【2024年】山形で学費が安い通信制高校は?おすすめ・人気校一覧

山形県内の通信制高校学費
35,000円〜/年間

※公立の「山形県立霞城学園高等学校」通信制課程の場合
※上記のボタンから県内の通信制高校の資料を広く取り寄せることができます。

  • 山形県内にはどんな通信制高校があるの?
  • 学費が安い山形県内の通信制高校はどこ?
  • 学費が安いだけでなく、サポートや設備が充実している学校は?

この記事では、山形県内で通える通信制高校・サポート校について、学費が安いおすすめ校をまとめています。

山形県の通信制高校には公立と私立がありますが、公立の通信制高校は2校しかないため、スクーリングがしにくい場合もあります。

山形県の私立通信制高校は学費が高いイメージがあるかもしれませんが、国から支給される「就学支援金」を差し引けば、年間数万〜10万円以内で通学できる学校も多いです。

そのため、まずは通える範囲内にある学校の中から、学費の安い通信制高校を探していくのがおすすめです!

公立・私立を問わず、まずは通学エリアにある通信制高校の情報を取り寄せてみましょう

通信制高校を検討している
すべての家庭に読んでほしいこと

「通信制入ったけど子どもが辞めた」

全日制と比較して自由に学べると評判の通信制高校ですが、中には失敗したという声もあります。

その後悔の声は「学校と合わなかった」に集約されます。

不登校支援がある学校を選べば良かった
  
「通信制高校は不登校生徒を受け入れてもらえる」という安易なイメージで選ぶんじゃなかった
  
自主学習が基本、不登校生徒へのサポートはなし、やる気がある人だけ引き上げるという感じ。不登校支援がある学校、しっかり時間かけて選べば良かったなあ

学費の安さで公立を選んで失敗

通信制高校ならどこも一緒でしょと、公立を選んだら大失敗。家から遠いし、週2日は通わないと単位取れないし、勉強もつまらない。3年間とても保ちそうにない…。

人気校だから合うわけではない

テレビの特集で見かけた人気の通信制を選んだら、思った以上にアクティブな生徒が多く、コミュ障の息子はたまの通学も嫌がるように。

通信制でも不登校になったらどうしたらいいのか…。転校も考えています。

近所にあるから、学費が安いから、そんな理由で比較をせずに選んでしまうと、学校と合わずに辞めてしまうことも多いです

後悔しないためには、通学エリアにある学校を3~5校比較するのは必須

通信制高校の一括資料請求サービスを活用すれば、住所を入力するだけで、通学エリアにある学校のパンフレットを簡単に取り寄せることができます。

学校のパンフレットを見比べるだけでも特徴はわかりますし、「この学校だけは違うな」と取捨選択もできます

住所を入力するだけで簡単に取り寄せることができるので、通信制高校の比較がまだできていない家庭は、利用してみてください。

複数校の資料を取り寄せ
学校を比較してみる

⬇⬇⬇

人気校は早めに募集を締め切る学校もあります。出願には学校説明会の参加が必須、など学校によって条件があることもあるので、募集要項は急いで取り寄せ確認しましょう

目次

山形県エリアで学費が安い通信制高校(公立編)

通信制高校にも公立と私立があり、そのうち山形県の自治体が運営している公立の通信制高校は「山形県立霞城学園高等学校(山形県山形市城南町)」と「山形県立庄内総合高等学校」の2つです。通信制は学費が安い傾向にありますが、その中でも公立校は飛び抜けて安く、年間4万円程度で済みます。

山形県で公立通信制高校を選ぶときの注意点

しかしその反面、公立の通信制高校にはこれといった強みがないのも悩ましく、単純に高校卒業資格を得るためには破格の選択肢となりますが、就職や進学に役立つような特徴はありません。

事実公立校の進学率は20%と言われており、学習も基本的に自習で頑張らなければいけないため、生徒本人の資質に非常に大きく依存してしまいます。

明確に「やりたいこと」が決まっていて、そのために学校の時間を最小限にして「やりたいこと」のために費やす時間を増やしたい、という場合や、とにかく高校卒業資格だけでも欲しい!という場合には適合します。

しかしこれといって目的がなく学費の安さだけを目的とした場合は、ほとんど自力で卒業に必要な学力をつけなければいけないため、あまりおすすめしづらい選択肢となるでしょう。

山形県立霞城学園高等学校

学費34,500円程度
*就学支援金適用時
スクーリング月2回(日)+補充指導日 月2回(水)
開講コース単位制による通信制課程 ・普通科/服飾科
午前・午後・夜間の定時制
入学時期4月
本校所在地山形県山形市城南町1-1-1丁 霞城セントラルビル

山形県の通信制高校事情(私立)

山形県エリアの私立通信制高校は1つしかありません。

しかし山形県内にキャンパスや学習拠点を持っている通信制高校であればサポート校を含めて6校、7キャンパスと比較的選択肢があります。

またサポート校を除けば公立高校ほどではないにしろ学費は比較的安く抑えてあります。

山形県で私立の通信制高校を選ぶメリット

私立の通信校の良い所は何かしらの方針や狙いを持って運営されていて、就職や進学など何かしら次に繋がるための足がかりとなってくれる所です。

各校独自の取り組みに力を入れており、全日制ほどではないですが生徒一人一人に向けたサポート体制を整えてくれている所がほとんどです。

学校によって、進学を目指す生徒向けのカリキュラムに力を入れている所や、資格取得のサポートや紹介が充実している所など取り組みが異なるため、自分に合う学校を事前にしっかりと調べておくことがキーとなります。

私立通信制高校同士でも授業料に多少の上下がありますが、私立を選ぶのなら費用よりも少しだけ目的の方を重視して選んだほうが後悔のない学生生活を我が子に送らせてあげることができるでしょう。以下では私立通信制高校の特徴や費用についてご紹介します。

山形県の学費が安い通信制高校(私立)

1.和順館高等学校(山形県酒田市南千日町)

和順館高等学校は、通信制高校の中でもサポートが手厚いのが特徴で、基本自主学習という形で学ぶ通信制高校としては珍しく、質問を逐一受けて苦手分野の克服を強力にサポートしてくれます。

また和順館高等学校では卒業までに定期的なレポートの提出が必須ですが、このレポート作成で詰まってしまった場合も先生が個別指導をして作成を手伝ってくれるので、レポートが作れずに卒業ができないという事は殆どないでしょう。

またスクーリングと呼ばれる月2回の登校も、4箇所の会場から最寄りのものを選ぶ事ができ、通いやすくなっているのも大きなポイントです。

入学検定料:10,000円
入学金:30,000円
施設設備費:10,000円
授業料:1単位12,000円
教育充実費:月額2,000円
維持協力会費:月額500円
和順通心会費:月額300円
教材代金:約15,000円

*半期(6ヶ月分)で14単位を取る場合、入学金等を除外して考えると授業料12,000×14=168,000円、充実費等の月額(2,000+500+300)x6=16,800円で合計184,800円ほどになります。卒業までの74単位を3年で割って考えた場合は1年で321,600円です。

2:鹿島朝日高等学校(山形県山形市幸町)

学費97,000円〜
*通信コース/就学支援金適用時
*通学にかかる費用はキャンパスによって異なります
スクーリング合計10日程度。月に1回程度の学校行事、年2~3回の集中スクーリングなどに参加
開講コース週2日~5日制 / 週1日制 / 自宅学習制 / 個人指導制 / 家庭教師制 / ネット指導制
入学時期新入学:4月 10月 / 編入転入:随時
本校所在地岡山県岡山市北区御津紙工2590

鹿島朝日高等学校は、なんといっても非常に安い授業料が安い点が挙げられます。年額20万円前後は最安値に近い金額です。鹿島朝日高等学校で卒業した場合、卒業実績や卒業証書などは全日制高校と全く同じものが得られます。

履歴書などに書いた場合も通信制であることは分からないので、通信制だと知られたくない場合には非常にありがたい学校です。鹿島朝日高等学校は授業スタイルもいくつかの中から選ぶことができます。

先生に自宅に来てもらう家庭教師コースや、e-ラーニングを用いたインターネット指導コースなど、直接教えて欲しい子や、あまり人に合わずに勉強したい子など、一人一人の個性に合わせた学習スタイルが選択可能です。

3.翔洋学園高等学校(山形県山形市幸町)

学費50,000円〜詳細
*通信コース/就学支援金適用時
*通学にかかる費用はキャンパスによって異なります
スクーリング通うスクーリング会場により異なる
入学時期新入学:4月 / 編入転入:随時
専門授業商業、学校設定科目
本校所在地茨城県日立市大みか町4-1-3
キャンパス茨城、千葉、東京、崎玉、福島、秋田、栃木、群馬、山梨、長野、神奈川、青森、岩手、宮城、山形、新潟、岐阜


翔洋学園高等学校はスクーリングの内容を3つのうちから選ぶことが出来るのが特徴です。

郊外での見学や実習を行う校外学習、会場での授業で一気に複数教科のスクーリングを受ける事もできる会場スクーリング、インターネットを使って自宅に居ながらスクーリングに参加できるメディア学習です。

メディア学習は上限こそ決まっている物の、本来直接出席しなければいけないスクーリングを自宅で受けられるのは魅力的です。またスクールカウンセリングも受けることができるので、勉強や人間関係、将来のことなどで悩んだ生徒へのサポートも万全です。

山形県内のその他の通信制高校

駿台甲府高等学校(鶴岡市羽黒町)

学費76,000円〜338,500円詳細
*通信コース/就学支援金適用時
*通学にかかる費用はキャンパスによって異なります
スクーリング年間20日程度
集中スクーリング(甲府本校・各学習センター)
体育スクーリング(甲府本校・各学習センター)
開講コース通信制普通科
入学時期新入学:4月 10月 / 編入転入:随時
本校所在地山梨県甲府市上今井町884-1
キャンパス四谷、大宮、横浜、名古屋、京都、松本、静岡

仙台育英高等学校(山形市旅篭町)

学費74,620円〜詳細
*通信コース/就学支援金適用時
*通学にかかる費用はキャンパスによって異なります
スクーリング毎週土曜日 一斉スクーリング
その他平日に個別指導が可能
開講コース通信制過程普通科
入学時期新入学:4月 10月
本校所在地宮城県仙台市宮城野区宮城野 2-4-1
キャンパス宮城野、青森、沖縄

自然学園高等学校(米沢市上新田)

学費
スクーリング週5日(全日型) / 集中スクーリング 年2回
開講コース【全日型通信制】
【通学型通信制】
【一般通信制】
入学時期新入学:4月 10月 / 編入転入:随時
本校所在地山梨県大月市梁川町綱の上 1225
キャンパス山梨、東京、神奈川、 静岡、青森、山形、群馬、岐阜

自分に合った通信制高校の資料を取り寄せよう

通信制高校には公立と私立がありますが、就学支援金によって私立校の学費も年間10-20万円程度に抑えられるところが増えました。

そのため、自分にあった通信制高校を見つけるためには、公立・私立に限らず、「通学エリアにどんな通信制高校があるかを知る」ことが大事です。まずは通える範囲にどんな学校があるかをリストアップして、資料請求をするところからはじめてみましょう。

山形県内の通信制高校・サポート校リスト

学校名キャンパス住所
わせがく高等学校個別指導my高等学院山形市旅篭町3-2-24
向陽台高等学校米沢中央高等学校米沢市中央7-5-70-4
自然学園高等学校山形学習センター(米沢調理師専門学校内)米沢市上新田2008
鹿島山北高等学校エコール山形山形県山形市幸町8-26 丹野ビル2F
鹿島朝日高等学校エコール山形山形市幸町8-26丹野ビル2F
トライ式高等学院 山形七日町キャンパス山形市7日町3-5-21アンソレイエ・アビタシオン1F
山形CL学院学習センター山形市緑町3-16-5
駿台甲府高等学校羽黒高等学校鶴岡市羽黒町手向字薬師沢198
星槎国際高等学校国際高等学院山形市香澄町2-3-36 2F
仙台育英学園高等学校山形学習センター山形市旅篭町1-1-1
東海大学付属望星高等学校東海大学山形高等学校山形市成沢西3-4番5号
日本航空高等学校トライ式高等学院 山形七日町個別山形市7日町3-5-21 アンソレイエ・アビタシオン1F
山形学習センター米沢市上新田2008番地
翔洋学園高等学校山形学習センター山形市幸町6-1-4F
専門学校山形Vカレッジ山形市清住町1-4-41

山形県の通信制高校選びでよくあるQ&A

山形県内の公立通信制高校はどこ?

山形県内の公立通信制高校は山形市にある「県立霞城学園高等学校」と東田川郡庄内町にある「県立庄内総合高等学校」の2つです。学費が非常に安いのが特徴で、年間学費2-3万円程度。スクーリングは週に1回で、日曜日か月曜日、火曜日のいずれかに行われます。

山形県内の公立通信制高校の学費はいくら?

山形県の高等学校の学費は年間2-3万円程度。就学支援金により授業料は無料となり、教科書代や諸費用のみで通うことができます。決められた曜日にスクーリング(通学)する必要があるため、別途交通費がかかります。

山形県の私立通信制高校で安い学費はいくら?

私立通信制高校の通信コースは学費が安く、年間学費は5-10万円程度です(仙台育英高等学校、鹿島朝日高等学校、翔洋学園高等学校など)。合宿形式のスクーリングに参加する場合は、別途参加費や交通費がかかります。

通信制高校は何歳まで入学できますか?

通信制高校の入学に年齢の上限はありません。15歳以上かつ中学校を卒業しているか同等の学力を持っている場合、どなたでも通信制高校に入学できます。

全日制高校は主に中学卒業後に入学する「現役生」が多いのに対し、通信制高校や定時制高校は、中学校を卒業したものの進学しなかったり中退したりした人々が多く学んでいます。割合としては現役生が多いですが、20代から80代まで幅広い年齢層の学生がいます。

山形県の通信制高校の授業料無償化の制度は?

山形県の通信制高校は「高等学校就学支援金制度」の対象となり、所得要件を満たす世帯(年収910万円未満の世帯)の生徒に対し、授業料が支給されます。公立校の授業料は無料、私立校は世帯年収590万円未満であれば授業料無料、世帯年収910万円未満の家庭は年間118,800円まで支給されます。

年収910万円未満の家庭は、山形県の補助金「山形県私立高等学校就学支援金制度」や「山形県公立高等学校就学支援金制度」の対象となるため、就学支援金で適応されない学費負担を軽減することができます。

山形県の通信制高校の無償化の対象世帯年収は?

世帯年収590万円未満の家庭は、1単位あたり12,030円が最大で支給されるため、通信制高校の授業料は無料となります。

世帯年収591~910万円の家庭では、1単位あたり4,812円が支給されます。通信制高校の単位取得費用は、1単位あたり7,000円~12,000円ほど(学校により異なる)なので、授業料は半額程度に軽減されます。山形県の補助金「山形県公立高等学校就学支援金制度」と組み合わせることで、授業料が無料になる家庭も多いです。

通信制高校を検討している
すべての家庭に読んでほしいこと

「通信制入ったけど子どもが辞めた」

全日制と比較して自由に学べると評判の通信制高校ですが、中には失敗したという声もあります。

その後悔の声は「学校と合わなかった」に集約されます。

不登校支援がある学校を選べば良かった
  
「通信制高校は不登校生徒を受け入れてもらえる」という安易なイメージで選ぶんじゃなかった
  
自主学習が基本、不登校生徒へのサポートはなし、やる気がある人だけ引き上げるという感じ。不登校支援がある学校、しっかり時間かけて選べば良かったなあ

学費の安さで公立を選んで失敗

通信制高校ならどこも一緒でしょと、公立を選んだら大失敗。家から遠いし、週2日は通わないと単位取れないし、勉強もつまらない。3年間とても保ちそうにない…。

人気校だから合うわけではない

テレビの特集で見かけた人気の通信制を選んだら、思った以上にアクティブな生徒が多く、コミュ障の息子はたまの通学も嫌がるように。

通信制でも不登校になったらどうしたらいいのか…。転校も考えています。

近所にあるから、学費が安いから、そんな理由で比較をせずに選んでしまうと、学校と合わずに辞めてしまうことも多いです

後悔しないためには、通学エリアにある学校を3~5校比較するのは必須

通信制高校の一括資料請求サービスを活用すれば、住所を入力するだけで、通学エリアにある学校のパンフレットを簡単に取り寄せることができます。

学校のパンフレットを見比べるだけでも特徴はわかりますし、「この学校だけは違うな」と取捨選択もできます

住所を入力するだけで簡単に取り寄せることができるので、通信制高校の比較がまだできていない家庭は、利用してみてください。

複数校の資料を取り寄せ
学校を比較してみる

⬇⬇⬇

人気校は早めに募集を締め切る学校もあります。出願には学校説明会の参加が必須、など学校によって条件があることもあるので、募集要項は急いで取り寄せ確認しましょう

目次