずは通える範囲内にある学校の中から、学費の安い通信制高校を探していくのがおすすめです!

公立・私立を問わず、まずは通学エリアにある通信制高校の情報を取り寄せてみましょう

通信制高校を検討している
すべての家庭に読んでほしいこと

「通信制入ったけど子どもが辞めた」

全日制と比較して自由に学べると評判の通信制高校ですが、中には失敗したという声もあります。

その後悔の声は「学校と合わなかった」に集約されます。

不登校支援がある学校を選べば良かった
  
「通信制高校は不登校生徒を受け入れてもらえる」という安易なイメージで選ぶんじゃなかった
  
自主学習が基本、不登校生徒へのサポートはなし、やる気がある人だけ引き上げるという感じ。不登校支援がある学校、しっかり時間かけて選べば良かったなあ

学費の安さで公立を選んで失敗

通信制高校ならどこも一緒でしょと、公立を選んだら大失敗。家から遠いし、週2日は通わないと単位取れないし、勉強もつまらない。3年間とても保ちそうにない…。

人気校だから合うわけではない

テレビの特集で見かけた人気の通信制を選んだら、思った以上にアクティブな生徒が多く、コミュ障の息子はたまの通学も嫌がるように。

通信制でも不登校になったらどうしたらいいのか…。転校も考えています。

近所にあるから、学費が安いから、そんな理由で比較をせずに選んでしまうと、学校と合わずに辞めてしまうことも多いです

後悔しないためには、通学エリアにある学校を3~5校比較するのは必須

通信制高校の一括資料請求サービスを活用すれば、住所を入力するだけで、通学エリアにある学校のパンフレットを簡単に取り寄せることができます。

学校のパンフレットを見比べるだけでも特徴はわかりますし、「この学校だけは違うな」と取捨選択もできます

住所を入力するだけで簡単に取り寄せることができるので、通信制高校の比較がまだできていない家庭は、利用してみてください。

複数校の資料を取り寄せ
学校を比較してみる

⬇⬇⬇

人気校は早めに募集を締め切る学校もあります。出願には学校説明会の参加が必須、など学校によって条件があることもあるので、募集要項は急いで取り寄せ確認しましょう

目次

新潟市の通信制高校事情

新潟県新潟市内には、公立2校、私立3校の通信制高校があります。

安い学費での進学を考えるのであれば、公立制の通信制高校を選ぶのが良いでしょう。家庭の事情により、授業料の捻出が難しい方であっても、無理なく通うことができるからです。

通信制高校とはいっても、全日制と同じように、一年を通じて多数の行事が開催されてもいます。

体育会系や文化系などの部活動も盛んに行われています。高校時代の楽しい思い出作りに励むことも可能です。

私立の通信制高校では、自由な教育カリキュラムが提供されています。自宅学習を中心にした学習スタイルだけではなく、週1日から学校に通う、自由な学習方針が提供されています。

不登校などの理由により、全日制に通えなくなった方であっても、学んだ単位を生かしての編入が可能となっています。通う日数から学習スタイルに至るまで、自分で選べるのが新潟にある私立通信制高校の特徴です。

新潟県立高田南城高等学校の紹介

新潟にある新潟県立高田南城高等学校は、レポートによる報告課題を中心とした学習を進めています。

家庭の事情により、働きながら学ぶ必要がある方であっても、安い学費で高校卒業の資格を取得できる点が人気です。

通信教育というと、孤独な学習に陥りがちなものですが、新潟県立高田南城高等学校では、日曜日と火曜日にスクーリングを実施しています。

自宅で学んでいる間に生じた疑問点を、スクーリングの場で解消することができるのです。

通信制高校とはいっても、高校時代の思い出作りは大切なものです。新潟県立高田南城高等学校では、遠足や体験学習など、生徒どうしの繋がりを持てる機会を多数提供しています。

部活動も盛んで、スポーツ活動に専念したい方にも、新潟県立高田南城高等学校は好評です。

陸上やテニスなど、好きなスポーツの練習に専念したい方にとっても、新潟県立高田南城高等学校は良い学習環境となるでしょう。

>> 新潟県立高田南城高等学校の口コミ評判をみる

新潟県立新潟翠江高等学校の紹介

新潟県立新潟翠江高等学校では、レポート中心の学習だけではなく、NHKの教育講座を組み合わせた講義を行います。

自宅で教科書を読んでいるだけでは理解が難しい部分であっても、ラジオやテレビの講座を活用することで、スムーズに理解できるようになるのです。

通信制高校とはいっても、卒業後に大学への進学を考える方は多いでしょう。

教育講座を組み合わせた学習により、高校卒業レベルの学力をスムーズに身につけることができるのです。

新潟県立新潟翠江高等学校には、運動会や体験学習など、学習仲間と知り合える機会も数多く提供されています。

通信制高校でありながら、高校時代の貴重な思い出を作る機会が多数提供されているのです。

バスケットボール部などの運動部や、音楽部などの文芸部も活動しています。

家庭の事情により、働きながら学ぶ必要がある方であっても、アルバイトと勉强だけの日々ではない、楽しい学校生活を送れるようになっています。

開志学園高等学校の紹介

開志学園高等学校では、自分の考えるスタイルでの学び方が可能になっています。

週に1日の通学から、専門学校と開志学園高等学校に同時に入学を行い、高校の卒業資格と専門技術の修得を行うスタイルに至るまで、目的に応じた学び方が可能となっています。

開志学園高等学校には、多くの年間行事が開催されています。

体育祭や学園祭、修学旅行など、高校時代の思い出作りの場が多数提供されているのです。

グループ校には、各種専門学校から大学までと、幅広い教育機関が揃っています。

アニメや映像などの専門技術を学べる学校から、福祉分野の知識を学べる大学に至るまで、豊富な卒業後の進路が整っているのです。

スポーツや音楽、芸術へ携わりたい方には、開志学園高等学校は良い環境になるでしょう。

高校時代の希少な時間を好きな分野に拘り、自己研鑽できる環境が整っているからです。

創進高等学校の紹介

創進高等学校では、生徒の志望動機に従った個別指導を行います。

不登校により、全日制に通えなくなった方には、基礎学力が足りないことが理由の場合も多いものです。

ベーシックなスキルの確立を重視する創進高等学校では、個人単位に学習状況の把握を行い、必要であれば、中学レベルの学習からの再教育を行います。

自宅での学習では理解できない問題が生じた際には、いつでも学校に伺い、疑問点の解消を行うことが可能です。

自分のペースで効率的な学習を行える点が創進高等学校の魅力なのです。

卒業生の多くは、大学への進学や、目指すべき企業への就職に成功しています。

年間を通じて多数の行事が開催される創進高等学校ならば、通信教育であっても、社会に出て通じる協調性が身につくのです。

自分のペースで学びながら、将来へと着実に歩めるのが創進高等学校の魅力です。

長岡英智高等学校の紹介

長岡英智高等学校では、自分の目的に応じたスタイルで学ぶことが可能です。

アルバイトや趣味、スポーツと両立しながら卒業資格を得たい方から、大学受験のための学習に専念したい方まで、柔軟な学習スタイルが提供されています。

学習はタブレットを用いて行います。学校から貸与されたタブレットを使った学習ですから、場所を選ばずに学ぶことが可能となっています。

不登校に陥り、全日制からの編転入を考える方には、単位の移行も行っています。

入学金は掛からず、各種補助金の利用も可能ですから、家計が苦しい方であっても、負担なく学ぶことができるでしょう。

通信制高校でありがちな、仲間との交流不足も、各種の部活動に参加することで解消されるでしょう。

長岡英智高等学校では、全国大会で上位に食い込める運動部から、実務に役立つタイピングを学べる文化部まで、各種の部活動も開催されています。

自分に合った通信制高校の資料を取り寄せよう

通信制高校には公立と私立がありますが、就学支援金によって私立校の学費も年間10-20万円程度に抑えられるところが増えました。

そのため、自分にあった通信制高校を見つけるためには、公立・私立に限らず、「通学エリアにどんな通信制高校があるかを知る」ことが大事です。まずは通える範囲にどんな学校があるかをリストアップして、資料請求をするところからはじめてみましょう。

新潟市内の通信制高校・サポート校リスト

学校名キャンパス住所
NHK学園高等学校明鏡高等学校新潟市中央区沼垂東6-11番1号
N高等学校学校法人高宮学園 専修学校代々木ゼミナール 新潟校新潟県新潟市中央区弁天1-4-18
学校法人新潟総合学院 新潟公務員法律専門学校新潟県新潟市中央区弁天2-4-21
あずさ第一高等学校代々木ゼミナール新潟校新潟市中央区弁天1-4-18
さくら国際高等学校一般社団法人TKM (新潟キャンパス)新潟市中央区鐙1-5-9-3F
つくば開成高等学校フォーラム情報アカデミー専門学校新潟市中央区弁天3-1番19号
ヒューマンキャンパス高等学校新潟学習センター新潟市中央区万代4-1-11
屋久島おおぞら高等学校KTCおおぞら高等学院 新潟キャンパス新潟市中央区万代1-3-7 NDK万代ビル 4F
科学技術学園高等学校新潟青陵高等学校新潟市中央区水道町1-5932
向陽台高等学校新潟市立明鏡高等学校新潟市中央区沼垂東6-11-1
鹿島学園高等学校専修学校・日本自然環境専門学校新潟市中央区花園1-3番22号
DSCサポートセンター新潟新潟市中央区柴竹山2-5-3
葵高等学院 新潟校新潟市中央区弁天1-4-24
鹿島山北高等学校高卒資格サポートセンター DSC新潟キャンパス新潟県新潟市中央区紫竹山2-5番3号 紫鳥線ビル2F G室
鹿島朝日高等学校日本自然環境専門学校新潟市中央区花園1-3-22
トライ式高等学院 新潟キャンパス新潟市中央区学校町通2番町598-40KTビル2F
DSC高卒資格サポートセンター 新潟中央学習センター新潟市中央区紫竹山2-5-3紫鳥線ビル2F G室
駿台甲府高等学校葵高等学院 新潟校新潟市中央区東大通1-7-7
新潟学習センター新潟市中央区東大通1-7-7
精華学園高等学校新潟第三学習センター新潟市西区小針台1-15 ㈱アルファブライト本社
新潟学習センター新潟市中央区笹口1-12番地13
相生学院高等学校新潟学習センター新潟市中央区弁天3-1-20
第一学院高等学校第一学院高等学校 新潟学習センター新潟市中央区万代4-1-6 新潟あおばビル5F
第一学院高等学校 新潟学習センター新潟市中央区万代4-1-6 新潟あおばビル5F
東豊学園つくば松実高等学校真友学院新潟市中央区弁天3-1-20
日本航空高等学校新潟学習センター新潟市中央区磯町通3ノ町2086
トライ式高等学院 新潟市役所前個別新潟市中央区学校町通2番町598-40 KTビル2F
翔洋学園高等学校新潟学習センター新潟市中央区天神1-12-3
新潟公務員法律専門学校新潟市中央区弁天2-4-21

新潟市内の通信制高校選びでよくあるQ&A

新潟市内に公立通信制高校はある?

あります。新潟市内にある公立通信制高校は「新潟県立新潟翠江高校」です。

新潟市内で学費の安い通信制高校は?

公立通信制高校では「新潟県立新潟翠江高校」が一番安く、年間学費は【3.5万円程度】です。新潟市内には私立通信制高校も多く、例えば「ヒューマンキャンパス高等学校」の通信コースの学費は【年間60,000円〜】となっています。

通信制高校は何歳まで入学できますか?

通信制高校の入学に年齢の上限はありません。15歳以上かつ中学校を卒業しているか同等の学力を持っている場合、どなたでも通信制高校に入学できます。

全日制高校は主に中学卒業後に入学する「現役生」が多いのに対し、通信制高校や定時制高校は、中学校を卒業したものの進学しなかったり中退したりした人々が多く学んでいます。割合としては現役生が多いですが、20代から80代まで幅広い年齢層の学生がいます。

新潟県の通信制高校の授業料無償化の制度は?

新潟県の通信制高校は「高等学校就学支援金制度」の対象となり、所得要件を満たす世帯(年収910万円未満の世帯)の生徒に対し、授業料が支給されます。公立校の授業料は無料、私立校は世帯年収590万円未満であれば授業料無料、世帯年収910万円未満の家庭は年間118,800円まで支給されます。

非課税世帯や生活保護世帯は、新潟県の補助金「奨学のための給付金(高校生等奨学給付金)」の対象となるため、就学支援金で適応されない学費負担を軽減することができます。

新潟県の通信制高校の無償化の対象世帯年収は?

世帯年収590万円未満の家庭は、1単位あたり12,030円が最大で支給されるため、通信制高校の授業料は無料となります。

世帯年収591~910万円の家庭では、1単位あたり4,812円が支給されます。通信制高校の単位取得費用は、1単位あたり7,000円~12,000円ほど(学校により異なる)なので、授業料は半額程度に軽減されます。新潟県の補助金「奨学のための給付金(高校生等奨学給付金)」と組み合わせることで、授業料が無料になる家庭も多いです。

通信制高校を検討している
すべての家庭に読んでほしいこと

「通信制入ったけど子どもが辞めた」

全日制と比較して自由に学べると評判の通信制高校ですが、中には失敗したという声もあります。

その後悔の声は「学校と合わなかった」に集約されます。

不登校支援がある学校を選べば良かった
  
「通信制高校は不登校生徒を受け入れてもらえる」という安易なイメージで選ぶんじゃなかった
  
自主学習が基本、不登校生徒へのサポートはなし、やる気がある人だけ引き上げるという感じ。不登校支援がある学校、しっかり時間かけて選べば良かったなあ

学費の安さで公立を選んで失敗

通信制高校ならどこも一緒でしょと、公立を選んだら大失敗。家から遠いし、週2日は通わないと単位取れないし、勉強もつまらない。3年間とても保ちそうにない…。

人気校だから合うわけではない

テレビの特集で見かけた人気の通信制を選んだら、思った以上にアクティブな生徒が多く、コミュ障の息子はたまの通学も嫌がるように。

通信制でも不登校になったらどうしたらいいのか…。転校も考えています。

近所にあるから、学費が安いから、そんな理由で比較をせずに選んでしまうと、学校と合わずに辞めてしまうことも多いです

後悔しないためには、通学エリアにある学校を3~5校比較するのは必須

通信制高校の一括資料請求サービスを活用すれば、住所を入力するだけで、通学エリアにある学校のパンフレットを簡単に取り寄せることができます。

学校のパンフレットを見比べるだけでも特徴はわかりますし、「この学校だけは違うな」と取捨選択もできます

住所を入力するだけで簡単に取り寄せることができるので、通信制高校の比較がまだできていない家庭は、利用してみてください。

複数校の資料を取り寄せ
学校を比較してみる

⬇⬇⬇

人気校は早めに募集を締め切る学校もあります。出願には学校説明会の参加が必須、など学校によって条件があることもあるので、募集要項は急いで取り寄せ確認しましょう

目次