【富山】発達障害に理解がある高校リスト(公立・私立・通信制高校・サポート校)

発達障害に理解がある富山の通信制高校

*住所入力で通学エリアにある学校資料をまとめて取り寄せることができます。

  • 子どもの発達障害、どんな高校を選ぶべき?
  • 発達障害に理解のある富山県内の通信制高校は?
  • 発達障害サポートが手厚い学校選びのコツは?

この記事は、「富山で発達障害/グレーゾーンの生徒を受け入れてくれる高校を探している人」向けに書いています。

発達障害を抱えていると、高校へ進学するのは難しいと考えている人もいるのではないでしょうか。

そんなときには、通信制高校へ入学するという選択肢も考えてみてください。

富山には、発達障害へのサポート体制がある通信制高校も多いです。こちらの記事では、発達障害に理解がある富山の通信制高校を選ぶコツを解説します。

通信制高校を検討している
すべての家庭に読んでほしいこと

「通信制入ったけど子どもが辞めた」

全日制と比較して自由に学べると評判の通信制高校ですが、中には失敗したという声もあります。

その後悔の声は「学校と合わなかった」に集約されます。

不登校支援がある学校を選べば良かった
「通信制高校は不登校生徒を受け入れてもらえる」という安易なイメージで選ぶんじゃなかった
  
自主学習が基本、不登校生徒へのサポートはなし、やる気がある人だけ引き上げるという感じ。不登校支援がある学校、しっかり時間かけて選べば良かったなあ

学費の安さで公立を選んで失敗

通信制高校ならどこも一緒でしょと、公立を選んだら大失敗。家から遠いし、週2日は通わないと単位取れないし、勉強もつまらない。3年間とても保ちそうにない…。

近所にあるから、学費が安いから、そんな理由で比較をせずに選んでしまうと、学校と合わずに辞めてしまうことも多いです

後悔しないためには、通学エリアにある学校を3~5校比較するのは必須

通信制高校の一括資料請求サービスを活用すれば、住所を入力するだけで、通学エリアにある学校のパンフレットを簡単に取り寄せることができます。

学校のパンフレットを見比べるだけでも特徴はわかりますし、「この学校だけは違うな」と取捨選択もできます

住所を入力するだけで簡単に取り寄せることができるので、通信制高校の比較がまだできていない家庭は、利用してみてください。

人気校は早めに募集を締め切る学校もあります。出願には学校説明会の参加が必須、など学校によって条件があることもあるので、募集要項は急いで取り寄せ確認しましょう

目次

富山県内で発達障害に理解がある高校リスト(公立・私立・通信制高校)

公立校

富山県の公立高等学校においては県内の定時制高校の内4つに通級指導教室が設置されています。しかし資料にはどの高校に設置されているかの詳細は書かれていませんでした。

参照資料:富山県公式ウェブサイト

私立校

発達障害に理解がある私立高校のデータは富山県から公表されていません

    • 「学校名+発達障害」「学校名+カウンセラー」などで検索する
    • 各学校に電話問い合わせ
    • 学校説明会などで直接尋ねる

などの選択肢をとりながら、直接学校に問い合わせて確認する必要があります。

通信制高校・サポート校

学校名キャンパス住所
鹿島朝日高等学校富山KG学院富山市新富町2-4-25カ-ニ-プレイス4F C室
星槎国際高等学校総合カレッジSEO砺波市出町中央6-9
富山学習センター富山市愛宕町2-4-6
代々木高等学校富山留学センター 富山サテライト教室富山市桜橋通り3-1 富山電気ビルディング本館2階
第一学院高等学校第一学院高等学校 富山学習センター富山市新桜町4-28 朝日生命富山ビル5F
第一学院高等学校 富山学習センター富山市新桜町4-28 朝日生命富山ビル5F
日本航空高等学校高岡学習支援センター高岡市蓮花寺134-1
未来高等学校新川学びの森天神山交流館(富山学習センター)魚津市天神野新147-1
富山学習センター魚津市釈迦堂1-12-10
富山県民会館(富山中央学習センター)富山市新総曲輪4番18号
富山大原簿記公務員医療専門学校 (富山中央学習センター)富山市桜町1-4-20
富山中央学習センター富山市南新町4-3

通信制高校では、個別のサポート体制が整っている学校が多いです。生徒はオンラインや電話を通じて教師と直接連絡を取ることができ、質問や疑問を解決することができます。

また、特別な学習支援やアドバイスを提供する専門の教育コーディネーターが常駐している学校も多いです。発達障害のある生徒で、全日制高校に通うことに不安がある生徒は通信制高校も検討してみましょう。

通信制高校を選ぶ家庭が増えています

簡単60秒!住所入力だけで
類似の学校資料がまとめて届く

富山で発達障害を受け入れ可能な通信制高校リスト

星槎国際高等学校

学費210,390円〜詳細
*通信コース/就学支援金適用時
*通学にかかる費用はキャンパスによって異なります
スクーリング原則、平日の週3日
しかし生徒の要望に応じて月2日(土曜日)や週5日~月1日など柔軟に対応可能
開講コース平日登校コース/通信登校コース/集中スクーリングコース
入学時期新入学:4月 10月 11月 1月 / 編入転入:随時
本校所在地北海道札幌市厚別区もみじ台北5-12-1
キャンパス芦別、札幌、帯広、仙台、郡山、大宮、八王子、高尾、立川、横浜鴨居、横浜、厚木、富山、福井、浜松、名古屋、大阪、広島、香川、福岡東、福岡中央、沖縄

星槎国際高等学校は、生徒にさまざまな通学スタイルを提案する通信制高校です。富山県富山市に通学キャンパスを持ちます。

通信制でありながら週3日~5日の全日制のような通学スタイルの他、月1~2回のスクーリングとレポートによる自宅学習をメインに学習を進めることもできます。

生徒に合わせた通学プランを提案することで、無理なく通学できる環境を整えているのは星槎国際高等学校の大きな強みです。どの授業を受講するかも生徒が決められるため、得意な分野のみを学習したり、苦手分野を集中的に勉強したりしながら卒業を目指せます。

代々木高等学校

学費50,100円
*通信コース/就学支援金適用時
*通学にかかる費用はキャンパスによって異なります
スクーリング集中スクーリング(東京校または志摩本校)
その他、提携校に通い、補習を受けるスタイルもあり
開講コース週5日コース
通信一般コース
奨学金コース
アスリートゴルフコース
海外留学コース
入学時期新入学:4月 10月 / 転入:随時
本校所在地三重県志摩市磯部町山原 785
キャンパス東京校 / 志摩本校 / 大阪校 / 東海地区

代々木高等学校は、生徒のサポートに注力する通信制高校です。富山県富山市に学習サポートセンターを持ちます。

スタッフがカウンセラー・メンター、ファシリテーターといった専門的な知識・技能を有しており、発達障害をはじめとした多種多様な生徒への適切な対応を心得ています。

全日制高校のような一般科目の定着に囚われず、教育の場を通じて生徒たちが感性を豊かに養えるよう、体験学習の機会を多く設けているのも特徴です。

通学コースの幅も広く、中でも通信一般コースは月1度の登校を除けばほとんどの学習を自宅で終えることができます。発達障害のある学生もよく利用している、人気コースの一つです。

第一学院高等学校

学費174,820円〜詳細
*通信コース/就学支援金適用時
*通学にかかる費用はキャンパスによって異なります
スクーリング月1~2回、年間30日程度
開講コース【通学スタイル】
各種Dコース/芸能コース/スポーツコース/eスポーツコース/ペットコース/本校通学コース
【通信スタイル】
Mobile High School
入学時期新入学:4月 / 編入転入:随時
本校所在地茨城県高萩市赤浜2086-1
キャンパス札幌・秋田・盛岡・仙台・郡山・いわき・宇都宮・高萩・水戸・高崎・埼玉・柏・千葉・四ツ谷・立川・町田・横浜・新潟・長野・富山・金沢・甲府・静岡・浜松・名古屋・豊橋・岐阜・四日市・京都・奈良・大阪・神戸・養父・岡山・広島・松山・小倉・博多・熊本

第一学院高等学校は、生徒の進路実現を重視した学習プランを提案する通信制高校です。

生徒との距離を縮める温かい環境づくりに注力し、その中で生徒が自然と自信をつけられるような工夫ある教育を徹底しています。

中でも大きな特徴として挙げられるのが、iPadを利用した最新の教育システムです。生徒のレベルに合わせて学習ができるというもので、iPadを通じて自宅学習に専念することもできます。

標準コースの他にMobile HighSchoolという完全通信制のコースも用意されており、自由に通学コースを選べるのもポイントです。

発達障害の生徒が通信制高校に向いている理由

発達障害およびグレーゾーンの学生は、高校生活を送る際に教員や家族のサポートを必要とするケースも少なくありません。

そんな発達障害のある学生におすすめなのが、「通信制高校」に進学するという選択肢です。

では、通信制高校を選んだ方が良い理由について詳しく解説していきます。

全日制高校は発達障害の受け入れに後ろ向き

富山県のみならず、全国的に見ても一般的な全日制高校は発達障害の受け入れに後ろ向きだと言えます。

もちろん、専用のクラスを設けたり、専門的なスタッフを在中させたりとサポートする全日制高校はあるものの、富山県内にはほとんどないのが実情です

そもそも、発達障害の生徒を受け入れるためには費用や労働などさまざまな面で学校側に負担がかかります。

決してメリットが多くあるというわけでもないため、自然と発達障害の受け入れに後ろ向きな学校が多くなっているのです。

発達障害のある生徒が全日制高校に通うのは難しい

発達障害があると、全日制高校に通うこと自体が課題になります。症状の程度にもよりますが、まず登校を一人でできるかどうか怪しい状態の人もいるでしょう。

また、もし登校はできるとしても、集団の中でうまく生活できるか、授業についていけるか、といった心配も生まれます。

多くの場合、発達障害の生徒が全日制高校で一般の生徒と同じように生活を送ることは困難であり、集団生活によるストレスからパニックを起こしたりといったトラブルに繋がる可能性すらあります。

一方、通信制高校ならば個別指導などで集中的にサポートを受けることができ、トラブルの心配もほとんどありません。全日制高校の受け入れ事情のみでなく、障害がある生徒自身にも多くのリスクが伴うことから、全日制高校ではなく通信制高校を選ぶべきだと言えるのです。

通信制高校を選ぶ家庭が増えています

簡単60秒!住所入力だけで
類似の学校資料がまとめて届く

富山で発達障害に理解のある通信制高校の選び方

前述したように、全日制高校は発達障害のある学生に適した進路とは言いづらいものです。

ただ、富山県内の通信制高校ならどこでもいいというわけではありません。

通信制高校の中には、発達障害へのサポート体制が不足している学校も少なからず存在します。そういった学校を選んでしまわないよう、発達障害を受け入れてくれる通信制高校の選び方をこれから解説していきます。

学習サポートがあるか確認

発達障害があると、多くの場合勉強が苦手になり、他の生徒よりも学習スピードが遅くなる傾向にあります。

したがって、全日制高校のようにクラスでまとまって授業を受けるような学習スタイルは、学習についていけなくなる可能性が高く、発達障害のある生徒には適していないと言えるのです。

通信制高校を選ぶ際には、そういった問題を解決できるよう「学習サポート」があるかを確認しておきましょう。

例えば補填授業を自由に受けられたり、学習進捗に合わせてカリキュラムを組みなおせたり、柔軟なサポートを受けられる学校が望ましいです。

カウンセラーの存在に注目

通信制高校は基本自宅学習となりますが、スクーリングなどで登校が必要になるケースもあります。

見知らぬ人と顔合わせするため、強いストレスを感じてしまうかもしれません。

カウンセラーなど専門の資格を有したスタッフが在中する学校であれば、発達障害へのメンタルケアを行ってもらえます。

ホームページを見たり、実際に問い合わせてみたりして、カウンセラーがいるかどうかを確認しておくのが良いでしょう。

通信制高校に進学する、という選択肢を知ろう

発達障害があると高校に毎日通うのは難しい、勉強についていけるか不安、と思うときはぜひ通信制高校も検討してみてください。

生通信制高校は発達障害に理解があり、生徒にあったカリキュラムを立ててくれたり、進学や就労に対して相談に乗ってくれる学校も多いです。まずは無理して通える範囲にどんな学校があるかをリストアップして、資料請求をするところからはじめてみましょう。

発達障害に理解がある学校資料を取り寄せよう

学校名キャンパス住所
鹿島朝日高等学校富山KG学院富山市新富町2-4-25カ-ニ-プレイス4F C室
星槎国際高等学校総合カレッジSEO砺波市出町中央6-9
富山学習センター富山市愛宕町2-4-6
代々木高等学校富山留学センター 富山サテライト教室富山市桜橋通り3-1 富山電気ビルディング本館2階
第一学院高等学校第一学院高等学校 富山学習センター富山市新桜町4-28 朝日生命富山ビル5F
第一学院高等学校 富山学習センター富山市新桜町4-28 朝日生命富山ビル5F
日本航空高等学校高岡学習支援センター高岡市蓮花寺134-1
未来高等学校新川学びの森天神山交流館(富山学習センター)魚津市天神野新147-1
富山学習センター魚津市釈迦堂1-12-10
富山県民会館(富山中央学習センター)富山市新総曲輪4番18号
富山大原簿記公務員医療専門学校 (富山中央学習センター)富山市桜町1-4-20
富山中央学習センター富山市南新町4-3

通信制高校を検討している
すべての家庭に読んでほしいこと

「通信制入ったけど子どもが辞めた」

全日制と比較して自由に学べると評判の通信制高校ですが、中には失敗したという声もあります。

その後悔の声は「学校と合わなかった」に集約されます。

不登校支援がある学校を選べば良かった
「通信制高校は不登校生徒を受け入れてもらえる」という安易なイメージで選ぶんじゃなかった
  
自主学習が基本、不登校生徒へのサポートはなし、やる気がある人だけ引き上げるという感じ。不登校支援がある学校、しっかり時間かけて選べば良かったなあ

学費の安さで公立を選んで失敗

通信制高校ならどこも一緒でしょと、公立を選んだら大失敗。家から遠いし、週2日は通わないと単位取れないし、勉強もつまらない。3年間とても保ちそうにない…。

近所にあるから、学費が安いから、そんな理由で比較をせずに選んでしまうと、学校と合わずに辞めてしまうことも多いです

後悔しないためには、通学エリアにある学校を3~5校比較するのは必須

通信制高校の一括資料請求サービスを活用すれば、住所を入力するだけで、通学エリアにある学校のパンフレットを簡単に取り寄せることができます。

学校のパンフレットを見比べるだけでも特徴はわかりますし、「この学校だけは違うな」と取捨選択もできます

住所を入力するだけで簡単に取り寄せることができるので、通信制高校の比較がまだできていない家庭は、利用してみてください。

人気校は早めに募集を締め切る学校もあります。出願には学校説明会の参加が必須、など学校によって条件があることもあるので、募集要項は急いで取り寄せ確認しましょう

目次