【2024年】福井で学費が安い通信制高校は?おすすめ・人気校一覧

福井県内の通信制高校学費
23,000円〜/年間

※公立の「福井県立道守高校」通信制課程の場合
※上記のボタンから県内の通信制高校の資料を広く取り寄せることができます。

・福井県内にはどんな通信制高校があるの?
・学費が安い福井県内の通信制高校はどこ?
・学費が安いだけでなく、サポートや設備が充実している学校は?

この記事では、福井県内で通える通信制高校・サポート校について、主に学費が安くておすすめな学校情報をまとめています。

福井の通信制高校には公立と私立がありますが、公立の通信制高校は1校しかないため、スクーリングがしにくい場合もあります。

福井の私立通信制高校は学費が高いイメージがあるかもしれませんが、国から支給される「就学支援金」を差し引けば、年間数万〜10万円以内で通学できる学校も多いです。

そのため、まずは通える範囲内にある学校の中から、学費の安い通信制高校を探していくのがおすすめです!

公立・私立を問わず、まずは通学エリアにある通信制高校の情報を取り寄せてみましょう

通信制高校を検討している
すべての家庭に読んでほしいこと

「通信制入ったけど子どもが辞めた」

全日制と比較して自由に学べると評判の通信制高校ですが、中には失敗したという声もあります。

その後悔の声は「学校と合わなかった」に集約されます。

不登校支援がある学校を選べば良かった
「通信制高校は不登校生徒を受け入れてもらえる」という安易なイメージで選ぶんじゃなかった
  
自主学習が基本、不登校生徒へのサポートはなし、やる気がある人だけ引き上げるという感じ。不登校支援がある学校、しっかり時間かけて選べば良かったなあ

学費の安さで公立を選んで失敗

通信制高校ならどこも一緒でしょと、公立を選んだら大失敗。家から遠いし、週2日は通わないと単位取れないし、勉強もつまらない。3年間とても保ちそうにない…。

近所にあるから、学費が安いから、そんな理由で比較をせずに選んでしまうと、学校と合わずに辞めてしまうことも多いです

後悔しないためには、通学エリアにある学校を3~5校比較するのは必須

通信制高校の一括資料請求サービスを活用すれば、住所を入力するだけで、通学エリアにある学校のパンフレットを簡単に取り寄せることができます。

学校のパンフレットを見比べるだけでも特徴はわかりますし、「この学校だけは違うな」と取捨選択もできます

住所を入力するだけで簡単に取り寄せることができるので、通信制高校の比較がまだできていない家庭は、利用してみてください。

人気校は早めに募集を締め切る学校もあります。出願には学校説明会の参加が必須、など学校によって条件があることもあるので、募集要項は急いで取り寄せ確認しましょう

目次

福井県の通信制高校事情

福井県には公立1校、私立1校ほど通信制高校があります。

通信制高校に通うことを考える方には、学費が安いことを望む方も多いでしょう。公立制の通信制高校であれば、卒業までに要する学費は少なく済むものです。

家庭の事情により、働きながら学ぶ必要がある方も、無理なく卒業まで通うことが可能となっていきます。自分流の学び方を実践したい方は、私立の通信制高校に通うことを考えるのも良いでしょう。

インターネットを活用した在宅学習が行われ、通信制であっても孤独を感じることがないからです。大学への進学を考え、受験勉強への集中を考える方から、卒業後に就職を考える方に至るまで、自分流の学習プランを実現できるからです。

福井エリアで学費が安い通信制高校(公立編)

福井県立道守高等学校

キャンパス所在地:福井市若杉町35-21

学費40,000円-45,000円程度
*就学支援金適用時
スクーリング月3~4回(日曜日)、年間約30日
※日曜以外に月曜スクーリング (月3~4回)を実施し、 三修と未修得科目の対応をしています。
開講コース通信制普通科/定時制(昼間・夜間)
入学時期4月、10月
本校所在地福井県福井市若杉町35−21 (最寄駅:JR福井駅)

福井県立道守高等学校は福井県の公立通信制高校で、安い学費が魅力です。働きながら学ぶ人にとって時間的&経済的な理由での選択肢となります。

通信制高校での孤独な学習を心配する人も多いですが、道守高校では毎週日曜日にスクーリングを行い、疑問点を解消する機会があります。スクーリングの参加に不安を感じる場合でも、定期的なイベントや部活動を通じて他の生徒と交流することができます。スクールカウンセラーも常駐しており、生徒の相談に応じます。実務に関連する科目もあり、就職を考える人にも役立つ内容です。

レポート提出による単位取得に不安を感じる人もいますが、不備があれば再提出の指示があります。道守高校では北陸三県の通信制高校との交流イベントも行われ、地域にとらわれない広い人脈を築くことができます。

福井エリアで学費が安い通信制高校(私立編)

啓新高等学校

キャンパス所在地:福井県福井市大手3-1-1

啓新高等学校は、インターネットを活用した対話型アニメーション教材を使用した学習カリキュラムを提供しています。この対話型教材により、学習習慣が身についていない人でも、自然な形で高校卒業レベルの知識を学ぶことができます。インターネットを活用した学習方法により、自分のペースで学ぶことができます。

通信制高校への転入も可能で、個々の学習目標に合わせたカリキュラムを組むことができます。また、啓新高等学校では就学支援金や福井県の支援事業補助金を活用することができ、学費を軽減することができます。就職を考える人には、ワープロや表計算ソフトなどの資格取得のサポートも行っており、実践的なスキルを身につけることができます。学費は就学支援金を差し引いた金額で、年間204,000円〜となっています。

鹿島朝日高等学校

キャンパス所在地:福井市、小浜市

学費97,000円〜
*通信コース/就学支援金適用時
*通学にかかる費用はキャンパスによって異なります
スクーリング合計10日程度。月に1回程度の学校行事、年2~3回の集中スクーリングなどに参加
開講コース週2日~5日制 / 週1日制 / 自宅学習制 / 個人指導制 / 家庭教師制 / ネット指導制
入学時期新入学:4月 10月 / 編入転入:随時
本校所在地岡山県岡山市北区御津紙工2590

鹿島朝日高等学校は岡山に本校がある通信制高校ですが、広域通信制なので47都道府県、日本全国どこからでも入学できます。ネット指導制から週5日制などの選択肢から希望に合う学習スタイルを選択でき、無理なく卒業を目指せます。

自分の都合に合わせて通学頻度を選べるため、毎日のスクーリングに不安のある生徒や趣味やアルバイトなどに時間を有効活用したい生徒にもおすすめの通信制高校です。

学費は就学支援金を最大まで利用できれば年間10万円程度になります。この金額の学費は私立の通信制の中では安いです。

星槎国際高等学校

キャンパス所在地:福井市若杉4-2618

学費210,390円〜詳細
*通信コース/就学支援金適用時
*通学にかかる費用はキャンパスによって異なります
スクーリング原則、平日の週3日
しかし生徒の要望に応じて月2日(土曜日)や週5日~月1日など柔軟に対応可能
開講コース平日登校コース/通信登校コース/集中スクーリングコース
入学時期新入学:4月 10月 11月 1月 / 編入転入:随時
本校所在地北海道札幌市厚別区もみじ台北5-12-1
キャンパス芦別、札幌、帯広、仙台、郡山、大宮、八王子、高尾、立川、横浜鴨居、横浜、厚木、富山、福井、浜松、名古屋、大阪、広島、香川、福岡東、福岡中央、沖縄

星槎国際高等学校は全国にキャンパスを持つ広域通信制高校です。本校は北海道札幌市にありますが、北海道〜沖縄までキャンパスを持ち、最寄りのキャンパスが見つかりやすい通信制です。

星槎国際高等学校は通信制の学校でありながら、週2日の登校を基本とした通える通信制という特徴があります。それに加えてドローンなど最先端技術を用いた専門講義を開講しているため学費は若干高めです。

N高等学校

キャンパス所在地:オンライン通学

学費73,000円〜詳細
*通信コース/就学支援金適用時
*通学にかかる費用はキャンパスによって異なります
スクーリング年間5日間~
開講コースネットコース/通学コース/オンライン通学コース/通学プログラミングコース
入学時期4月、7月、10月、1月 ※転入生は随時受け付け
専門授業語学/プログラミング/特進コース(キャンパスによる)
本校所在地沖縄県うるま市与那城伊計 24(入学は全国から可)
キャンパス札幌、仙台、東京(御茶ノ水・秋葉原・代々木・渋谷・池袋・立川・町田)、横浜、大宮、千葉、柏、名古屋、浜松、岐阜、新潟、金沢、大阪(天王寺・梅田・心斎橋)、神戸、姫路、京都、広島、高松、福岡、北九州、鹿児島他

N高等学校は「ドワンゴ」と「KADOKAWA」が母体になっていることもあり、高校卒業に向けての基本授業だけでなく、プログラミングなど様々な専門授業もネットで受けられるのが特徴です。年々生徒数は増加しており、近年に開校された通信制高校の中ではもっとも勢いがあると言ってもよいでしょう。

通信制高校ではICTツール(N高の場合はSlackやGoogle Workspace for Educationなど)を積極的に取り入れているので、高校生のうちから社会でよく使われるソフトに慣れることができるのがメリットです。

学費は就学支援金を最大まで利用して年間73,000円程度にできるため安いです。

トライ式高等学院

キャンパス所在地:福井市手寄1-4-1

学費664,000円〜詳細
*通信コース/就学支援金適用時
*通学にかかる費用はキャンパスによって異なります
開講コース【普通科】高校卒業を目指すコース
【特進科】大学進学を目指すコース
入学時期新入学:4月 10月 / 編入転入:随時
専門授業特進科(大学進学コース)
本校所在地東京都千代田区飯田橋 1-10-3
キャンパス全国に100キャンパス

トライ式高等学院は、家庭教師のトライが母体となった通信制サポート校です。

トライらしく、中学時代のやり直しから難関大入試まで、個別にカリキュラムを組んでマンツーマンで指導してくれることが大きな特徴です

慶応や早稲田などの難関大に合格者を輩出していることもポイントですが、家庭教師サービスの利点を活かし、通学できない不登校生とのための訪問指導も用意しています。

自分に合った通信制高校の資料を取り寄せよう

通信制高校には公立と私立がありますが、就学支援金によって私立校の学費も年間10-20万円程度に抑えられるところが増えました。

そのため、自分にあった通信制高校を見つけるためには、公立・私立に限らず、「通学エリアにどんな通信制高校があるかを知る」ことが大事です。まずは通える範囲にどんな学校があるかをリストアップして、資料請求をするところからはじめてみましょう。

福井県内の通信制高校・サポート校リスト

学校名キャンパス住所
クラーク記念国際高等学校WILL BE 高等学院 1号館福井市中央3-1-1黒川ビル
WILL BE 高等学院 2号館福井市中央3-1-3太田屋ビル
鹿島山北高等学校京都進学会 小浜キャンパス福井県小浜市駅前町7-22 駅前ビル2F
鹿島朝日高等学校KG高等学院 小浜キャンパス小浜市大手町5
トライ式高等学院 アオッサキャンパス福井市手寄1-4-1AOSSA2F
福井KG学院福井市大手2-4-26シラサワビル203
福井大学福井市文京3-9番1号
星槎国際高等学校若狭ものづくり美学舎若狭町大鳥羽27-13-4
福井学習センター福井市若杉4-2618
徳風高等学校青池調理師専門学校福井県小浜市広峰108
日本航空高等学校トライ式高等学院 福井駅前個別福井市手寄1-4-1AOSSA 2F
未来高等学校大原情報ビジネス専門学校福井校福井市御幸1-9-24

福井県の通信制高校選びでよくあるQ&A

福井県内の公立通信制高校はどこ?

福井県内の公立通信制高校は「福井県立道守高等学校」1校のみです。住所は、福井市若杉町35-21。学費が非常に安いのが特徴で、年間学費3-4万円程度。スクーリングは週に1回で、日曜日に行われます。

福井県内の公立通信制高校の学費はいくら?

福井県の高等学校の学費は年間3-4万円程度。就学支援金により授業料は無料となり、教科書代や諸費用のみで通うことができます。決められた曜日にスクーリング(通学)する必要があるため、別途交通費がかかります。

福井県の私立通信制高校で安い学費はいくら?

私立通信制高校の通信コースは学費が安く、年間学費は5-10万円程度です(啓新高等学校、鹿島朝日高等学校、N高等学校など)。合宿形式のスクーリングに参加する場合は、別途参加費や交通費がかかります。

通信制高校は何歳まで入学できますか?

通信制高校の入学に年齢の上限はありません。15歳以上かつ中学校を卒業しているか同等の学力を持っている場合、どなたでも通信制高校に入学できます。

全日制高校は主に中学卒業後に入学する「現役生」が多いのに対し、通信制高校や定時制高校は、中学校を卒業したものの進学しなかったり中退したりした人々が多く学んでいます。割合としては現役生が多いですが、20代から80代まで幅広い年齢層の学生がいます。

福井県の通信制高校の授業料無償化の制度は?

福井県の通信制高校は「高等学校就学支援金制度」の対象となり、所得要件を満たす世帯(年収910万円未満の世帯)の生徒に対し、授業料が支給されます。公立校の授業料は無料、私立校は世帯年収590万円未満であれば授業料無料、世帯年収910万円未満の家庭は年間118,800円まで支給されます。

年収910万円未満の家庭は、福井県の補助金「私立高等学校等就学支援事業」の対象となるため、就学支援金で適応されない学費負担を軽減することができます。

福井県の通信制高校の無償化の対象世帯年収は?

世帯年収590万円未満の家庭は、1単位あたり12,030円が最大で支給されるため、通信制高校の授業料は無料となります。

世帯年収591~910万円の家庭では、1単位あたり4,812円が支給されます。通信制高校の単位取得費用は、1単位あたり7,000円~12,000円ほど(学校により異なる)なので、授業料は半額程度に軽減されます。福井県の補助金「私立高等学校等就学支援事業」と組み合わせることで、授業料が無料になる家庭も多いです。

通信制高校を検討している
すべての家庭に読んでほしいこと

「通信制入ったけど子どもが辞めた」

全日制と比較して自由に学べると評判の通信制高校ですが、中には失敗したという声もあります。

その後悔の声は「学校と合わなかった」に集約されます。

不登校支援がある学校を選べば良かった
「通信制高校は不登校生徒を受け入れてもらえる」という安易なイメージで選ぶんじゃなかった
  
自主学習が基本、不登校生徒へのサポートはなし、やる気がある人だけ引き上げるという感じ。不登校支援がある学校、しっかり時間かけて選べば良かったなあ

学費の安さで公立を選んで失敗

通信制高校ならどこも一緒でしょと、公立を選んだら大失敗。家から遠いし、週2日は通わないと単位取れないし、勉強もつまらない。3年間とても保ちそうにない…。

近所にあるから、学費が安いから、そんな理由で比較をせずに選んでしまうと、学校と合わずに辞めてしまうことも多いです

後悔しないためには、通学エリアにある学校を3~5校比較するのは必須

通信制高校の一括資料請求サービスを活用すれば、住所を入力するだけで、通学エリアにある学校のパンフレットを簡単に取り寄せることができます。

学校のパンフレットを見比べるだけでも特徴はわかりますし、「この学校だけは違うな」と取捨選択もできます

住所を入力するだけで簡単に取り寄せることができるので、通信制高校の比較がまだできていない家庭は、利用してみてください。

人気校は早めに募集を締め切る学校もあります。出願には学校説明会の参加が必須、など学校によって条件があることもあるので、募集要項は急いで取り寄せ確認しましょう

目次