全国の通信制高校・サポート校リスト

【岩手】発達障害に理解がある通信制高校の選び方・学校リスト

発達障害に理解がある岩手の通信制高校

資料請求する(無料)
住所入力だけで通学県内にある学校資料を一括請求できます。

  • 子どもの発達障害、どんな高校を選ぶべき?
  • 発達障害に理解のある岩手県内の通信制高校は?
  • 発達障害サポートが手厚い学校選びのコツは?

この記事は、「岩手で発達障害/グレーゾーンの生徒を受け入れてくれる高校を探している人」向けに書いています。

発達障害を抱えていると、高校へ進学するのは難しいと考えている人もいるのではないでしょうか。

そんなときには、通信制高校へ入学するという選択肢も考えてみてください。

岩手には、発達障害へのサポート体制がある通信制高校も多いです。こちらの記事では、発達障害に理解がある岩手の通信制高校を選ぶコツを解説します。

発達障害の生徒が通信制高校に向いている理由

岩手県の発達障害生徒の受け入れ事情

岩手県の県立高校で発達障害の生徒に対して望める支援は、週に1回程度、スクールカウンセラーが生徒の相談事に対して話を聞いたり、サポートできる内容については、担任と調整してもらえる程度である、と思っておいた方がよいでしょう。

協力的な担任に当たれば、そういったサポートを受けることもできますが、サポートに慣れていない教師の方が多いのが現状です。

基本的に全日制の高校は、自分で考え、自分で対処できる生徒が行く学校と考えておいた方が良いでしょう。

発達障害を持つ生徒の受け入れや、サポート協力の有無については、学校見学会の際に個別相談で確認するか電話にて問い合わせすることをおすすめします。

特にグレーゾーンの子供は、苦手なことでも、無理をすれば周りに合わせられることがあり、ストレスをためてしまいがちです。

全日制普通科高校で、子供が少しでも楽に高校生活を過ごせ、3年で無事に卒業することを考えるのであれば、勉強を頑張りすぎなくてよいよう、自分の実力よりも偏差値が低めの学校をあえて選んだり、全校生徒の人数が少なく、静かに過ごせそうな環境を選ぶなど、学校選びに工夫が必要です。

手厚いサポートを希望するのであれば、特別支援学校を選ぶという選択肢もあります。

岩手県では、盛岡を中心に支援学校が十数校あります。支援学校であれば、生徒へ個別に対応できる先生や環境があらかじめ整っているので、サポートに関しての依頼もスムーズです。

療育手帳の有無や知能指数にまつわる条件が合わず、希望しても特別支援高校へ入学できない生徒もいます。

通信制高校への入学も視野に

そういった時に検討して欲しい高校に通信制高校があります。

通信制高校は、必須科目の他、生徒が興味を持ちそうな専門性の高い分野の授業を選ぶことができたり、将来の職業イメージを持ちやすいよう、プロの人から職業に関する話が聞けたりと授業にさまざまな工夫があります。

登校ペースも週に1度から週3ペース、楽しければ週5ペースなど自分の体調に合わせて自由に選ぶことが可能です。

通信制高校が提携している大学との指定校推薦制度も利用でき、大学や専門学校への進学、就職と次の進路を考える場となり得ます。

岩手で発達障害に理解のある通信制高校の選び方

通信制は個性的な発達障害の生徒に適している

通信制高校を選ぶメリットは、子供に合わせた環境が選べるという事です。

宿泊型スクリーングが苦手な子には、ネット学習や通学制のスクーリングで代用できる高校を選べたり、不登校で学習面に遅れがある子は、学習が抜けてしまった期間から振り返り学習できる学校を選んだりできます。

通信制高校により卒業までに必要な単位取得に関するルールが定められているので、ルールが子供に合っているかどうか、費用面も含め検討しましょう。

私立の通信制高校は、県立の通信制高校に比べ、サポートが充実している分費用が割高です。

例えば岩手県で通信制高校を選ぶ場合、LDで文字を書くのが苦手であれば、タブレット学習がメインの通信制を選ぶという方法もあります。

興味がある事にはエネルギーを使えるけれども、それ以外のことには意欲がわかないという子供の場合、勉強する選択肢が多く、モチベーションが保ちやすい環境を選ぶというのもおすすめです。

カウンセラー在中、学校まで通いやすいなど条件を盛り込もう

メンタルに不安要素が大きい生徒ならば、カウンセラーが常駐している高校を選ぶのもおすすめですが、担任が心理士の資格を持っていて、5~6人の生徒を担当、学習、メンタル、進路などを丁寧にサポートしている高校もあります。

岩手県では、交通の便が良い盛岡市周辺に通信制高校が集まっていますが、自宅からできるだけ近く、通いやすい学校を選ぶという方法もあります。

どの基準で学校選びをするのかを決めるのは、あくまで子供。

親はアドバイスをしつつ、子供がどういった選択をするのか見守っていきたいものです。

通信制高校は、落とすための入試ではなく、高校へ通う意志があるかどうかを確認するための入学試験をおこなうのが一般的です。調査書、面接、簡単な作文で入学が可能です。

岩手で発達障害を受け入れ可能な通信制高校は?

岩手で人気のある通信制高校を3校紹介します。

1.第一学院高等学校(盛岡市)

年間学費 174,820円~
通学コース 自宅学習型コース(Mobile high schoolコース) /通学型コース
住所 岩手県盛岡市大通3-6-12 開運橋センタービル2F

第一学院高等学校は、盛岡市にある通信制高校です。通学頻度やコース内容を自由に選択できるので、発達障害の生徒でも通学がしやすいという特徴があります。

大学受験をしたいのであれば、大学受験コースを、クリエイティブなことに興味があるのであれば、プログラミングやデザインが学べるコースが、他にもコミュニケーション英語、美容とさまざまなコースの中から自分にあったものを選択できます。

1人1台のタブレット学習が充実。タブレット学習は、わからないところを何度も繰り返し見られるので、自分のペースで理解しながら学習を進めることができます。

入学試験は、調査書と作文と面接です。作文は、自宅で書いたものを提出する形なので、時間を気にしたり、他の人の目を気にて緊張しながら書くといった事をしなくてすみます。

三者で面接というよりは顔合わせをし、どういった形で高校生活を送っていけるのかを確認し合う形です。質問や、サポートに関することも面接時にできます。

2.星槎国際高等学校(紫波郡矢巾町)

年間学費 281,077円
通学コース 通学型コース/平日週3が基本。
住所 岩手県紫波郡矢巾町北矢幅1-9-3

星槎国際高等学校は、ASD、LD、ADHDなど軽度発達障害の生徒に対し、メンタル面や社会性のサポートが得意な学校です。卒業生にプロのサッカー選手や野球選手がいるなど、スポーツが盛んで、多種多様な運動部が用意されています。

学習面においても11カテゴリー、130種類ものゼミの中から自分の興味ある授業を選び学ぶことができます。

これは、「こんなものがあれば」「こんな場面があれば」「こんな教材があれば」という子供たちの望みに答え、教育の場を作り出していき、提供することで、生徒が主人公になれる学校でありたいという星槎の思いからきています。

アメリカの教育手法を導入したり、アルバイト単位認定を設定したりと個性を伸ばす教育に積極的。インターンシップも多数実施し、体験できる機会をたくさん用意している通信制高校です。

3.盛岡中央高等学校(盛岡市)

年間学費 126,320円~
通学コース 自宅学習型コース/通学型コース
住所 岩手県盛岡市材木町9-13

盛岡中央高等学校は盛岡市にある通信制高校です。単位制通信制高校のため、学年や留年という考え方がありません。1年間で取得した単位を積み上げ、3年間で74単位を取得します。

通信制高校の場合、自由度が高い分、学習管理が難しく、必要な単位を取り損ねると3年間で卒業できない生徒が出てしまうこともありますが、盛岡中央高等学校では、卒業率98%いう実績を誇ります。

盛岡中央高等学校のメリットは通学制と通信制を選ぶことができる点です。全日制ではキツイけれども、生活リズムを整えるためにも、毎日少しの時間、学校で友達と過ごし、学生生活を楽しみたいという人には1日4時間、週5日登校の通学生がおすすめです。

登校時間は9時50分からと遅めのスタート。アルバイトや部活も無理なく両立できます。

発達障害に適した通信制高校を選ぼう

発達障害があると高校に通うのは難しいと諦めている生徒や保護者もいるでしょう。ですが、通信制高校という選択肢があります。

発達障害に体するサポートが充実していたり、就労に対しての相談に乗ってくれるところもあるので、まずはそれぞれの高校の特徴を調べて、無理せずに通えるところを探すようにしましょう。