全国の通信制高校・サポート校リスト

【徳島】発達障害に理解がある通信制高校の選び方・学校リスト

発達障害に理解がある徳島県の通信制高校

資料請求する(無料)
住所入力だけで通学県内にある学校資料を一括請求できます。

  • 子どもの発達障害、どんな高校を選ぶべき?
  • 発達障害に理解のある徳島県内の通信制高校は?
  • 発達障害サポートが手厚い学校選びのコツは?

この記事は、「徳島で発達障害/グレーゾーンの生徒を受け入れてくれる高校を探している人」向けに書いています。

発達障害を抱えていると、高校へ進学するのは難しいと考えている人もいるのではないでしょうか。

そんなときには、通信制高校に進学するという選択肢も考えてみてください。

徳島には発達障害へのサポート体制が整っている通信制高校があります。こちらの記事では、発達障害に理解がある徳島の通信制高校を選ぶコツを解説します。

徳島県で学費が安い通信制高校は?公立・私立をランキング!徳島県内で通える通信制高校で学費が安い学校はどこ?公立校/私立校/サポート校の学費をまとめたページです。...

発達障害の生徒に通信制高校が向いている理由

自分のペースで勉強ができる

通信制高校の勉強は基本的に自学自習スタイルです。そのため、自分のペースで無理なく学校の勉強に取り組めます。

発達障害と言っても、学力レベルは人それぞれです。学校の勉強について行ける生徒もいればついていけない生徒もいます。

また、数学は得意だけれども国語は極端にできないというパターンもあります。

通信制高校なら自分の学力に合わせて授業を組むことができるので、苦手教科はフォローを受けながら勉強する、得意教科はハイペースで進めるなどといったやり方も可能です。

スクーリング(登校)時間が選べる

また、通信制高校だとスクーリングの時間も自由。

発達障害を持つ生徒が全日制高校に通うハードルが高くなってしまう理由として、登校時間に間に合わなかったら遅刻もしくは欠席扱いになってしまうことが挙げられます。

通信制高校なら自分の調子が良い日時に学校に行けば良いので、無理なく学校生活を満喫できます。

また、通信制高校は昔から不登校の生徒の受け入れ先となってきたこともあり、不登校支援も充実しています。

学ぶ場所も自由

発達障害を持つ生徒の中には、聴覚過敏でちょっとした物音に過剰に反応してしまって勉強に集中できない、ADHDで授業中じっとしていられないなど、勉強自体はしたいけれども教室で勉強することに苦手意識を持っている生徒もいます。

通信制高校ならスクーリング校だけでなく自宅での勉強でも単位が取得可能。そのため、自分が集中しやすい環境で勉強に取り組めます。

徳島で発達障害に理解のある通信制高校の選び方

徳島はスクーリングできる通信制高校の数自体が限られている地域です。

そんな徳島県の通信制高校を選ぶにあたって大切なのは、実際に発達障害を持つ生徒の受け入れ実績があるかどうか、その生徒に対してどんな支援を行ってきたかです。

こればかりは直接学校に聞いてみないとわからないので、実際にオープンスクールや学校行事に参加して聞いてみましょう。

また、1週間の出席日数を自由に調整できるかどうかも大切です。

発達障害を持つ生徒は、気分に波のある生徒も少なくありません。この場合、調子が良いときは問題なく週5で通学できても、調子が悪いときは週1が精一杯などといったケースもよくあります。

体調が悪いときに無理に学校に行ってもより体調が悪くなってしまうだけです。そのため、本人の体調に合わせてスクーリング日数を調整できる学校を選びましょう。

加えて可能であればカウンセラーがいる学校を選ぶのがおすすめです。高校生は思春期であり、悩み事を親に話せない生徒も少なくありません。そこで、困ってるときに相談できる大人が学校にいてくれるだけで、本人の発達障害の症状が悪化したり、二次障害を引き起こしたりすることを防げます。

徳島で発達障害を受け入れ可能な通信制高校は?

1.トライ式高等学院

年間学費 20万円〜80万円
通学コース スタンダードコース、プライベートコース
住所 徳島県徳島市寺島本町西1-57徳島駅前ターミナルビル4F

トライ式高等学院は不登校支援に力を入れている通信制サポート校です。

全く学校に行けそうにない生徒に対しては、まず講師が家に出向き、家庭教師スタルで学校の勉強に取り組み、講師との信頼関係が気づけたら週1日から通学の練習ができます。

不登校への対処は生徒が学校に行けるようになるのをただ待つだけになってしまいがちですが、トライ式高等学院では学校側が能動的に動いて不登校解決のサポートをしてくれます。

そのため、トライ式高等学院は発達障害を持つ生徒の中でもコミュニケーションに苦手意識の強い生徒におすすめです。

また、トライ式高等学院は普通科と特進科の2つの科が用意されています。特進科では大学進学に向けた勉強も可能。グレーゾーンで学校に行けなかったけれども大学に進みたい生徒にもおすすめです。

2.未来高等学校

年間学費 20万円
通学コース ウィークデイコース、フリーデイコース、特別進学コース
住所 徳島県徳島市佐古二番町5-18

勉強に遅れを取っていて学校に行ける自信がない生徒におすすめなのが未来高等学校です。

通常の高校のカリキュラムだけでなく、中学校の勉強の振り返りからスタートすることも可能で、自分の学力に合わせて無理なく勉強ができます。

また、未来高等学校の通学日数は最大でも週4日。コミュニケーションの練習や社会復帰の場としてアルバイトを推奨しており、アルバイトとの両立もしやすい環境が整っています。

また、未来高等学校は毎週金曜日を資格取得のための勉強の日としています。

取得できる資格はMOSなどPC関連資格、危険物取り扱い等様々。丸一日を資格の勉強に割けるので、体力がない生徒でも学校の勉強と夢のための勉強を両立しやすいです。

3.松蔭高等学校

年間学費 20万円〜50万円
通学コース オンライン進学コース、プログラミングコース、Voice Studyコース、セルフネイリスト養成コース
住所 徳島県阿南市富岡町今福寺12番地3中原ビル2F

松陰高等学校は山口県に拠点をおく通信制高校です。

発達障害の専門家はいませんが、積極的に発達障害を持つ生徒を受け入れており、教師と保護者の連携を密に行うことで生徒の特性に合わせた個別カリキュラムを実現しています。週1日〜5日で自分の好きなスタイルで通えるので、不登校だった生徒も心配ありません。

松陰高等学校には様々なコースが用意されていますが、中でもオススメなのがVoice Studyコースです。Voice Studyコース自体は声優を目指す生徒のためのコースですが、声を使ったコミュニケーションについても学べます。

発達障害を持つ生徒の中には、声に抑揚がない、早口なのに滑舌が悪いなどといった生徒も多いです。そこで会話や発声の基本を身に着けることで、社会に出た後に必要なコミュニケーション力が育ちます。

通信制高校に進学する、という選択肢を知ろう

発達障害があると高校に通うのは難しいと諦めている生徒や保護者もいるでしょう。ですが、通信制高校という選択肢があります。

発達障害に体するサポートが充実していたり、就労に対しての相談に乗ってくれるところもあるので、まずはそれぞれの高校の特徴を調べて、無理せずに通えるところを探すようにしましょう。